じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
カプコンと宝塚はムジュンしています



もうkonozamaはしないって
約束したじゃないですかァーーーーーッ!

(AA略)


いや、約束してませんけどね。
まあいいや、どうせ自分以外のぶんも買わないといけないから
先に店頭で買ったほうを開封すればOKだろうきっと。


そんな学習能力のない愚痴はほどほどにして、今回はこれで。


カプコン、宝塚歌劇「逆転裁判2」の公演が決定!


え?あれ?これ大成功してたの?というのが最初の感想。
いやぁなんというか、逆転裁判シリーズは女性ユーザーが
全体の半分くらいいるって話は聞いてましたが
どこに需要というか、ビジネスの種が埋まっているかわからんもんですね。

でもなんか、本当は結構原作の空気に忠実に演じてたりするんじゃないの、
と思ったのもつかの間。





すみません、やっぱり宝塚でした。

意外と「異議あり!」の声とポーズはサマになってましたが
たまに別の公演シーンが混じってるんじゃないかってくらい
原作では100%ありえない光景が挿入されたりします。
そして歌。やっぱり宝塚といえばこういうイメージがありますね。
原作を知らなければ普通にミュージカルとして見ても違和感なさそうです。
相手はプロ中のプロなので当たり前かもですが。

あとイトノコと矢張がイケメンすぎて吹かざるをえない。
逆に真宵がまあその若干、年m…いやなんでもないです。
それとやっぱりこの作品にもオバチャン(大場カオル氏:逆裁シリーズのメインヒロイン)
が出ないとは。(動画に出ないだけかもだけど最後っぽいシーンでもいないしなぁ)
脚本書いた人にカタカタせざるをえない。

感想としてはまあ、確かにコラボレーションとしては完成度高いのでしょうけど
やっぱりどっちもアクが強いだけにどっちかのファンに偏ってしまうのは
もう仕方のないとこなのかなと思います。普通に「宝塚」なんだよねこれ。

しかし、御剣が原作のフェイスと声でこのミュージカルみたいに
「手段を! 選ばず! 追い詰める〜〜る〜〜るぅ! 私が決ーめる〜〜る〜〜るぅ!」
と分身の術を使いながら歌ってるのを想像するととてもカオティックな何かに満たされますが
このへん逆転裁判4が発売されることがあったらTGSの映像でネタにしてくれんかなぁ。


そういえば御剣で思い出しましたが
逆転検事(※音出ます)ももうちょいで発売なのですね。
Web体験版もやってみましたが、なんというか案の定余計な部分が多いなと思ったりも。
今までコマンド選択形式で全部できてたはずのシステムにわざわざ
移動させて調べて、という無駄なプロセスを噛ませたのみに現時点では見えます。
このぶんだと、普通に今までの法廷パート+調査パートシステムに忠実で良かったのでは。
どのみち基本的にキャラゲーなわけですし。
3までプレーした身としてはやっぱり、今までとは逆に検事側が弁護士側を
法廷で打ちのめしたりするさまを見てみたいわけですよ。
ただでさえちょっと前に一部弁護士の吐き気を催す邪悪ぶりが話題になったのに。
ドラえもんが生き返らせてくれると思ったとか。

それでもやっぱり買ってやってみたい理由は、この話の時間軸が気になるから。
あと狩魔冥が登場するから。
オブラートに包まず言っちゃいますが、
ターミネーター3だって製作者側がなかったことにしたらしいんですから
こっちもそういう選択肢があるということを善処してもいいんじゃないかなーとか
思ったりしなくもないわけですよ。ええ。
そのへんにちょっと期待したいと思いつつもなんかこう、
後付でもいいから補完して欲しいという思いがあってですね。


そんな脳内黒歴史のアレは近々始まる裁判員制度を題材にしてるところがありましたが
今にして考えればこういった唾棄すべきレベルの訴訟における裁判にこそ
この制度は必要なのかもしれません。
日本も微妙に訴訟大国になりつつあるんじゃないかと心配ですが
せめてゲームの中でだけでも敏腕検事の活躍を見たいものです。

というわけで、まとまってるのかまとまってないのかわからないまま
今回の記事でした。
| kirby | 雑記 | 23:26 | comments(4) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2009 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE