じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
2007年を振り返ってみる
…とはいえ。

本当に何振り返ればいいかわからないのが本音なんですよねー。

大きな買いものしたわけでもないし、
新しい趣味とか見つけたわけでもないし、
基本は仕事人間だったし、
仕事以外で大きく人間関係変わったわけでもないし。

となると結局ゲームの話になるわけですが
これもなんだかんだで大して時間が取れなかったり
大半が放置プレイだったりするので評価不能のものが多くて。

それでもやります。
たぶんやった順番に並べてると思います。



・テイルズオブデスティニー(PS2版)

2006年度から繰り越しでプレーしてたので一応ここに。でも2回目をプレーする
気力はさすがにありません。ついでに隠しダンジョンも5Fまでしか行ってません。
万が一失業したらやります。たぶん。
おそらく現時点では最後のクリア済RPG。
戦闘面白いです。本当に。あとロード超短いです。テンポいいです。
褒められるのはこの2点だけなのですが、RPGの一番大切なところと
ゲームの一番大切なところをしっかりカバーしているので全く問題ありません。
むしろゲームとはこうあるべき。

しかし、世間の人気とか売れ筋とかを考えると絶対リオンが死なない選択肢が
あると思ったのですが意外でしたね。まさかの確定死。
どうやらリオンが主役のデスティニーも来年に出るあたりナムコもさすがに
あっち方面の人気はわかってると思う…にも関わらず必ず死ぬリオン。
ストーリー方面に思い入れがあるかたならば、きっとリオンが死なないことは
イコールDQ4でピサロが仲間になるのと同じくらいファン的にダメな展開なのだろうと推測するので
これは開発側からすれば正解かもですが、個人的には操作してて面白い剣士キャラが
一人減ったら面白くないから生きてて欲しかったなって印象です。
まあ、なりきりアイテムがあるからいいのですが、完全コピーじゃないからなぁ。
その割にPS版であった「ラスボスがリオンを蘇らせて襲い掛からせる戦闘イベント」が
こっちでは削られてるあたりちと意図がわかりません。
PS版ではリオンが死んでも誰も悲しまない話だったのでこのイベント差し込まれても
何もカタルシスを感じなかったのですが、今回(なぜか)異様にスタンと親密になった
リオンならばこのイベントにも意味合いが出るはずなのに、などと思ったりもしました。
このあたりはストーリーが好きだっていうかたの評価を聞きたいですね。

あと、ほんっとにどうでもいいことなんですが、
チェルシーの技はちゃんと漢字で統一せんかい。チェスターを見習え。
なんだいきなりワイルドギースって。脈絡ないにも程がある。



・世界樹の迷宮

かなりの時間放置プレイだったものの、なんだかんだで今でも
ちまちまやっております。現在B20F。目指せ2発売までに本編クリア。
あ、2ももちろん予約しましたですよ。
正直、特にB16Fとかマップアイコンのやりくりに超苦労したので
このあたりの欠点が解消されているらしき続編には期待を隠せません。

実は再開後はとんとん拍子でB18Fくらいまで来たのですが
このへんでわき道に逸れたりカエル牧場で他の職業育てたりしてたので
あまり進んでいないのです、と言い訳がましく。
しかしブシドーが予想外に弱くてびっくりしました。カースメーカーは予想通り弱かったですが。

このあたりのレポートは正直公開を酷く躊躇するようなモノを2ヶ月前くらいに下書きしてるので
形になれば公開できるかもしれません。俺もまだまだ精神年齢低いな…_| ̄|○




・逆転裁判4


さすが続編殺しのカプコン様!

今回もお見事な手際でございました!



その、なんと言えばいいのでしょう。
サガフロ1の裏解体新書を見たときの気分を思い出しました。

あれにアセルス編というシナリオがあります。
この話はこのゲームのようなオムニバス方式でないと一般受け的な意味で
絶対使えないようなアクの強すぎる話でした。自分は結構好きですが。
ところが、ただでさえ個性の強すぎる本編のシナリオに関して、裏解体新書では
設定資料として膨大な量のテキストが赤裸々に公開されていたのです。
もしこれらの設定が全てゲームに反映されてしまっていたら
あらゆる意味でグダグダの内容になってしまっていたでしょう。
それくらい作った人の話の膨らみ具合が感じられる内容でした。
これを必要な部分だけ抽出し、ゲームとしてきちんと形にできたのは
ひとえに河津氏及び当時のスクウェアスタッフの優秀さによるものでしょう。

ちなみにこのシナリオ考えた人が話作りに携わり、(おそらく)誰も歯止めをかけなかったのが
あの悪夢以外の何物でもない新約聖剣伝説です。

このように、「モノを作る人」が100%の真価を発揮するためには
「シェイプアップする人」が必要不可欠だと思うのです。
必要な筋肉はしっかり残し、無駄な贅肉のみをそぎ落とす役割ですね。
今のものづくりの現場には、この役割を果たせる人が不足していると思います。


とまあ、そういうことだと自分は思います。
この逆転裁判4も。

……せめて、あのニットの男が成歩堂でさえなかったら…
単なる破綻してて面白くない推理ゲーム、だけで決着はついたんだけどなー…



・無双OROCHI


本当は三国無双と戦国無双のキャラ競演させてみたいお…

でもお互いファン多いからどっちか悪役にしちゃうと怒られるお…

だから共通の敵作って世界もまぜこぜにするお!

というゲーム。
全く期待せずに買ったけど結構面白かった。
というか、据え置き機のゲームはほとんどこれしかやってない気もします。

今年の3月かそこらに出てたらしいのですが、自分が買ったのは11月。
動機は我ながらアレ過ぎて嫌になるのですが
「妲己が出る」
ことを知ったからです。本当にそれだけ。
まあ、購入前は藤崎竜版妲己みたいなのを想像してwktkしてたものの
KOEIクオリティのキャラデザインゆえ過度の期待は禁物であることは
わかってましたが、実物見ると予想よりもだいぶがっかりしました。
見てくれもそうですが、何より小者っぽすぎるのが…(;´Д`)

話は期待するだけ無駄突っ込みいれても無駄ってレベルなので置いといて、
武器を育てたあとの爽快感と難易度の高さから来る緊張感が大変素晴らしいと思うのです。
風評ではこの難易度の高さが「攻撃力のインフレ」「バランス悪い」と言われることも
あるようですが、それももっともだと思いつつも個人的には
これくらいの死線をくぐるくらいのほうがゲームとして面白いと思ってます。
あと、技性能の修正やexカウンター、アーツなど新技の追加によって
違った戦い方を模索していけるのも素敵感高めです。
使いまわしの猛将伝商法が好きなKOEIにしては素晴らしい企業努力。

ただ、せっかく異なる世界のキャラが競演するわけだから
もう少しキャラ同士の会話が多かったらなーとも思います。
やっぱり時期が時期だけに(決算前)急いで出したんだろうなぁ、と邪推。
信長と曹操を魏2章でめぐり合わせたときの

曹操「世に英雄たりえる者は少ない…
   惜しむらく、貴様には詩の心が足りぬ」
信長「クク…うぬには多すぎるようだ」

って掛け合いは正直感動したゆえ、こういうのがもっとあればと思わずにはいられないわけで。
あと、自分は演義でも無双でもホウ統が好きなので、

ホウ統「お前さんと対決できるとは光栄だねえ」
諸葛亮「あなたが魏にいるとは…油断できませんね」

ってあたりもいいなと思わずにはいられないのです。
やっぱりキャラゲーとしての一面もあるからだとは思いますが
単純にボリュームアップした作品を望んでしまうゲームです。



<以下、放置プレイ中>

・ブルードラゴン
・スカッとゴルフパンヤ
・ドラゴンクエストソード
・スーパーマリオギャラクシー
・ドラクエ4
・FF4


一般ゲームでの印象どころはこんな感じでしょうか。
やっぱり確実にできるゲーム量は減ってきてますね。
来年は今のところスマブラと世界樹2とドラクエ5しか買うものないので
さらに減ることになるかもしれません。


それでは、良いお年を。
| kirby | 一般ゲーム | 23:55 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2007 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE