じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
カラオケに行った話
<昨今事情脳内一問一答>

Q:最近すごく怒りっぽいkirby氏ですが、彼に何かあったんですか?

A:カリウムが足りないせいだと思われます。
  些細なことでイライラしてる氏を見るのは非常にウザいですが、
  近付いて「もりそば」か「うおのめ」もしくは「ザムディン」と言えば
  途端に笑顔を取り戻すので何ら問題ありません。

Q:一応、社内秘のはずの書類を紛失してしまいました。
  まだバレてはないとは思いますが、どうしたらいいですか?

A:肩の後ろの二本のゴボウの真ん中のスネ毛の下のロココ調の右を
  探しても見つからないなら素直に諦めて謝りましょう。
  別に個人情報があるわけでもない、ただの社訓マニュアルみたいなものなので
  誰かに借りてコピーすれば300円程度の損失ですみます。

Q:先日、夜勤明けなのにも関わらず午前中に歯医者に行き、一睡もしないまま
  昼からカラオケに行って常時ウザいくらいにハイテンションだったらしいですが、
  何ゆえコイツはカラオケになると色々なものが通常の3倍になりますか?

A:



…だからです。
わざわざゲーム画面をキャプる手間をかけたあたりに本気度を感じて欲しいです。
むしろ問題なのは、その歯医者で詰めてもらったモノが
今これ書いてるまさに今取れてしまったことです。
次回までの仮止めらしいのであまり問題はないですが、でもちゃんと挿れて欲しいです。

Q:そういえば、どうして歯医者を変えてないのですか?
  こないだアドバイスも受けたんだし、もっといいトコ探せばいいのでは?

A:んなもん助手のおねーさんがかわいいからに決まってんだろ。
  うるさいうるさい異論反論オブジェクションみんな受け付けないもんね。
  …マジレスすると、単に遅いだけで腕は悪くないと思うからです。
  現になかなか予約取れませんし。
  仮止めが取れた?ああ、んなもんキシリトールガム噛んでた俺が悪いんです。






そんなこんなで。
今回は睡眠なし突貫工事で知り合い2名とともにカラオケに行ったことについての日記。
眠気がナンボのもんじゃい、歌が歌えるというならドンとこいですよ。

カラオケ、それは最も手軽にしてポピュラーな老若男女の社交場。
おまけに相手がのかたがたが何年もの付き合いのある間柄なら
誰にもどこにも遠慮はいりません。
アニソン特撮なんでもこーい、なんでもこーい(怪物くんの主題歌風に)
ですよ。
たちまちオツムが大噴火しちゃいます。ついでに喉も。
まあ、昔も今も(特に今は)あまりアニメを見ない自分は早々に
ネタが切れてしまって、無難な曲ばかり歌ってましたが(´・ω・`)
渾身の「プロゴルファー猿」も他2名知らなかったしなぁ(←んなもん渾身にするな)

(↓のやりとりは水色が自分です)

(※ロードオブメジャーの某曲を歌い終わって)
「…ンッン〜、名曲だなこれは。
 実際、この曲聴くと親不孝する気にはならなくなるなぁ、いやホントに」

「大丈夫やって、ネットばっかやってる時点で十分親不孝やから(笑)」
「(#^ω^)あまり私を怒らせない方がいい(ピキピキ

「おぉ、俺屍の主題歌とかあるやん」
「え、マジで?うわホンマやん、じゃ俺歌います。
 これはゲーム曲の中では外せんな、俺の中では鉄板」

「え?俺クリアしたけど、歌は覚えてへんかったわ」
「うををををーーーぃちょーっと待ったれやコラ、
 俺屍と言えばこの曲やん。むしろ俺屍の50%がこの曲と言っても何ら過言でh(ry

「ああ、だって、全然聴いてなかったもん」
「ぁンだと!?テメェなんざいしのなかにテレポートされちまえ!」
「あーうるさい!テメェこそLOSTしちまえ!」


という心温まるやりとりを挟みながら歌う歌のなんと爽快なことか。
ペルソナ2の主題歌を歌っている間、間奏時に彼と熱唱した
サトミタダシ薬局店の歌に熱いバルスを感じた!じゃないパトスを感じた!

でも問題の俺屍の主題歌(「花」)を歌ってたときに思ったのですが、
そろそろカラオケには「画面を消して歌詞だけを表示する機能」
があってもいいと思います。(もしあったら自分の世間知らずを笑うコーナー)
あの曲はゲームのテーマを花にかけて切なくもしめやかに歌い上げているのに、

あまりにアレな背景で全部台無し。

あんまり一般的じゃない曲に適当に背景付けるのはやめましょうよ。
ちなみにどんな背景だったかというと、

「20年前のアニメのような雰囲気の中、ごはんが原っぱでマターリしていると
 突如悪そうなにんじんとたまねぎとじゃがいもがごはんを攫って行き
 それを蝶々に聞いたカレーが激怒して追いかけていったが
 城に着くと凄く下劣な風貌をした牛肉がごはんに熱いちゅーを迫っていて
 間一髪でカレーがごはんを助けたものの追いかけてきたたまねぎに
 追い詰められピンチになるがここで必殺技カレーみじんぎり(仮)が
 華麗に発動し、たまねぎは鍋の中へ。続くにんじんやじゃがいもはもちろん
 一応ボス的存在のはずのエロ牛肉すらもあっさりみじんぎりされ鍋の中へ。
 めでたしめでたし」


とまあ、自分でも何を書いてるかさっぱりわかりませんがとにかくこんなんです。
しかも文中の「エロ牛肉がごはんに熱いちゅーを迫る」の光景は
物凄く見苦しいツラの牛肉がアップになったまま10秒間くらい展開されます。
正直、嫌がらせ以外の何物でもありません。

「♪うつろいやすく はかない命 それぞれに 美しく」
((;´Д`)ハァハァごはんタンかわいいおハァハァすりすりしたいお)
「♪誰のためでもなく ただひたすら 咲いて咲いて 散るまで 咲いて」
((.*´3`)ハァハァまずはチュッチュするお!ムハーフンスフンス)


  ( ⌒ ) ポッポー
   l | /
  
⊂(#・∀・)  もうやってられないぽ!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |   
         人ペシッ!!                               
      (_)                         
     )(__)(_                        
    ⌒)   (⌒                      
      ⌒


というわけで、せめて曲調と背景は合わせて欲しいものです。
お願いします某カラオケチェーン様。



しかし、そんな空気を読まないカラオケ店に救世主が!

たぶんアルバイトの女の子だと思うのですが、すごい人がいました。

最初に注文したドリンクを持ってきた際にいきなりトレイの上のドリンク3つを転倒させ
中身の全てを自分自身と床にぶちまける
というミラクルを披露。
しばらく呆然とした後、「あ〜…す、すみません…すぐにお持ち致しますので…」
と言って出て行き、程なくして水浸しの床を拭きに来たものの
本気で真剣に拭きまくったにも関わらずナチュラルに4分の1くらいこぼれた液体を放置して退出、
数分後再びドリンクを持って来たものの、テーブルに乗せる際にいちいちグラスをテーブルの端に
カツンカツンぶつけながらなんとかギリギリでグラスを乗せることに成功
して
「申し訳ございませんでした、失礼します」
みたいな感じで静かに退室。


…ごめん、正直、萌え。

まさかこんな100%無自覚っぽい天然系なかたがいるなんて。
こういうの(って何だよ)は演技とか意識してやるとどうしても
全体的にわざとらしさを感じてしまうものですが、
この人にはそういう空気が一切感じられなかったのです。自分の拙文では伝えきれないですが。
たまにゲームキャラにいる、誰かによって作られた「ドジっ娘」を見ると
「ンな茶番劇はええからさっさと話進めろや、あぁ!?(ギリピキィ
となる自分ですが、これは破壊力が違いましたね。

まだこれでは終わりません。
宴も中盤過ぎとなり、再びドリンクを注文した時も
最初と全く同じ展開でドリンクをこぼし……かけました。
幸いこらえたためグラスを少し傾けるだけですんだもののヒヤヒヤもんです。
で、今度は軽くフライドポテトなど注文したわけですが
案の定テーブルに乗せる際にこぼしかける上、何がどういうわけか
おしぼりを部屋の奥に向かってぶちまける事態に。
カラオケ機の隙間に手を伸ばして懸命におしぼりを拾い、またしても
「すみません、もう少々お待ちいただけますか?」
と誠実そうな声で言って退出し、それから姿を見ることはありませんでした。
あまりにアレなので降ろされたのでしょうか、おしぼりを持って来たのは別の人でした。

『あの子、メイド喫茶とかでバイトしたほうがええんちゃうかな?
 ああいうのやったら絶対固定客とかつくと思うのに、道間違ってるなぁ』

とはさっきやりとりした人の弁。
ええ、自分も全力で同意です。


…次に行った時もいるかな、この人…(;´Д`)
と、なぜか現時点で自分が固定客にでもなりそうな状況ですが
このような感じで悲喜こもごもなカラオケは幕を閉じた、という話でした。


最後にちょっとだけ真剣な話ですが、
音域が広かったり、裏声をかっこ良く出せる人はうらやましいですね。
ここで何度か挙げた人など、音域も声量もレベル高いので凄く歌がうまいのです。
自分は好きなだけで歌自体はヘタレなんですよね、かなり。
特にそれを実感するのが、原曲のキーが高い曲を歌うとき。
機械のほうでキーを調整すると音程がなかなか合わないもので、どうしても自分は
原曲のキーで歌うことになってしまうわけですが、そんな状況で
原曲が#4とか#5とかのを歌うとあら不思議、

全部米良美一が歌っているようになるのです!


。・゚・(ノД`)・゚・。 ウワーン オレキモイヨー

悲しみと怒りにひそむまことの心を知るは自分だけですよ。
謝れ俺!桜井和寿に謝れ!TOSHIに謝れ!CHAGEに謝れ!

…もっとこう、裏声でもかすれた感じにならないかなぁ。
| kirby | 雑記 | 13:12 | comments(17) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2006 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE