じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
【SFC版DQ3】魔法使い一人旅  2
 

<どうあがいても絶望> ←サブタイトル


いえね?
実は結構ボストロールまでは倒せると思ってたんですよ。
所詮脳筋などスカラ重ねがけすればあとは痛恨受けるかの運ゲーだろって。
実際にやってみると、あまりに甘すぎる見通しでした。
というかさー、これダメージどういう計算してるのさ?
ドラクエってボスHPの自然回復システムを筆頭に、画面上では絶対わからないレベルの
システムの影でやけにこっそり色々動かしているパターンが多い気がする。


ともあれ、まずはまだ平穏だったころの話からはじめます。
カンダタ2回目討伐から。





カンダタ2回目はこのようなステータスで挑戦。
レベルを14まで上げてベギラマを覚えさせました。

この戦いはまず、こぶん4匹との戦いが行われ
その後イベントを挟んでカンダタ+こぶん2匹との戦いになります。
4匹打倒後は戻って回復もセーブも可。
まずここで最大の問題なのは、前回の記事でも述べたとおりこぶんがルカナンを使ってくること。
ゆえにポルトガで入手したまふうじのつえで対処することになりますが
これも体感で4割ほどしか効かないためかなり運の要素が絡みます。
そんな状況でギラだけで倒そうとすると7〜9発は撃たないと全滅させられないため
(こぶんのHPは120)
ただでさえ運ゲーなのがさらに厳しくなるゆえやむなくベギラマを覚えさせました。
これならおおよそ4発で全滅できます。

実戦では何回か全滅した後、スカラ→まふうじ→まふうじ の流れで
ルカナンが効かないまま運良く4匹中3匹の呪文を封じることに成功したため
回復をはさみながらベギラマで倒しました。
まふうじがこれだけ運良く決まったらギラでもいけたかもしれないですが
いずれにせよカンダタ戦でLv12は火力的なアレで相当キツそうなので14を最適解としておきます。

そしてカンダタ戦へ。
なお、捕まってる胡椒店夫婦のセリフは最後まで変わりませんでした。
終始「ありがとう勇者さん!」という流れ。
なお、ポルトガの王は胡椒を持ち帰るとちゃんと魔法使いを名指しで褒めてくれます。
このへんに統治者と一般市民の器の差が出てますね!

それは置いといて。
カンダタ2戦ではもちろん、こぶん2匹を早めに始末して
カンダタとガチの殴り合いを行うという流れに持ち込みます。
なお、りりょくのつえはMPが0になっても攻撃力は変わりませんので
いのりのゆびわを持たせる必要はありません。

まふうじのつえは2匹のうち1匹くらいに効けばなんとかなりますので
スカラ→まふうじ→スカラ→ベギラマ4発でできるだけ早めに片付けます。
スカラは2回かけておけば、ルカナンを1発受けるくらいでは影響ありません。
むしろまれに使ってくるベホイミのほうが鬱陶しいかも。
タイマンに持ち込めたら、あとは回復しながら拳で語るだけ。
とはいえカンダタのHPは700とかなり多く、手持ちのやくそうでは割とギリギリです。
ちなみにカンダタから痛恨を受けると80くらいダメージ受けますので、この場合はもう諦めるべき。
幸い確率はかなり低いです。倒せた時は終始一度も喰らいませんでした。

というわけで倒せましたが、やっぱりダメージ計算がおかしいなと。
守備力がスカラ2回だと300近いはずなのに、今回は最大で10前後はダメージを受けました。
前回の記事で提示した計算式ではありえない数字です。
ボスにだけ防御力無視の固定ダメージが上乗せされているのか、
それとも攻撃力に比例してダメージ乱数の数字が跳ね上がるのか。
どっちにせよこちらにとっては圧倒的不利な裏社会が垣間見えます。
なんか汚えっ……!ずるいぞお前らっ……!


…今思えば、この時点で嫌な予感はしてたのです。


ともあれ、船を入手した後は最短距離でボストロールへの道を拓きます。
まずランシールへ行き、きえさりそうを入手。
続いてブックマークしておいたノアニールからエジンベアへ行き、かわきのつぼを入手。
バハラタからダーマ・ジパングをブックマーク後、北へ赴きさいごのかぎを入手。
ただでさえ強いテンタクルスが、この状態だと即死級のトラップとして立ちふさがります。
続けてロマリア北西のほこらから2回旅の扉を乗り継いでサマンオサ東のほこらにワープ、
なみいる強敵から必死に逃げながらなんとかサマンオサに到着します。
1回偽王に捕まってフラグ回収後、南東の洞窟でラーのかがみを回収。
場所さえ知っていれば洞窟でのエンカウント数は1〜2回ですみます。
普通にプレーしてたら超鬱陶しいゾンビマスターが癒しに見える展開に。
そしてサマンオサ付近で夜になるまで待ちます。
やり方はイシス付近で夜にした時といっしょで、フィールドに出て
10歩ほど歩いてから城下町に入ってまたすぐに出て、を繰り返すのみ。
フィールドの音楽が
「タタタターン タタターン タタターン タタタ」
くらいのタイミングで城下町に入るのが理想です。

(※2011年10月2日14時頃追記)
前々から修正しようとして忘れてました。
ええ、なんでテドンにやみのランプがあるの忘れてたんだろう。
すっごい無駄な努力と工夫だったとさ(;´Д`)



そしてボストロールと戦闘になるわけですが…






ボストロール
「ご苦労だった…と言いたいところだが、君には消えてもらう。
貴様は知らんだろうが我がドラクエ25周年の闘争はここで勝利と言う終焉を迎える。
これから貴様はなんの手助けも受けず、ただひたすら、死ぬだけだ。
どこまでもがき苦しむか見せてもらおう。

ぬがよい。」


あまりにも無慈悲な暴力。
スカラ重ねがけすればほぼ完封だろ、という甘い見通しは
最終鬼畜痛恨の一撃にとって容赦なく叩き潰されることになりました。

痛恨で170くらいダメージ受けますが、運ゲー頼みでこれを受けない前提としても
スカラかける前だと50以上のダメージを受けます。それも2回攻撃。
しかも調べたらすばやさも80あるそうで、半々くらいでしか先制できません。
おまけにこいつもルカナンを使います。どないせえっちゅうねん。


こうなると当然、はんにゃのめんをなるべく使わないルール?
そんなんクソでも喰らえってんだと言わんばかりに
意気揚々とはんにゃのめんをジパングの洞窟で回収することになります。
ついでにカザーブでどくばりも回収しておいたので
メタル狩りも行い、レベルを17まで上げてメラミを覚えさせます。
ボストロールのHPは1500なので、毎ターン効けば18〜20発で片付く腹づもり。
なおジパングの洞窟の他の敵は、スカラさえ事前にかけておけば
あんまり怖くは無かったりします。ラリホーを使うだいおうガマ以外は。
きめんどうし?一人だとメダパニで混乱しても全く影響はないのはみなさん周知の通り。
だからこそはんにゃのめんが救済措置になるのですよ。

…と思い、今度こそとサマンオサに凱旋し
はんにゃのめんを装備していざラーのかがみを使おうとしたその時!


「ふとは 混乱していて
 ラーの鏡を 使えない。」


工エエェェ(´д`)ェェエエ工


なん…だと…!?
一人で混乱してても普通に移動できるし道具を渡すことはできるし
戦闘中一人だと混乱しててもコマンド通りに動く仕様なのに
なんでこんなとこだけリアリティを出そうとするんだホリィィィ!
いや、やりこんでる人にとっては常識なんでしょうけど本気で自分は知らなかったです。
ということは移動中にやくそうでの回復も、もちろんリレミトやルーラもできない、と。
だめじゃんこれ!事実上封印じゃん!
というか教会で呪い解く時壊さないように解けよ!この駄目神父!アホ神父!
なんで初期の作品は呪い解いたら消えちゃんだ!ガッデム!魔城ガッデム!

とはいえ。
せっかくのはんにゃのめん、ここで使わなかったらいつ使うのか。
やまたのおろちは攻撃力より炎が問題になりますし。いや実はこっちのほうが絶望度高いんだけど。
バラモスは………まあいいや。今は考えないことにしよう。(逃避)
道具が使えないなら、ここでだけ特例で勇者を生き返らせましょう。それくらい許してくだせぇ。

というわけで、焼け石に水ですがランシールでみかわしのふくを購入後
勇者を復活させて再度ボストロール戦へ。
勇者が死んでちゃんと行動できるようになってからが本番!今度こそ…!


あれれー?
スカラかけると守備力700超えるはずなのに
なんで20近くダメージ受けるのかなぁ?

んなもんこっちが聞きてぇよチクショウ。
カンダタの時に受けてた嫌な予感はまさにこのことだったのです。
そしてやくそうでもがいてる間に痛恨を受けて昇天。



………


うん、無理だわ、これ。
どうしようこの企画。



……To Be Continued...?
| kirby | 一般ゲーム | 21:15 | comments(2) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2011 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE