じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
DQ6DS版 ファーストなんとか
ちょっとだけ初回印象みたいなものを。
現在、1回目のムドーと戦う直前あたりです。
自分にしては凄い進み方ですよ。なんという精力的なゲーマー的暮らし。


とはいえまあ、DQ6の評価はここからが重要なわけで。
2回(正確には3回)戦うムドーはシリーズ屈指の戦闘バランスを見せてまして
ここがSFC版と比較して弱くなったりしてると一気に評価が落ちますが
どうなることやら、という感じです。

んで、ここまでの感じではやっぱり良く言えば遊びやすく、悪く言えば簡単になってます。
敵が全体的にHPが低いっぽい感じで、獲得経験値およびゴールドが明らかに多い仕様に。
またワールドマップもかなり狭くなっているため迷わないしエンカウントもそれに伴なって減ります。
「レイドックまでは遠いよ!」と言われたのに船着場から1画面以内で到着したのは笑うしか。
まあ、ムドー前までで苦戦するところはSFC版でも皆無なのでここは問題なしです。
金策が楽になったのはむしろありがたいところかもしれません。好意的に捉えれば。

他にゲームをやってはじめて気がついた変更点としては

・戦闘イントロの「ピロリロリロリロリロリロ」的な効果音が削除
・「おもいだす」系とメッセージ記憶システム削除?
・売り値が50%から75%に変更(お金に困らない原因のひとつ)
・一部セリフに変更および追加があるような感じがする
・シエーナの町がマルシェの町になぜか名前変更
・サンマリーノのメイドの名前がサンディから何かに変更(DQ9のガングロと被るから?)
・ラーの鏡入手後にグランマーズの館に行くとイベントがあり
 上下の世界をルーラで行き来できるようにしてもらえる

など。
特に上下世界をルーラで行き来できるようになったのは間違いなく「改良」かと。
便利すぎるのは事実かもしれませんが、ゲーム的にはありがたい仕様変更です。
加えて余談ですが、このイベントの際にグランマーズから上下世界についての設定が
早々とネタバレされることになります。まあ、アモールの時点でおおよそのユーザーには
予想はつくことでしょうし、仲間と会話システムでもほのめかしてますからね。
そもそも実はミレーユを仲間にする際のグランマーズの言葉の時点で
微妙にネタバレされてますが。SFC版ではもっと遅かったはず…たぶん。


という感じで、例によってあまりいい評判は聞かない当リメイクですが
(自分としても仲間モンスターの仕様を削ったのだけは納得いかない)
懐かしさも手伝ってなんだかんだで今は結構楽しくプレーしています。
ムドー戦でどうなることやら。


あと余談ですが、DQ6ほど音楽が不当に低い評価を受けてるゲームはあんまりないと思います。
おそらくフィールド曲と戦闘音楽が(3回目のムドー除き)どうもパッとしないからかもですが。
(自分はフィールド曲も悪くないと思いますけどね)
実はすぎやま節が一番顕著に表に出てる作品って6じゃないかと思うのですよ。
町・村の曲とかカルベローナの曲とかグランマーズの館の曲とか名曲が凄く多いと思うのですが
一番好きなのはやっぱり船の曲。他のどのRPGでもこれを超える船旅の曲はないと思います。マジで。
なーんで評価されないかなぁ。ED曲も凄くいいし、5以前に決して負けてないと思うんだけどなぁ。

DSで4・5・6と出たわけですが
普段は色々と商売魂全力全開にしている会社なのに
なんでこんな事例に限ってDS版音源のサントラを発売しないんだろうか。
むしろFC版音源の完全版サントラとかにもなんで着手しないんだろうか。
絶対一定の売上は見込めるはずなんだけどなぁ。
こういう例での商魂は大歓迎なのに(ただの再収録とか総集編はもちろん抜きにして)
変なところで慎ましいのは残念というか、もどかしいというか…

と、最後にすぎやんフォロワーぶりをぶっぱなしつつ終わります。
| kirby | 一般ゲーム | 23:59 | comments(0) | - |
続・2の企画
 
去年末に
もしかしたら俺屍2の企画?
という記事を書きました。

あれから1ヶ月。



桝田省治さんのTwitter


う…



うおおおおおおおおおおお!!



(*´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア




これは来たと!来たと思って差し支えないんでしょうか!
もう始まってると!言っても!何ら!過言ではッ!


……と一瞬歓喜が全身を駆け巡ったのですが
よく見ると

>海外市場を念頭に置かないと企画が通りにくいことは承知しているし

と最初から2番目にあるので
やっぱり「まだ」なんでしょうね…
しかしまあ、俺屍が海外っていうのも全く予想がつきません。
もう国内だけを視野に入れるのでは企画すら通らないレベルなんですね…
このような情報のほんの一端だけでも不景気を実感します。

もう本当に、この企画だけはなんとしても通って欲しいです。
でも海外っていうのもなぁ…
俺屍のいいところと海外市場とでは致命的にミスマッチな気がする。
なんとか国内向けで通ってください。マジたのんます(;´Д`)人


というわけで、桝田さんのtwitterは今後要チェックです。
今も現在進行形で企画案のつぶやきが増えてますが
その一つ一つがダイレクトに期待を煽ってきます。
中でも特にこれは!と思うのはここですね。


>続編の大きな変更点のひとつは、プレイヤーの立ち位置を体制側から反乱軍側に移すことだ。
>朝廷軍に抗った側だ。中央から見れば逆賊だね。当然、追われる。
>この違いイメージできるかな? 勇者が魔王になってるようなもんだよ。


本格的なRPGタイプのゲームで追われる側が主役なのはそう滅多にないと思うので
(ストーリーものRPGで一時的に国を追われるなどの展開があるのは抜きにして)
このへんの設定でどういうものが出来るかとても楽しみです。
システム側に大きな制約が加わり、いわゆる自由度の低下に繋がりそうな気もしますが
そこは腕の見せどころだと思いますので。



そんな大いなる期待を胸に
俺屍2が実現する明日をバーンとォ!信じるとしましょう。
| kirby | 一般ゲーム | 00:54 | comments(2) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2010 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE