じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
地上をパクる者
先日エストポリス伝記のサントラを買ったことを記事にしましたが
まさにその日にこんな火種が投げ込まれていようとは。
シンクロさがタイムリーすぎ。




先日発売した『スーパーロボット対戦K』のBGMにパクリ疑惑




スパロボKのマップ曲がエスト2の「地上を救う者」という曲に
酷似しているという指摘。

実際、最初に見たときは「またか」と思ったんですよ。
近年は本当にちょっと類似点があっただけで鬼の首を取ったかのように
パクリパクリと叩く事例が多いもので。
創作者には誰しも必ず影響されたものがあるわけで
その影響を自分流に変換もしくは増幅させたものを作品と言うわけであって
その繰り返しによって文化は進歩もしくは進化していくと思うんですよ。
完全にオリジナルと言えるものなんて人類の歴史紐解いてもどれだけあるやら。


…と思っていた頃が俺にもありました。
しかし聞いてみたらこれはもう真っ黒です。
どこからどう聞いてもパクリです。
なんという不埒者め。


やらかした人はどうも前科があるらしく、その割に結構な数のゲーム曲に携わってるという
なんとも頭を抱えざるを得ない惨状に俺のエストポリスへの思い入れがオクトストライクですよ。
エストポリスとかマイナーなゲームの曲なんぞ誰も気がつかないだろ、と思ったのか
それともどこかでMIDIなどを拾ってきて出所を知らぬまま流用したのか。
どちらにせよアレです。腹が立つのは前者ですが。

しかしその反面、これを機にエストの良さが広まらないかなぁと思ってたりもします。
特に2作目はいわゆるいろんなゲームの美味しいとこ取りではありますが
戦闘難易度の低さ以外はあらゆる意味でSFCのお勧めRPGのひとつです。
この出来なら3作目も期待できると断言して早14年目。
決して良いネタではありませんが、それでもこうやって起爆剤になりうるものが
投げ込まれた以上、何かしら話題になってくれればもしかしたら…
と今なお思ってしまう自分がいたりします。
サンサーラナーガに並んで3作目を特に切望しているシリーズだったり。
そもそもエストは3部作構想だったはずなので余計に諦めきれないのです。

そんなピンチをチャンスに変えて欲しい話でした。
しかし作曲者の塩生康範さんは今どこで何をなさってるんだろう。
例の再販版サントラのライナーノーツを見る限り今なおエストには思い入れが強いみたいだけど
ゲームの世界にはもう戻ってこないのかな。ああ寂しい。



あとバトル2・3のピアノアレンジを見つけたので自分用に貼っておきます。








やっぱりピアノアレンジはいい。心が洗われるようだ。
| kirby | 雑記 | 02:58 | comments(2) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2009 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE