じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
【PSP版俺屍】○○家百代記 その2
 

このゲームほどプレー日記を書くに適しているゲームって
実はそうそうないと思ったりしています。
というわけで、あんまり進んでいませんが2回目。


<このプレーにおける方向性の概略>

・特に縛りプレーはしない
・難易度はあっさりとどっぷりを一番自分に都合のいいタイミングで使い分ける
・安易なリセットおよび攻略のたぐいはなるべくしない&見ない
・初代当主に本名入れてるので、当主の姓名は「○○ ××」で表記
・他の一族は全て名前委任
・PS版の範囲は基本的に全部ネタバレ
・失笑モノの内容はスルーすべし。まッ、所詮個人の日記サ



○1018年6月

初代当主、2度目の交神の巻。
このリメイク版でおそらく重要になる新要素「交神した神様の成長」について
ここから検証をはじめることにします。
最初の相手はくらげ女神の「水母ノくらら」で。
体の水が最重要なのは前に述べましたが、体の火もそれなりになければいけません。
その点でこのかたは(母方遺伝子のみですが)体の数値が軒並みバランスが取れているので
奉納点から考えても2度目に最適であると思われます。
というか、やっぱり何度プレーしても2回目はこのくらげ様になる。

んで、2ヶ月後に子供が家に来てから神様の成長と奉納点UPの件がイツ花より報告されます。
その結果はこちら。

奉納点 327→1222

うわやばい意外とぐぐっと伸びる。
ゲームバランス的には2度と同じランクに見ることはできないくらい増えました。
うーむ、本当に常に前進していかないと神様がネタギレになりそう。


○1018年7月〜8月

7月は特に何もなし。白骨城に行ったけどさしたる収穫はなく。
ここで余談ですが、各ダンジョンには序盤のうちに取得しておけば
大変便利な物品がいくつかあります。

・鳥居千万宮…なし
・相翼院…槍の指南、陽炎、お雫
・九重楼…くらら、お地母
・白骨城…早瀬

というわけで7月も早瀬を取りたかったのですが
これらの品々を序盤に手に入れようと欲するなら熱狂の赤い火に頼るしかないので
出たらラッキー程度に留めておかないと歯噛みしまくるハメになります。
7月は出ませんでしたのでやむなし。

8月はくらら様と初代当主との娘が到着します。綾乃と命名、当然弓使いに。
おそらく何かしら弱体化的なアレが奥義中心になされてると思いますが
使いやすさには大きな変化はない、と思う。
そして同月、九重楼に行き七天斉八起を撃破。2人しかいないのに選考試合出てもしゃーなし。
言うまでもなくこれはゲーム中最弱のボスです。あっさりなのでさらに楽勝。


○1018年9月〜10月

9月はどっかに行って何かしました。もう覚えてません。
一族史の項目もこのへんもう少し詳しく記載するようにして欲しかったかもしれない。
10月は初代当主の長女の交神。ちなみに長女の名前は莉女です。我ながらなんて読むんだこれ。
初代当主の最初の交神相手が魂寄せお蛍だったがゆえ彼女はどうしても攻撃力が足りません。
薙刀士だから余計に。というか、こんなに攻撃力低かったっけ…?
なので体の火に優れる愛染院明丸にしようと思いましたが
やっぱりステータスのバランスと奉納点の件で再考した結果
相手は十六夜伏丸(狼男)に決定。
相変わらず男神勢に色物が多いこのゲームですが、十六夜氏はその中でもイケメンなほうだと思います。

奉納点 778→3156

うわぁもう全然別人じゃないですかこれ。
「血がたぎりそうだ…」とか言ってたら少々たぎりすぎたでござるの巻。

そしてこの時の子供も娘っこでした。
1回交神した神がここまでランクアップすると
こっちの性別が偏ったら今後さらに相手に困るような気がしてきます。


○1018年11月

相翼院に行ったら4番目に赤い火が!!うををををををおおおおおどけどけどけぇぇぇぇぇ
と口に出してしまうほどに速くなる御守も使い全力で奥に突き進んだ結果
見事槍の指南と陽炎の術を入手しました!!!
やったッ!俺屍第3部完ッ!
…と言っても何割かは過言ではなかったくらいPS版で猛威を振るった陽炎ですが
今回間違いなく修正が入ってるはずなので、そこも研究対象です。
今後必須と言える槍使いも入手。12月到着の娘までに間に合いました。

あ、ついでに河童神を開放。朱ノ首輪を売って商業レベルを3に。
飛躍の月でした。


○1018年12月

十六夜伏丸と莉女の娘が到着。伊織という桂正和臭がする名前に決定、槍使いに。
他は特に何もありません。大江山への出陣もなし。
このへんから弓使いである当主の次女綾乃が伸び始めます。弓使いは本当便利。
ただ今回なぜか初代当主の剣士が妙に強いので(この時点で攻撃力300以上あったはず)
お株を奪うまでには至りませんでしたが。まあ、当主は3月には死ぬけど。
その点で薙刀士の長女莉女が攻撃力170しかない有様で
紅こべ大将が相手だと10前後しかダメージが通りません。
おかしいなぁ、いくら母が水神とはいえこんなに弱かったっけかな?
商業レベル3なのに店にもいい武器出ないし…


○1019年1月

初代の健康度が88に低下したものの、意に介さず出撃、鳥居千万宮の千くらいで経験値を稼ぎます。
2番目に赤い火が出ましたが、さしたる収穫はなし。もったいない。
復活したはずの七天斉八起は槍使い伊織の初陣のために取っときます。


○1019年2月

来月、初代当主が死にます。
前述したとおり残された一族は娘ばっかりで男神の需要が今後高まるはずなので
適当な奉納点の相手がいない!という状況を避けるため今際の際にもう一度初代当主に交神をさせます。
この時点で奉納点は2500ほどありますが、上昇値がいかほどか探るために
もう一度水母ノくらら様に相手をお願いすることにしました。

…って、また娘かよ!!(;´Д`)
なんという女系家族。

ちなみに2回目の交神の際はセリフが変わるようです。
1回目は
「はい、承りました」
だったのが
「名前で お呼びくださいませ」
に変更。ボイスも新録されてます。
なんだこのギャルゲーは!くららー!俺だー!交神してくれー!!
というか人間同士の子作りの生々しさを消すための交神システムなのに
このような一部紳士の血圧を上げるセリフとかいいんですか本当に。
だが私は一向にかまわんッッ

まあ、桝田さんのゲームに今更何をといえばそれまでですが。1回目でもアレなセリフ多いし。
そして奉納点。

奉納点 1222→3506

順調に神様ランクの出世街道を登るくらら(呼び捨て)。
もしかしてこのまま倍々に上がっていくんでしょうかね?
好きな神様を強くするのは意外と手間がかからなさそうな反面
本格的に同レベルの神様の不足が今後懸念されます。
翌々月以降○○家は娘4人体制になるというのに…
あっさりだったらそう心配することもないかもしれませんが。


○1019年3月

そして初代当主の永眠。
初代なのに攻撃力300越えとか結構なアタッカーだったと思います。
その反面体力は200ちょいまでしか行かなかったけど。

初代当主 信条:報本反始
(意味:天地や祖先などの恩に報いること。人が天地や祖先など、
 存在の根本に感謝し報い、発生のはじめに思いを致すこと)
1年6ヶ月で永眠。

「俺の死を 悲しむ暇があるなら、
 一歩でも 前へ行け
 決して 振り向くな
 子供たちよ…
 俺の屍を 越えてゆけッ」

何度聞いてもこのセリフはかっこいいですね。
この当主と同姓同名の俺など何百年生きてもこんなん言えません。
信条も素敵だったし。え?俺の信条?「八方美人」ですが何か?

というわけで初代当主の長女莉女が初代の芳名××を受け継ぎ、
今月は初陣の槍使い・伊織と3人で九重楼へ。七天斉という名の奉納点自動回収装置を叩き壊し
内部でちまちま戦って帰還。やっぱ九重楼内部の曲は何度聴いても良い。
初代当主の攻撃力を軽く上回りそうな成長を遂げる伊織に今後の期待が大いにかかります。
これがこのゲームの醍醐味…!


今回はここで終わりです。
3月が明けて4月に4人目の娘が来たけどそこからは次回に。
あー久々にゲーム目的で仕事休みてぇ。


<1019年3月現在の○○家>

(当主)莉女 女 薙刀士 1歳3ヶ月 好物:きくらげ
    綾乃 女 弓使い 0歳7ヶ月 前世:芸人
    伊織 女 槍使い 0歳3ヶ月 悩み:影が薄い
| kirby | 一般ゲーム | 01:16 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2011 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE