じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
近況報告その他
今回の記事は時間節約のため
推敲なし箇条書きぐだぐだモードを採用しております。
ちなみに、下に行けば行くほど人を選ぶ内容になっているので
ご了承ください。




<連絡事項みたいなもの>

コメント欄でちょっと書きましたが
7月31日から8月6日まで出張のため留守にします。
そのため、本日夜およびこの週はおそらく記事作成とか返信とかが
できなくなると思いますのでご了承ください。

※ただし、射命機4号とこのブログサービスの仕様と
出張先での仕事状況などにより予定が未定になる可能性もございます。
あらかじめご了承ください。


<月残業時間80時間弱だけど、それでも>

Wiiのドラゴンクエストソードやってみたよー。

なんつうか、自分で斬ったり防御したりできるってのは
なんだかんだで凄く面白いです。全く新しい操作体系ですし。
ただ、RPGというジャンル的には大いに疑問が残るところ。
その最大の理由が、フィールドはたまに分かれ道を選択する以外は
全部一本道であり、毎回全く同じ場所で同じ組み合わせの敵とエンカウントする

ところ。
1章ごとに戦績と称してスコアが出てくるあたりを考えても、RPGというよりは
アクションやシューティングっぽいゲーム性と言える気がしなくもないわけで。
あと、5時間でもうレベル32とか行ってるので、量的なボリュームは
かなり少ないと推察します。

もしこれがWiiのロンチ(本体同時発売)だったら
ハードの売り上げの初動が全然違うものになってたとは思います。
個人的にはそれくらい惜しいゲーム。
いや本当に面白いんですよ?面白いからこそこの
ゲーム進行の際における柔軟性のなさはとても残念なわけで。
今回は新しい試みの実験作みたいなものとして、次回に期待でしょうか。


<そんなWiiのバーチャルコンソールに>

ついに大魔界村キタ━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━!!!!

いやぁ正直、せっかくバーチャルコンソールにメガドライブのソフトがあるにもかかわらず
なぜこれがリストアップされていないのか意味不明だった
わけですが
ようやくこれでVC始まったなと声を大にして言えます。

まあ、Wiiでネットできる環境がまだないんですけどね(;´Д`)

しかし大魔界村は本当に続編としてはよくできています。
「続編殺しのカプコン」という異名からはかけ離れた出来です。
最近ではあの裁判ゲームの4作目でこの異名を実感できますね。
というか個人的には4は完全にパラレルワールド扱いにして欲しいのですがまあそれはそれ。
なぜ大魔界村だけここまで完成度高くて、SFCの超魔界村はなぜか
あまり面白味がなかったのか言葉ではなかなか説明できませんが
何かしら大のほうには潜在意識レベルでひきつけられる何かがあったのでしょう。

ちなみに当時を知る知り合いに同じ疑問をぶつけてみると
「超魔界村は2段ジャンプできるからなのと、上下に攻撃できないから」
とのこと。
…なるほどなと思う。


    〜〜〜〜ここらへんがアレとナニの境界〜〜〜〜


<体・験・版! 体・験・版!>






( ゚ Д゚) …


( ゚Д゚ )



ついにこの時が来てしまいました。

今までと同じ環境でプレーすると1面が常時40fpsほどしか出ません。
これではもう完全に別ゲームです。
フルスクリーンにして、色を16bitに落とせばギリギリ60近くは出ますが
それでも
・各ボスのカットイン表示時
・自分被弾時
・みのりこの通常のうにょーんがいっぱい出たとき
・雛嬢の一部スペカ(というかペインフロー以外全部)
においてかなりの処理落ちが確認されています。
今まで騙し騙しやってきましたがついにオンボードの限界が訪れたようです。
製品版が手に入る9月中旬〜下旬くらいまでにはなんとしてでもPCの買い替えを
実行してしまわねばなりません。というか、いい機会なので今度こそやります。

他、色々語りたいことはありますが
とりあえず1ボス・3道中・3ボス曲が今回のフェイバリットです。
神主の曲でオール3拍子の曲は今回がはじめてなのではないでしょうか。
メイドと血の懐中時計・彼岸帰航は部分的に3拍子だったし
今昔幻想郷とポイズンボディは3拍子というより6拍子だったし。

・道中曲ベスト5
妖2≧紅3>妖Ph>永5≧妖5

・ボス曲ベスト5
妖6>妖3>永6A≧紅Ex≧紅6

のマイランキングの中に今回の曲がどこまで食い込めるか今から楽しみです。
まあ、このランキングはその日の気分でコロコロランク外と入れ替わりますけど(意味ねぇ)。
でも妖3と6は常に順位不動だから困る。

あ、今の最高記録はNormalだとギリギリ1億点超えたくらいです。


<そうだ東京に逝こう>

さてそんなわけですので(何がだ)、
8月17日金曜日に東京に行けないかとちょっと前までずっと思案していました。
でも正直、お盆休みすらあるかないか本気でわからない状況なので
こないな中俺だけ休み取るなんて色々と許されないのです。だって部長様に叱られるから。
さすがに自分の運命をダークサイドに堕とすわけにはいきません。
本家と緋想天の体験版の2つのみに狙いを絞って入手後即帰る予定だったので
17日でなくて例年通り19日だったらまだギリギリなんとかなったかもですが
やっぱりなかなかうまくいかないものですね…。


<最近本当にあったネタのような話>

会社ぐるみで付き合いの深い(らしい)某所のスナックに行った際、
従業員の女の子の名前が「らん」と「ゆかり」だった件。
冗談みたいですが本当です。ママさんが紹介しているのを聞いた時は
素で食ってた野菜スティック吹きかけましたとも。(;´Д`)
いやそりゃ両方ともよくある名前ですが、自分の狭い行動範囲で
偶然2つ揃うってのもなかなか運命の悪戯度高いと思ったりしたわけで。

あと、土曜日のおなじみ浜村淳のラジオ番組における映画紹介で
誰か実在した歌姫と呼ばれた人の伝記的内容の映画が紹介されてましたが
その際「あなたの名前は野暮ったくてダメね、改名しなさい。
××(名前忘れた)って名前がいいわ、ここの言葉で「雀」って意味よ」
って内容のセリフが浜村さんによって読み上げられた時もびっくりしたのなんの。
なんというか、偶然って恐ろしいですね。
人生にはなんの影響も支障もない瑣末な偶然ですが、それでも何かしらのチカラを感じます。



<最後に謎すぎる一言>

500ページって何。500ページって。
このマイルームず保存スペースの絶望感をどう打開すればいいのやら。
(↑じゃあ買うな)
| kirby | 自分 | 02:10 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE