じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
自分語りをやってみるコーナー
さっき変な夢を見ました。

酒の席でなぜか延々と松岡修造氏に説教している夢。
なぜか氏と自分と他の何人か(中にはゲームキャラも混じってた)が
ともに同じ席で飲んでいると、酔った松岡氏に色々と暴言奇行が
目立ち始めたので自分がキレて
「ちょっとそこに座ってください!いいですか、貴方は少し酒癖が悪すぎる」
「普段テレビで見せている熱血ぶりはどこに行ってしまったんですか!」
「男なら、拳ひとつで勝負せんかい!」
とかわけわからんことをのたまいまくってた、というお話。
氏は土下座して延々と謝ってました。っていうかなぜ松岡氏が。

きっと、上司にやたら背の高い(自分より高い)嫌な人がいるので
その人に対する無意識な鬱憤ばらしだったのかもしれませんよね。
……いやだったら本人出せよ俺!なんで勝手に松岡修造借りてるんだよ!
自分この人に全然他意ないよ!むしろさんまのスーパーからくりTVいつも見てるよ!
夢の中でさえこれか俺!いやもう本当ごめんなさい。<松岡氏




前置き終わり。



さて、とても唐突ですがちょっと自分語りをしてみます。

自分、理由はわかりませんが幼少時のころからずっと

むらさき色

が好きなのです。
基本的に青とか緑系統の寒色系と黒が好きな自分ですが
中でもむらさき色は別格です。
ネット上でも基本的によそ様の掲示板などで書き込みする時に
紫色ばかり使うのもそのためだったりします。

ついでに、海苔佃煮の江戸むらさきも好きです。
「ごはんですよ!」だけでごはん3杯はいける。
というか、江戸むらさきで検索するとお笑いコンビが最初に出てきてびっくりしました。

話を戻しまして。
聖徳太子の冠位12階(って漢字これで合ってたっけ)の頃から紫色は
地位の高さとか高貴さの象徴なわけですよ。これは日本以外でもそうであるらしいです。
そして、本当に綺麗な紫色にはその名に違わぬ高潔さと純粋さが
兼ね備わっていると思うのです。うーむ素晴らしい。ゆえに紫色はこうも我が心を惑わす。

ただ、その反面紫色は、一歩さじ加減を間違えると
上品と下品の境界を一足飛びに越える、非常に危うい色でもあります。

例えば部屋の内装とか、服装とか、車内のインテリアなんかに
紫色を無闇やたらに使ってしまうと、一転して何の風情もない
ただ情緒不安定で見苦しいオブジェクトを造るだけになってしまうでしょう。
そもそも、先ほど述べた「綺麗な紫色」にお目にかかれるのもこれまたまれです。
特に人工的に作られた紫色には正直、あまりロクなものがありません。
明らかにヤンキー(古語)的な雰囲気になったりするのとか、
赤色もしくは青色が主張しすぎて紫色としての統一感を欠いているものとか。
なかなか人の力では、赤と青の黄金比を出すことは難しいっぽいですね。
紫は自分勝手でわがままに見えて、実は赤と青に支えられないと生きていけないのですよ。(←註:深い意味はない)
そんな危うさも紫色の魅力なのです。だから高貴なのですよ。セレブはナイーブなのです。

ですが、幸運なことに。
少々どころじゃなく値は張りますが、至高の紫色は自然界に存在します。
それがアメジスト。



あーまた写真撮影ミスっただよ。
目当ての物体を中央に構えたはずなのになんかズレてるし、
上部はスライムのぬいぐるみだったはずが、切れてわけわかめな物体になってるし。

まあいいや。
写真はアメジスト製のサイコロです。もちろんそんなに高価な品ではないですが。
あぁ美しい。正直、衝動買いでした。手が勝手に動いてました。
まさに理想の紫色がここにあったからです。今でも底知れぬパワーを感じますよ。
(いや、写真は色々と腕前や性能の問題でくすんで見えますが
 本物は本当に綺麗なんですってばお願い信じて(;´Д`)
宇宙人が化けたサイコロなんて目じゃないですね。
そもそもあれは消防車のサイレン聞かせるとゲロ吐くし(なんの話だ)

何気に、昔からサイコロ集めるのも好きだったのですよ。
均整の取れているこまごました物体には惹かれます。

どうです。これでアメジストのことを
「踊っただけで簡単に入手できるからありがたみがない」とか
「装備しても防御力ない上に装備ボーナスもたかが知れてる」とか
そんなことは言えなくなったでしょう!え?誰もそんなこと言ってない?


で、ここで唐突に思ったことなのですが、
そういえば「誕生石」ってありますよね?
自分そういうハイソサエティな知識は全然ないのでわからないのですが、
もしかして、もしかしたら1月の誕生石ってアメジストだったりしないかなハァハァ

ということで調べてみたところ!

誕生石一覧


アメジスト2月かよ _| ̄|○


1月はガーネットって。
ごめんなさい、『宝石の知識=ゲーム内で出た宝石名』という
浅薄で泥だらけで枯渇気味な知識の泉しか持ってない自分からすると
正直あまり聞いたことない名前です。いやいやそんなことは問題じゃなくて。
上記のサイト見た限り、どう見ても一番近いのが血の色です。
本当にありがとうございました。
よりによって一番ニガテな色とはッ!(好きな方ごめんなさい)

自分、一部で「吸血鬼ハンター」と異名を取るほど(やや誇張)
各種メディアにおいて吸血鬼キャラの類が好きだったりしますが
いや待てそもそも自分は見つけることができるだけでハントできるわけじゃないので
どっちかというと「吸血鬼ハンター」というより「吸血鬼サーチャー」のほうが(どうでもいい)。
自分で血を見るのは全然ニガテなのですよ。(マンガとかは大丈夫)
ケガした話聞くのはもっとニガテなんですよ。
大学の生物化学の講義でそのへんの話になったときに真っ青になって倒れたことありますから。ええ、100%実話です。
あと辛かったのが自動車学校の応急処置の授業。
おれは授業をやめるぞジョジョォォォ!!と叫んで仮面かぶりたかったくらい。


…あぁ、ターコイズとラピスラズリもいい色してますよね(現実逃避)。


そういえば、昔ゲームかマンガかいずれかで
「血を見るのが怖くて血が吸えない吸血鬼」というネタがあったのが
かすかに記憶にあるんだけどタイトルとかさっぱりなんだよなぁ。もったいない。

む。なんかグダグダになってしまったので強引に〆よう。
むらさき色こそ究極の色。おそまつ。
そしてやっぱり、宝石の美しさは格別ですね。アメジストに限らず。
こういう貴金属類を好むかたがたが多いのも納得です。いずれはこういうのひとつ持ちたいなぁ。


最後に吸血鬼繋がりで余談。
昔の日記で出した某心理テストっぽいのをもう1回見つけようと思って
ぐぐってたら偶然、

http://www.rollingtheatre.com/vtm/vamptest.html

こんなテストを見つけてしまいました。(リンクフリーかわからなかったのでリンクは貼らず)
見たところ、海外の吸血鬼系TRPGの資料集のようです。世界は広いですね。
せっかくなのでやってみることに。


……

ぐはっ。
Yesの数30個もあるじゃないか自分。

よし、ちょっとご先祖様が石仮面みたいなの持ってないか親戚に聞いてみますね(するな)。
| kirby | 自分 | 17:21 | comments(5) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2006 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE