じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
神無月の停滞と霜月の憂鬱
いかん、昨今は10月から11月になると更新が止まる傾向があるッッ
ネタがないけど無理矢理にでも記事を作るんだ…!

という雑多なアレです。
10月中頃から今日までまた色々あって時間取れてませんでしたが
落ち着きそうなのでここから何かしらの巻き返しを図ります。
まあ、仕事しだいではまた右側の「ARCHIVES」のところが
November 2011 (1)
とかになってしまうかもしれませんが。
…いやいや、今週は俺屍のリメイク版と初音ミクのアレが出るじゃないか!
超仕事したくないのはわかるけど、しっかり人生へのモチベーションを高めていかないと…!



・FF名曲ランキング


VIPPERな俺:【動画】『FF名曲ランキング』 主題歌では「素敵だね(X)」、BGMでは「ザナルカンドにて(X)」が1位獲得


(リンク先>>1の記事よりコピペ)

>◎ファイナルファンタジー名曲ランキング
>
>主題歌編
>1位:RIKKI『素敵だね』
>2位:倖田來未『1000の言葉』
>3位:フェイ・ウォン『Eyes On Me』
>BGM編
>1位:植松伸夫『ザナルカンドにて』
>2位:植松伸夫『片翼の天使』
>3位:植松伸夫『ビッグブリッヂの死闘』


最近はこういうランキングをニワカだと言う人こそ実はニワカなような気がしてきてます。
まあ、もっと言えばゲームの知識でニワカだのなんだのと議論すること自体無意味の極致であって…
人気があるモノにはそれなりに理由がちゃんとあるんですよ。気持ちはわかるけど。

…と、ちょっと歳食って落ち着いてきたフリをしてみても
心の中では片翼の天使とビッグブリッヂは過大評価されすぎてる!とか
主題歌ってそんなに選択肢ないけど、Eyes On Meの一強でしょどう考えても!とか
ニワカなことを思ってしまう自分なのでした。いい加減大人になれ。
あ、ザナルカンドにては1位というのはとにかく、高評価には納得してます。
FFに限らずシリーズものの後半ナンバーを叩けば通ぶれるという風潮も自分はどうかと思う。


ちなみに自分のFFBGM歴代脳内1位は学生時代から不動です。
FF5より「はるかなる故郷」。





この曲を作ったという功績だけでも植松さんは歴史に名を残す権利があると思う。それくらい好きです。
まあ、TVゲームの歴史にはすでに名を刻んでおられると思いますが。
DQのBGM歴代脳内1位であり加えて自分のゲーム音楽全体ひっくるめて今なお永遠のベスト1である
「勇者の故郷」(DQ4より)
とペアにしてゲーム業界2大故郷と名づけようではないか!
読み方は違うけどね。(DQ側は「ゆうしゃのふるさと」)
あとゲーム中で聴ける機会が特定の時期に限定されてるのも
個人的には更なる高評価につながったと思います。

最近、好きな曲に3拍子が多いことに気がついたのですが
そういえば(今頃気が付きましたが)この曲も3拍子なんですね…
3拍子には自分のツボを突く何かしらの要素が共通して内包されているのでしょうか。



・iPhone4歴1年4ヶ月目

ジョブズ氏が亡くなってそろそろ1ヶ月くらいでしょうか。
叔父が昔から熱心な林檎好きで、自分もMacintosh Performaの6xxx台(正確な番号失念)を
昔はいじくりまわしてた時代がありました。
Word?Excel?フッ、通は黙ってクラリスワークスだぜ(キリッ
お絵かきソフト?Macなら標準搭載だぜ?見せてやろう、キッドピクスだ(ドヤッ
いじくりまわしてたと言ってもシムシティ2000とかに大ハマりしてただけだけどね!
この頃はもうAppleが潰れるのも時間の問題だろうなと思ってましたが
そこから今の隆盛を築き上げたジョブズ氏の手腕には今更ながら驚くべきものがあります。
それからは大学でiMacを使ってたり、第2世代からiPodも手に入れてたりと
少しずつAppleとの付き合いがありましたが、氏がいなくなったことで
これからどういうことになるのか少なからず注目しています。
というか今更Mac Book Airが欲しくなってきたよ!
こんなことならWin7の新しいノーパソをサブ機とかほざいて買うんじゃなかったよ!
悪いのはボーナスなんや…ひとえに金の魔力が悪いんや…

そんなわけで結構前から自分の携帯もiPhone4に変えていますが
凄い素晴らしいツールである反面、自分はそのポテンシャルを
ほぼゼロと言っていいくらいのレベルで引き出してないんだろうなと思います。
だって電話とMMS以外ではBB2CとウェザーニュースタッチとSafariしか使わないんだもん割とガチで。
ああそうだ、無料の懐中電灯アプリは地味に便利なので結構使ってたり。
しょっちゅうEvernoteとかGoodReaderあたりは必須!と目にはしますが
どうやって使うのかさっっっっっっっぱりわからんという昨今のオヤジ化っぷりがですね。
iPhone向けのゲームには食指が動かないし、他のアプリも本格的なモノにはやはり敵わないようで。
あ、でもタイトーから出てる「Infinity Gene」という現代版インベーダー的なゲームは面白いです。

3まではアホみたくプレーしてたダンスダンスレボリューションのiPhone版には
ちょっと興味を惹かれたのですが(傾きセンサーを使って踊ることも可能)
やっぱり案の定というかなんというか、版権の関係だと思いますが
好きな曲に限って入手出来ないという展開になったのが無念でして。
2ndの「If you were here」と3rdの「DAM DARIRAM」がないのは自分には痛すぎる。
まあ、曲データだけ別途購入方式なので、ハマらないほうが散財しなくて良かったかもですが。
というかPS版のソフトどこに行ったんだろう。なぜゲームが山積みなのに
たまにやりたくなるソフトに限って紛失するのか…!



・これは停滞なのか、それとも伝統なのか

私の従兄が眼前でプレーしてくれた初めてのファミコンソフト。
それは「スーパーマリオブラザーズ」で、私は確か小学生でした。
その凄さは甘くてクリーミーで、こんなに素晴らしいゲームをプレーさせてもらえる私は
きっと特別な存在なのだと感じました。
今では私は叔父さん。
甥にあげるのはもちろん「スーパーマリオブラザーズ」。
なぜなら、彼もまた、特別な存在だからです。

最近はじめてヴェルタースオリジナルを食べたのですが
クソ甘いだけだろと思ってたら意外とイケる味でした。
マジでCM通り甘くてクリーミーでした。

それはそれとして。
妹の出産のため我が家で3日ほど甥っ子(5)を預かってたのですが
たくさんの任天堂系中心のゲームコンテンツを揃えたにもかかわらず
一番興味を示したのはファミコンミニの元祖スーパーマリオブラザーズだったのです。
そこでわしが昔取った杵柄と言わんばかりに3−1で無限1UPしたりしながら
8−4までクリアして見せるともう目が輝く輝く。そしてぶつけられる飾りのない羨望の言葉。
あらやだわたし人生でこんなに他人から尊敬されたの初めてですわ!(←情けない)
名作は年月が過ぎても決して色褪せないんだなとちょっと嬉しかったその反面
あの時とは格段に進化しているように見える現状はもしかしたらユーザー側にとっては
大した前進にはなってないんじゃないか、という危惧を抱いてしまったりしました。
今ますます寒風が吹きつけているゲーム業界の今後を祈らずにはいられません。

あと、自分が小さい頃も「かーめーはーめーはーーーー!!!」とか
あのポーズ付きでよくやってたんですが、今5歳の甥っ子も自分と全く同じように
かーめーはーめーはーーーー!!! とやってくるのにはちょっと驚きました。
どんだけ世代を超えて愛されてるんだドラゴンボール。
それくらい化け物級のコンテンツだったってことですかね。
いずれにせよ、子供目線で語れる共通の作品があるのはありがたいことです。
ちょっと前まではファイナルなんとかライドウと言われながら蹴られるもんだから
何がなんだかわからんかったからなぁ。おじちゃんライドウ言われても葛葉しか出ないよ!


・美少女化の極致

そんなほのぼの系(一般人系とも言う)話題から一転して社会のボトムズまっしぐらな話ですが
最近増えた色々なモノを美少女化する萌えマーケットの流れ。
その決定版とも言うべきテーマの、それもエロゲーが開発中であることを知ってしまいました。

元サイトは当然18禁なので紹介しているアフィブログでご勘弁を。
むしろこっちのほうが見やすかったかもしれない。

歴史上の英雄を美少女化した世界大戦エロゲが凄すぎるwwwww : 【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)

まあ、三国志の人物を美少女化したエロゲー(恋姫無双)はだいぶ前に出てましたし
日本の歴史上の人物を以下同文した作品も自分が知らないだけで調べればきっとあると思います。
一般ゲー+イケメン化もOKなら本家無双とかBASARAとかもありますし。
こういうテーマの極致であるこのゲームがリリースされるのは
もはや時間の問題だったのかもしれません。

キャラの人選とか問題にならないんだろうか、と思うのがちらほらいますが
最近はブッダとイエスが立川市でルームシェアしてバカンスする漫画なんてのが
普通に大好評連載中だったりしますし、いくら18禁と一般漫画では雲泥の差があるといえど
これくらいなら大丈夫なんでしょう。たぶん。きっと。
ただベートーヴェンと伊能忠敬だけはちょっと抵抗があるのはなぜだろう。
当然エロゲだからこれらのキャラも作中で性的にアレコレされるわけですので
なんというか、うん。こういう時どんな顔をすればいいかわからないの。

でもこれ本当に、18禁じゃないほうが良かった気がする。
絵やキャラ設定はこういう方向性で、ゲーム的に真剣に煮詰めていきながら
元ネタの人物に詳しかったらわかる小ネタを多数混ぜるなどすれば
自分みたいな萌え豚兼ゲーマーが喜んで食いつきそうなのですが
メーカーがエロゲ専門なら仕方のないところなんでしょうかね。
エロゲになるとどうしてもゲーム性はあってないようなものになりそうですし。いや偏見かもですが。
だったらこのエロゲ版が大人気ならコンシューマ移植されるかも!PSVITA版待ったなし!
…という期待をするのは非常に危険です。なぜなら世間には戦極姫という前例がですね…



というわけで、バラエティに富んだ?話題4つでした。
| kirby | 雑記 | 23:58 | comments(16) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2011 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE