じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
やばい、霜月が終わってしまう
 

<ブログ放置までのあらすじ>

ポケモンやってました(苦笑)




まあ、まだ現在進行形なんですけどね。
最新作のブラックはクリア後にソロプレイでちまちま楽しもうと思ってましたが
残念なことにできることがあまり多くない上に調べれば調べるほど
ゲーム本編と関係ない要素のダメっぷりがわかってきたので
やめようと一旦は思ったものの、ポケモンを再開するきっかけになった甥っ子の
ぜんしんからあふれるポケモンへのラブはさらに加速しながらちょうのまいを積んでいくに等しい状況なので
バトンタッチ対象として一つ前のハートゴールドをプレーし始めたら
もしかしたらこっちのほうが面白くないだろうか、とうっすら思いつつ
今日もムウマちゃんを連れ歩きして悦に入るりかけいのおっさんがいるのでした。チャオ!


そんな流れでブラックを中断するに至りました。クリア後のイメージダウンが大きくて…
ブラックシティが最初からなぜか廃墟になってて、仕様を調べてげんなりしたのも痛いところですが
それに輪をかけて酷いと思ったのがパソコンと連動するドリームワールドとかいう企画。
「きのみ」が全然手に入らない上にゲーム内では育てられないのはこの企画の割を食ってるから、というのと
夢特性とかいう特殊な性能を持ったポケモンはこのゲームと関係ないモノを
長期間に渡ってプレーしないといけない廃人以外誰が得するんだ仕様でして
サファリゾーンとかカジノとかコンテストとかそのへんの要素を排除してまで
入れるべきものだったのかなぁと思います。というかこういうのはゲーム内でやろうよ。
あと夢特性にもキャラによってはかなり酷いのがあるみたいですね。
厨ポケと言われるカイリューやキュウコンなんて見とうはなかった…!
その前にやることがあるでしょうに!レディアンとかスピアーとか本格的に終わってる子の救済とか!
ただでさえ強いのをさらに強くしてどうするんですか。かそくバシャーモとか正気かこれ。
両方ともゲーム単品で楽しめるようにしてバランス調整をうまくやれば
コンセプト自体は面白いだけに大化けする可能性があると思っただけにもったいない。

もうひとつすごい細かいことですが、メタグロスとかキングドラとかミロカロスとかクロバットとかが
野生で普通に出てくる(レアエンカウントなのは間違いないけど)のは
ちょっとなんだかなぁと思ってしまいます。
特にクロバットとか進化条件を考えると物凄い悲劇の連鎖が巻き起こってる予感。
その割にはポケモンの顔と呼ぶべきピカチュウがどこにもいなかったりするし。
だから俺みたいなブランク空いた奴が甥っ子にピカチュウせがまれて困ってるんだよド阿呆がッ

まあでも、何気に一番痛いのはブラックホワイトがスタンドアローン状態で
ここからどこにも移動できないことかもしれませんけどね。
というかなぜ前の世代と互換性切ったのよ!
返して!あたしのリーフグリーン産ひかえめミュウツーを返してっ!



というわけでハートゴールドなわけです。
とりあえずユーザーインターフェイスについては(これでも不満点は多々ありますが)
つくづくブラックホワイト(以下「BW」)の担当者はリストラものじゃないかと思うくらいです。
なんでこのレベルから何もかもが大幅に劣化するのか…
L=A機能と常時ダッシュ機能があるだけで劇的にプレイ環境が違います。
携帯機ならなおさら。本当にもう、BWのアレは冗談抜きでなんだったんだろう。
あと、先頭ポケがフィールドに表示されて話すとリアクションを返してくれる
連れ歩きシステムがかなりいい感じです。ムウマちゃんそんなにじーっと見つめられると僕は僕はねウフフ
ラプラスがあの巨体でどうやって陸地でのそのそついてきてるのか、など色々重箱の隅をつつきたくなりますが
こまけぇこたぁいいんだよ。かわいいし。

今にして考えると、ドット絵が主体のグラフィックのメリットはこのへんではないかと思います。
リアルに考えたらビジュアル的に破綻している光景もグラフィック的に
違和感なく描写できる、というのは仮想世界を描写するにあたって素晴らしいことだと思います。
最近の実写に近づきつつあるグラフィックはもちろん素晴らしい演出力を期待できるわけですが
見た目で破綻なく描き込まねばならないという縛りもそこには介在しているわけで…
かがくのちからというのは時に難しいものですね。

それはとにかく、BWでもこの連れ歩きがあればなぁとちょっと思いました。
一部の新ポケはデザイン的に色々物議をかもしているようですし
かく言う自分もダメだと思うものはかなりアレだと思うのですが
良デザインが特にくさ・むしに多いので、次回作(というかマイナーチェンジ版)では搭載希望です。
体長10cmのバチュルが必死こいてよちよち後ろからついてくる…最高のショウだとは思わんかねぐへへ
それとは逆にギャロップとかいかにもライドオンできそうなのには乗って移動できるようにして欲しいとも。
ペンドラーに乗ってヒウンシティの人の波に突っ込んでモーゼの奇跡としゃれこみたい。どくのトゲ?こまけぇこたぁ(略
あとストーリー上でNが語ってる理想論とも連れ歩きシステムは相性がいいと思いますし。
まあ、彼はそんなこと言う割には普通にモンスターボール使ってたりするので
そのへんのキャラ設定の描写不足もついでになんとかなればとも思います。

だいぶ話がそれましたが、ハートゴールドは他にもポケスロンなど
「ゲーム内容に関わりがあるけど強制じゃない」ミニゲームの充実ぶりや
初回殿堂入り後の内容の多さなども手伝って現在進行形でプレー中です。
やっぱりカントーのトレーナー戦の曲は凄くかっこいい。アレンジも悪くなかったです。
これと今回のライバル戦曲の両者だけはガチだと思います。

最後に、新たに今回ホウオウと戦うときの曲がえらくツボに入ったので自分用に置いておきます。
リメイク前は通常戦闘曲だったはずなので不意を突かれました。



和の心。
このシリーズの戦闘曲は似たような雰囲気の曲になってしまうだけに
こういうのは新鮮です。



…あまりブログ止めないようにしないと…
2005年7月から2006年2月まで止めてたのも似たような原因だったので
なるべく放置しないように心がけたいです。
| kirby | 一般ゲーム | 03:43 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE