じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
世界樹の迷宮 3日目
<これまでのあらすじ>

ソードマンは攻防のバランスがいい分あつかいやすいし
素人から玄人まで幅広く使われているプレイヤーの基本職業。
対してダークハンターは攻撃力なんかはレンジャーとほとんど変わらねぇし
あえて女王様の様に露出度を上げた分
防御力や耐久力をかなり減少させて斬るより追加効果を目的とした
玄人好みのあつかいにくすぎる職業。
使いこなせねぇとメディックなみにモロいただのマトみてぇなもんだってのに
何で俺は?



答え:ムチのほうがロマンがあるからです(吸血鬼サーチャー的な意味で)。






そんなわけでやっとこB6Fに行けました。
ここまでの展開だけでもかなり(脳内で)密度の高い物語がつむがれたので
少しばかり公開してみようかと思います。






<ここよりセカキューのB2F〜B5Fのネタバレが多数ある。
君たちはネタバレに臆することなくこのまま読み進むことも
読まずにこのままウインドウを閉じることもできる>









前回受けたご忠告のとおり、2階のFOE(フィールドを徘徊するボス的存在)は
動きをよく見て完全に回避しながら進みます。
FOEはこちらが一歩動くと同じく一歩動くシレン方式ということで
どのような動きをしているか、どこまで侵入するとこちらを捕捉されるか、
といったことに気を配ればエンカウントせずに進むことが可能です。
中には明らかに前回全滅した鹿とは違う動きをする奴もいたりして
くそーいずれは絶対倒してやるぞーと闘志を新たにしながら進む我々。
そりゃ彼我戦力ではFOE撃破など無理に決まってます。
なんせ問題のダークハンターがザコ敵に攻撃2回受けると瀕死になりますから。
これでも2階のマップを作成する期間を経てレベル上がったはずなのに。

と、ここで本来ならもう新たにソードマンを作成して入れ替えるとこなのですが
困ったことに自分はこういうゲームだと
「できるだけパーティの経験値をいっしょにしたい症候群」
が発病してしまいますので、それすら叶わぬ有様。
ドラクエ3と違い、セカキューはレベルアップに必要な経験値に職業による差は一切ありませんので
全員同じタイミングでレベルアップさせたい気持ちがあるわけです。

というわけで、勝手に俺ルールを適用してさらに自分の首を絞めながらも
なんとか2階を突破していざ3階へ足を踏み入れたその瞬間!


すごい恐怖感を煽る曲が

い、い、いきなり大音量で!!


(↑語彙力なさすぎ)


いやなんというか、突然音楽を流されるのでこれだけビックリしたのは
ドラクエ5の幼少期に、レヌール城にまつわる怪談話を聞いたときの

「ヴォッパラレッパッポッ プァ〜〜〜〜ン」

以来ですよこれ。

しかもさらに危機感を煽るメッセージ付き。
よく覚えてませんが要約すると、
「お前らみたいなヘタレでもわかるくらい強いヤツがこのフロアにいるんだけど
 ねぇねぇどうする?wwww行くの?それともしっぽ巻いて帰るの?www」

という内容。
でも当然逃げるわけには行きません。なぜ進むの?そこにダンジョンがあるからさ。
それに、ヘタレでも強さがわかるくらいのヤツって実際にはたいしたことないんですよ。
敵の強さがわかるのも強さのうち、本当に強いヤツは強いヤツにしか強さがわからない…
…って戸愚呂弟も言ってたし。

しかし2階のFOEでも敵わないような我々一行が
3階のFOEに敵うなどありえません。
これまた未来の再戦を心に誓いながら切り抜け、ザコと呼べない強さのザコ敵を
一心不乱に倒しては帰り、倒しては帰りを繰り返し力を付ける日々。
現実では退屈極まりない下積み作業も、ゲームフィルターを通せばこんなに楽しい。

ところが。
ゲームフィルターをもってしても薄らぐことの無い
現実と同じ苦痛が一行に押し寄せてきました。


それが 金欠。


このゲームにリレミトの呪文などという便利なものはありません。
アリアドネの糸という、街に帰還できる消費アイテムを使うわけですが
これが序盤は地味に値が張ります。
どれくらい値が張るか例によってドラクエ3で例えると、
ロマリア付近で経験値稼ぎするも5〜6回しか戦闘できず、
しかも帰還時に必ずキメラのつばさを使う

くらい収入と支出のバランスが取れません。

しかしこれだけならまだマシ。

一番ヒドいのが、

宿屋。


普通、RPGにおいて欠かせない施設である宿屋の料金は

・パーティ人数×ひとりぶんの宿賃
・パーティのHP・MPの減り分に応じた料金
・完全定額
・無料

のいずれかで、
おおよそ資金やりくりにおいて大した障害にはならない
金額であることがほとんどです。
某トリッシュの泉とか、ああいうぼったくりバーは置いといて。

でもこの世界樹の宿屋は一味違う。
すごい勢いで新米冒険者から搾取していきます。
その宿代は、どういう計算をしてるのかよくわかりませんが
全員レベルが同じの5人パーティで泊まると
レベル×8 en取られます。

つまり、レベル9くらいのパーティだと72enとなり、
宿屋に泊まるたびにかわのたてを購入させられている
ようなものであり、そりゃジリ貧にもなるってものです。
なんだその値段。通貨単位間違ってるだろ。72enじゃなくて72ペリカの間違いじゃないのか。
しかしながら浅い階層に行ってしまうと、とてもじゃないですが
経験値の溜まりも遅すぎますし、宿屋+糸代をペイするのにも
かなりの時間を要してしまいます。
ちなみに糸代は100en。

むう、なんという暴利。
なにが『長鳴鶏の宿』だか。いつもどんなに夜遅くにチェックインしても
必ずAM5時にたたき起こすくせに。鳴き声など優雅に聞ける時間じゃないっての。
というかその名前『長嶋鶏の宿』に見えるのは俺だけですか。
店主のグラフィックはずっと目を閉じて
( ̄▽ ̄)
こんな感じでにこやかに笑っていますが
経験上ゲームにおいてこういう顔のヤツって絶対裏で悪いことしてるんです。
おのれ、最強のFOEはこんなとこにいたか。




         ノ  ̄ `ー-、           若き冒険者を支援するため
      /⌒       \         この宿を経営している
     /           `ヽ       私が 悪党のわけがない
.     |   l~~\        ヽ
     |  ハノ   ヽハハ、      |      私は皆様に
.    | ノ   ー――   \   .|      世界樹の迷宮のナゾを解くという
    | / ____―― __ヽ、 |      未曾有のチャンスを与えているのです
    r-l、 ___`  '´___ |Yヽ
.   に| | `―゚‐'|   |`ー゚―' |.|っ|     宿泊金のレベル8倍払いぐらい
    |O|.| ――'|   |`――' ||б!     その未曾有のチャンスを考えれば
    ヽ_||  _.ノL__」ヽ_  |l_ソ      安いもの
 , -‐''' ̄| / 下三三三三ヲヽ .| ̄'''‐-
 ::::::::::::::::|l\   ̄ ̄ ̄ ̄  /|:::::::::::::::    8倍は非常にリーズナブル
  :::::::::::::::|.\\  ≡  //|::::::::::::::::::    良心的宿代でございます
  ::::::::::::::::|  \  ̄ ̄ ̄ /  |::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|    \  /    |::::::::::::::::::::::


  ↑長鳴鶏の宿店主







OK、お前いつか殺す。
というか、いつか鉄板の上で10秒土下座させてやる。

世界樹の秘密を明らかにする前に、何がなんでもSATSUGAIしなければならない
対象を見つけた我々ですが、その前にまずこの迫り来る金欠を
なんとかしなければなりません。
それこそエスポワールにでもなんでも乗り込む勢いで。

しかし、救世主は身近なところにおり、
また、身近なところにあったのです。
良かった限定ジャンケンとかしなくて。



メシアその1:レンジャー

というか、伐採スキルと発掘スキルに助けられすぎ。

レンジャー♀
「お、朱色の木の実だぜ。
 これは割と高値で売れるから、もう少しこの木にも
 頑張って欲しいもんだかな。その、色々と」

「苦ヨモギか。
 私としてはおひたしにして食べたいもんだが
 やっぱり売ったほうが実入りになるだろうな」

いやぁ、バードかレンジャーかで迷ったあげく
一番期待せずに入れたレンジャーですが、資金の助けにはなるわ
素早いわそこそこ攻撃力高いわスク・ンダ使えるわ先制攻撃率UPするわ
明らかに我々パーティの影の中核になってるじゃないですかレンジャー。
ドラクエ6のレンジャーもこれくらい気合入れろって感じです。
ともあれ、このおかげでかなり予算の目減りは抑えられました。
ちなみに上の脳内セリフがなぜ♀なのに男言葉なのかに関しては
単に命名の元ネタに忠実なだけなので本編とは関係ありません。


メシアその2:B1Fの泉

このゲームにもいわゆる「回復の泉」が存在します。FFなんかによくあるやつ。
出てくるたびにわざわざポーションとか買わんでもここで水汲みまくって
携帯しておけばラストエリクサー代わりになるからラクラクじゃね?
って
毎度思わせてくれるアレです。
なぜかTPが10回復する時としない時があるので、適当に調査したところ
なんと夜のみ回復効果を発揮するお月様大好きな泉であることが判明したので
それ以来、
「へろへろになったらダンジョン入り口付近で行ったり来たりして時間を稼ぎ
 夜になったら泉へ直行し水をがぶ飲みしてTPもHPも全快させる」
という生活サイクルが誕生したのです。やった!これでもう宿屋でボッタくられないぜ!
……せ、セコくないですよ!ほら、ドラクエ1にもあったじゃないですか。
ひかりあれ!とか言ってMP全快してくれる爺様が。あれと同じですよあれと。
やっぱりこう、伝統はちゃんと受け継がなければいけないってことですね。

ちなみに、我々パーティはこの“夜は泉にひきこもり♪”(鬼太郎のアレで)作戦により
歌どおり死なないし病気もなんにもない生活を実現できたものの
おおよそ6日くらい不眠不休で潜っていたことを追記しておきます。


メシアその3:3階のカースメーカー♀

地下3階に、
「地下5階にこわいオオカミさんが生息してて若手が育たないから
 貴様ら討伐を手伝いやがれヘタレども」
と、若手育成の障害を若手に取り除かせようとするムジュンした男女二人がいて、
同じ階の出口付近でその女のほう(職業:カースメーカー)と再度遭遇するイベントが起きます。
ご丁寧に、また例のヴォッパラレッパッポッ プァ〜〜〜〜ン 的な怖い音楽と
「冒険者が強そうなモンスターに襲われている!助けるか助けないか?」
という超絶に嫌げな選択肢といっしょに登場するんですよこれが。
え?我々ですか?そりゃもちろん助けないに決まってるでしょうが。
だってここまで稼いだ経験値とかアイテムとか無駄になったら嫌ですし。
これも大義の前の小さな犠牲ってやつです。
さようなら名も無き冒険者さん、君のことは3分くらい忘れないよ。
しかしそこを華麗に救出するのがそのカースメーカー♀なわけです。

で、何事もなかったかのように「探索は順調?」とか聞いてくるカスメ♀。
順調じゃねーよこっちは資金捻出するためにえんやこらなんだよ
あそうだお前さん結構強そうだからこっちのダークハンター♀とトレードされる気ない?
…と軽くねるとん的にネゴシエイトしようと思っていると、おもむろにこやつは我々に
水をぶっかけてくるじゃないですか。何しやがるこのk(自主規制)。
いくら公式サイトで12歳と明言されたからってやっていいことと悪いことがあってだな。
……しかし、次の瞬間!


「君たちのHP・TPが全回復した!」



ああ…

神様、仏様、カースメーカー♀様。



神ですよこれは。まさに神。現人神。むしろ唯一神。ついでにその水100enくらいで売ってくれない?
しかもこの女神様は地下4階への階段の近くにいるので、下層で経験値をがしがし稼いでも
3階のこの女神様のところに戻ってお慈悲を賜ればバッチリコンディションオールグリーンに。
単純にメシア2の泉のアップグレード版であり、もちろんこのメシアの聖水(仮名)による
長嶋鶏への宿の大打撃力は抜群。そして俺の財布が潤う。現実の宗教もこんなんだったら絶対入信するのに。

まあ、これだけ神様仏様と崇めたて、思いっきり恩恵にあずかっているにもかかわらず
このキャラの名前を全く覚えていないあたりバチが当たって全滅すべきですね俺。

☆カースメーカー♀の名前候補☆

・カステラ
・ツクール
・クリフト
・ツルセコ
・巣作り
・子作り

このへんのどれかだと思うんですけどね。
これ以上はさっぱり見当がつきません。語感的には間違いないはずなのですが。



というわけで、悪徳商人牛耳る長嶋鶏の宿は我々の前に降臨した3点のメシアなかたがたにより
大きく経営が傾きどえらいことになり、あの細目店主はオーナーの機嫌を損ねて
地下労働場に1020年くらい強制収容の刑にされたに違いありませんふはははざまあ見ろ(妄想)。
やっぱり水の力は強いですよね。
カイジだって水の力をうまく使ってパチンコで6億円勝ったし。

というか、あの宿屋にも
「馬小屋」があればよかったんですけどね。



そんなこんなで、金欠問題も無事に乗り越えた我々は着実に力を着けていきます。
目指すは地下5階の奥に生息する「スノードリフト」
こやつこそが当面のボスであり、先ほどメシアなカースメーカー♀さんが言ってた
「こわいオオカミさん」でもあります。


※<追記:2月5日付>
メシア3の項からずっとスノードリフト=オオカミで書いてますが
コメントいただいて確認したら、スノードリフトはオオカミではなく
姿形は完全にトラでした。
だってとりまきの名前は「スノーウルフ」だったんだもん(いいわけ)。
ゆえに本来はここより修正を加えるべきなのですが
文意は変わらないと思いますし何より面倒なのでこのままにしておこうと思います。



まずは地下4階に赴き、多数生息しているオオカミさんの眷属どもをわしわしと倒して
レベルとかお金を稼いだりします。回復はもちろんメシア頼り。
このころになると、かつては生き残るだけで精一杯で、てんでパーティとしては
バラバラだった我々も、それぞれに戦闘での役割を自覚させて動かすことが
できるようになったと思います。

パラディン♀は適宜防御陣形を使いつつ、
バックガードでモロい後衛をかばいながら隙を見て攻撃する!

レンジャー♀はトリックステップ・ファストステップで支援後パワーショット!
いざという時は素早さをいかしてアイテム回復係!

メディック♀はとにかく回復!余力があれば医術防御!
特に全体回復のエリアキュアをどれだけ先読みして使えるかがカギになるぞ!

アルケミスト♀は言うまでもなくひたすら魔法攻撃!一番のダメージソースだ!
最近はメラミ(火炎の術式)も覚えたのでさらに威力を発揮できるぞ!

ダークハンター♀はすぐ死ぬのでずっと防御!


よし。
ようやく5者の呼吸が約一名除いてひとつになりました!!!

そんなわけで、パーティ間の統率が取れるようになってさらなる飛躍へ踏み出す我々。
かつて逃げ回ってただけの地下2階のFOEも、なんなく倒しながら進めるようになりました。
鹿?こんがり炒めて鹿せんべいにしてやんよ。
牛?当たらなければどうということはない。さあ、来いどん牛!(両腕を広げながら)
あーもー、なんというか、
かつて敵わなかった敵を指先ひとつでダウンできるようになったのを
実感できるこの瞬間こそRPGの一番面白いところだと思いませんか
右や左のお前さんがた。
よし、地下2階は我々SOSブログ団が占拠した。
次は地下3階のFOE、コードネーム「かまきり」に挑戦する。大佐、指示をくれ。


かまきり: Σ(´Д`ノ )ノ 


スネーク!スネェェェェェェエエエク!!!

あぁ!だから言ったじゃない!
かまきり型の雑魚敵は強いのが多いから気をつけろ(出典:FF6とFF7)って!
もし全ての動物が同じ大きさになったら、一番強いのはかまきりだって
どっかの漫画家も言ってたのに!!


さあ、かまきりのことは何もかもなかったことにしつつ地下5階へ。
強い剣を拾ったり、取得物から強い弓を作ってもらったりしながら
スノードリフトの住処を探します。
というかこの期に及んでも武器防具屋の下乳は強いムチを作りやがりません。
ゆえに前衛なのに防御し続けないとすぐ死ぬわ、
攻撃させてもレンジャーよりダメージ少ないわ、素早さも最速のレンジャーに劣るわ
特殊攻撃は全然効かないわとマジでいいところがなくなりました。

それでもようやくスノードリフトの住処に到着。
さすがオオカミたちを率いるボスです、取り巻きに大量のザコオオカミFOEを引き連れて
地下6階への階段の前に鎮座ましましていやがります。
あ、もちろんザコオオカミと言っても、FOE扱いなのでそれなりに強いです。
ダークハンター♀を2発でリタイアさせるくらいの強さはあります。

しかしザコオオカミはほとんどが一本道の背後におり、手が出せないので
なし崩し的にスノードリフトとの決戦に入ります。
さすがに攻撃力及び素早さは高いですが、防御陣形でガードを固めつつ
トリックステップで命中率を下げつつダークハンター♀は自分のガードだけ固めつつ
弱点のアグニシャ…じゃない火炎の術式で攻めるとかなりダメージが通ります。
やっぱり「スノー」だけあって炎に弱いという、序盤のボスの定番法則。
やや長期戦にこそなりますが、これでおおよそ勝てる…


…と思ってましたが、甘かった。和三盆くらい甘かった。


さてここで、フィールド上を徘徊しているボス敵「FOE」についてのおさらいです。

・FOEは赤い球体のシンボルマークで示されており、接触して戦闘になるまで正体はわからない
・FOEはこちらが一歩動くと同じように一歩動き、こちらが動かない限り相手も動かない
・FOEは一定の法則で徘徊しており、条件を満たせばこちらを捕捉して追いかけてくる

という特徴があります。
しかし、このゲームを作ったかたたちの意気込みといぢわるさが垣間見れる
もうひとつの特徴をすっかり忘れてました。これが嫌らしい。

・こちらが戦闘中の場合、1ターンが経過するごとに相手も一歩動き、
 相手が戦闘中のパーティに重なると戦闘にそのFOEが参加してくる



つまり、現在繰り広げられている地下5階でのオオカミさんとの決戦中に
以上の特徴を踏まえるとどうなるか。


必死こいてオオカミの親玉と戦っている間に、

とりまきのザコオオカミどもがそりゃもうワラワラと参戦。





こ…

このヒキョウ者ッ!人でなしッ!!
(;´Д⊂)

こっちは正々堂々戦っているのに、増援を呼ぶなど
貴様それでもボスかッ!野生の誇り(ルビ:プライド)はないのかあああ!!

まあ、そりゃ相手はケモノですから人じゃないですけどね。
でもただでさえ一撃でHPの8割くらい削るスノードリフトに加え
ダークハンター♀を(略)するザコオオカミが2匹3匹と参戦してくるのでは
なす術がありません。あなたたちはケダモノです(エムブレム風に)。
ついでに、正々堂々とか言ってますが実際にはこちらは5人パーティであり、
客観的に見たらどう見てもこっちのほうが数の暴力奮ってます
まあこれはRPGのお約束なので大目に見てやってください。

結局、この戦闘はあらゆるTPと回復アイテムを使い果たし、万策尽きて敗北。
一人パラディンが生き残ってから、よく一人で10ターンも耐えたものです。
こういう時に想像力を刺激されますよね。思い入れって大事です。

あまりの強さにプレイヤーである俺の腕が痛くて動かなくなりそうですが(それは違うスノウ)
それでも最後はボスを倒しとりまきだけの状態まで持ち込めたんですから
今の2倍の回復アイテム(特にTP回復アイテム)を持ち込めば倒せると判断。
宿屋に不法押収されることなく暖めておいた資金を用いて
メディカ2(特やくそう)とアムリタ(まほうのせいすい)をいつもより多めに購入。
そしてリベンジマッチ突入。

…の前に、ちょっとした試みをやってみました。
どうせ戦闘中FOEは1ターンに一歩しか動けないわけだから、
とりまきの参戦を遅れさせるべくボスオオカミだけ誘ってひきつけることができたら
圧倒的にこっちが有利になるんじゃないか? という試み。

それは大成功。
スノードリフトのちょっと前で立ち止まってから一歩下がると、
しっかり単騎で我々を追って来やがります。
なので、たっぷりとりまきと距離を取ってから戦闘開始。
もうこの戦闘はもらったようなものです。なんせザコオオカミが戦闘に参加するまで
十数ターンはかかるくらい距離を置きましたから。

ダークハンター♀
「あらあらうふふ。
 例え力と経済力があっても、残念ながら貴方には智恵がない。
 しょせんケモノはケモノってことよね、ねぇ?」

パラディン♀
「………」

という会話が速攻で脳内再生されましたが、
まあこの戦闘でも防御させてたにも関わらずクリティカル喰らって沈んだ
ダークハンターの戯言はほっといて、以後は黄金の方程式で撃破。
あ、経験値いっしょ症候群は健在なので、ちゃんとダークハンターは蘇生させましたよ?


そんなわけでようやく第一階層に別れを告げることができました。
以下続きます。
なんか文章がシャレにならない長さになってしまいましたが続きます。

あと、スノードリフト戦で問題のダークハンターが「ヘッドボンテージ」を用いたところ
一番攻撃力の高い氷の牙的な攻撃を封じることに成功した、という大成果を挙げたので
ひょっとしたらダークハンターは後半大化けするかもしれません。
| kirby | 一般ゲーム | 10:51 | comments(8) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2007 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE