じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
三月精の3つめの2巻目

の話。


うちにある1巻はまだ帯付きで置いてるのですが
1巻の帯が「みんなのおかげでコンプエース5周年!!」で
2巻の帯が「みんなのおかげでコンプエース6周年!!」という
見事な使い回しぶりを見つけてしまいました。
これもまたエコの時代なのかもしれません。


 
 

最初に基本情報から。
収録話は9話「長太の妖貝」から13話「すずめ百まで」まで。
まさかつい最近に出たみすちーの話まで載ってるとは予想外でした。
ともあれありがたいです。これで2冊ある分厚い書物を処分できる…!
収録曲はいずれも妖精大戦争の既出曲
「年中夢中の好奇心」「真夜中のフェアリーダンス」「妖精大戦争」
でした。
フェアリーダンスと妖精大戦争は音源変更程度のアレンジですが
年中夢中はベースラインの音が大幅に変わっていて
卯酉東海道の千年幻想郷やラクトガールくらいのアレンジという感じです。


さて今回収録されてる5話のうち
「地霊殿メンバーが1コマだけ勢揃いしてる電波塔の回」と
「よく考えたら『雀が口にくわえて貯め込んだ米粒から雀酒が出来た』ということは
 みすちーが雀酒を復興させる過程について今一度真剣に考察する必要があるよね!な回」
の2話は過去の記事紹介しているので
ここでは省き残りの3話について思ったことを書き連ねることにします。



<第9話:長太の妖貝>


霊夢「妖精も新聞を読むのねぇ…これは気をつけないとね、天狗の煽動に(キリッ」

文「謎の空中都市が巫女の姿に気付き逃げ去った!これはスクープです!」
霊夢「そ、そーなのかー! だとしたらやっぱ妖怪の仕業ね!」
魔理沙「天狗怖すぎワロタ」

なんだか昨今の霊夢はカリスマブレイクと言われて久しいあのお方と同じくらいの勢いで
神秘性というか孤高っぽさというかそのへんの何かがこぼれ落ちてる感じがします。
後述しますが化け狸はあっさり看破してたのになぜ文には幾度と無くダマされるのだろう。
紫の言う事も文句ばっか言いながら割と素直に聞いてたりしますし
チカラの強い妖怪相手だと案外親交を重ねたらコロッといっちゃうタイプなんだろうか。
まあ、このへんはだんだん人間っぽさが増していると解釈することもできますが。

他、蜃気楼を見せる妖怪とかつて存在した海について、という
何度か取り上げられている「海のない幻想郷」の話の断片が見える感じです。
いつかSTG本編でも海に関する話が出るのかもしれないですが
それに向けての伏線的なものかもしれないしそうでないかもしれません。
しかし、三月精のみならず他のキャラも幼くなっていってるとよく聞く当作品ですが
この話の文を見てると確信せざるをえません。特に最初のカラーのコマ。
すごく…太まし むちむちです…



<第11話:満月の化かし合い>


しっぽまりさ。(マリオ3的なノリで)

原作に見た目を偽って騙すような能力のキャラっていませんので(ぬえは近いけど)
この化け狸が真の姿っぽい感じでいつか本編に登場することを
獣っ娘推進倶楽部部員として心よりお待ちいたしております。
まあ、喋り方がじじいっぽかったので真の姿を見せると大ナマズみたいなのかもしれませんが。
そもそもたぬき自体があんまり女性型の擬人化に向かない動物というイメージが…
…しましたが、相手があの神主なのをすっかり忘れてました。何の問題もないですね。

文にころっと騙された(2年ぶり2度目)霊夢とはうってかわって
この話では化け狸の悪巧みを見抜き余裕のある態度で応対するという
巫女としてのカリスマに満ち溢れた話になっています。
若輩者に対しては問答無用で氷の豪速球をぶつけるなど
かつてはよく垣間見られたほのかな外道ぶりもちょっとしたアクセントになっています。
なお、霊夢は比良坂さん的には左利きに加え左投げであることも判明。
やっぱり妖怪相手になるとキャラクター性がいきいきと描写されてますね。


<12話:紅白信仰合戦>


幻想郷トップレベルで欲にまみれた人間が
ご利益は欲が全てだと言い張る巫女に何か言う話。
やっぱり命蓮寺も商売敵だと認識しているみたいですね。
(風神録の頃から)まるで成長していない…

このへんの流れは本来なら読み流すところですが
新作神霊廟のテーマに「欲」が深く関わってきそうなことを考えると
なかなか見逃せない会話ではあります。
命蓮寺側は神霊廟に出ないっぽいのが残念なところですが
神社とそれを支える信仰の源は欲望にある、という霊夢の考えは
神霊廟でもそれを踏まえた展開が出てきそうです。

さらにモブ扱いで命蓮寺側のキャラが勢揃いしてるとこも見逃せません。
寅ちゃんとの身長比ですごく小さいナズーリンと
割と普通に雑巾がけとかやってる感じのぬえが特に印象的です。

そしてもうひとつこの話のハイライトが
「ZUNさんいわく『参拝に来てもおかしくないキャラ』をせっかくだから全員出してみました」
とあとがきで比良坂さんが述べてたお祭り騒ぎの光景。
小さいけどいろんなキャラが見れるとあってまさに俺得です。
とりあえず昔のコント番組みたいなベタ過ぎる悪人フォームのてゐが素敵。

○参拝に来てるキャラのまとめ(だいたい登場順だけど順不同)

ルーミア・リグル・ミスティア・チルノ・てゐ・文・レティ・小傘・萃香・
小町・妹紅・藍・橙・はたて・天子・咲夜・レミリア・紫・鈴仙・雛・
妖夢・幽々子・アリス・静葉・穣子・お燐・おくう・にとり・慧音?

おおまかに来てないメンツは
・紅魔館勢の一部
・プリズムリバー
・永遠亭勢の一部
・小町以外の花映塚勢
・守矢神社組
・旧都組+古明地姉妹
・命蓮寺組
という感じでしょうか。
いずれも商売敵だったり、封じられたメンツだったり、あまりアクティブに動くイメージがなかったりと
来ない理由が割と明確に想像できるキャラが多いです。
え?プリズムリバー?きっと大晦日コンサートの予定があるんですよ!花映塚は…いやまあその。
その反面、来てるキャラのほうにちょっと意外なキャラもいたりします。
紫とか色々幻想郷の秩序を考える立場の大物がこんなとこでルナチャのふうきみそ食べてるなんて…!
あと、静葉・穣子・雛といった神様勢が神社に来る…のは間違ってないかもですが
妖怪に混ざって射的に興じてるというのは神様的にどうなんだろうという。
まあ、お酒か宴会が絡めば全てのいざこざやしがらみがまったりと流されるのが
幻想郷という世界観の魅力の一つでもあるので、こういう描写はファンとしては
喜ぶべきところなのかもしれません。

ところで、「みずあじ」に客が来ないのはわかりますが
「虫すくい」に客は来たのだろうか…
賑わってるところで店の描写がないので地味に気になります。
どんな光景かは容易に想像できるので、来てない可能性が圧倒的ですが。
それでもカラーうさぎを餌的な目で見てた(ような気がする)
おくうちゃんならきっと何とかしてくれる…! か?


というわけで、新刊の話でした。
この間も述べましたが、台詞のあるキャラが定番のメンツのみだった中
ミスティアがセリフつきで登場したのは今後の大きな期待材料です。


※なお、三月精の漫画なのに3人組に関してのコメントが
 いっさいなかった気がしますが仕様です
| kirby | 同人ゲーム | 00:06 | comments(4) | - |
自分はいつぞやのページ数からの予想の通りでした。<5話収録
年中夢中だけアレンジは意表をつかれました。(何)<CD

13話のレスをここで。
みすちー屋台の卵は八目鰻の卵じゃないですかね?どんな形か知りませんが。(ぉ
もしくは、地霊殿のテキストでゆで卵食べてたうにゅほのように
卵はセーフとか。(ぉ
むしろ、1コマ以上の登場で一回とカウントすると6回目の登場にして
初めて名前が紹介されたのに吹きました。(ぉ<ミスティア

化け狸は毎年の恒例行事だから予想がついて
文や紫の話は初耳の場合が多いから騙されるんじゃないですかね?
幻想郷に鬼はいません→実は地底にいました、のような流れもあるかもですが
単純に幻想郷は標高が高い場所にあるから海がないってだけの話の可能性も。

妖怪に男がいないと誰が言った。(何)雲山とか。<化け狸
むしろ、(たぶん比良坂さん判断では)小傘は命蓮寺サイドじゃないんですね。
あんな限界まで描き込まれてることを考えると
他のキャラも居た可能性が。<来てないメンツ
逆に言うと、屋台8つぐらいでそんなに博麗神社に密集するもんなんだろうか。(何)
どう見ても、普通の姉妹です。本t(ry<秋姉妹
| NaotO | 2011/03/30 1:19 AM |
年中夢中は題名を伏せてイントロだけ聴くと
普通に新曲だと勘違いするくらいにはアレンジされてましたね。

リアル八目鰻はややグロいの覚悟でググってみましたが
卵自体はとてもおでんに使えるような感じではなかったです。
もしかしたら雀以外(おくうは鴉以外)の鳥類の卵ならセーフなのかもしれません(死)。
リグルとルーミアは何回目の登場で名前紹介になるのだろうか…(何)
そういえばそうですね。普通に納得です(汗)<化け狸は恒例行事〜
でも昨今は「海がない」ことを強調することが多いように思えるので
裏をかいて後付で設定が追加される可能性のほうが高いように感じます。
そういや、地霊殿前の二次創作で萃香の孤独感を描写した作品がいくつもありましたが
今見ると時代の流れを実感しますね(何)<実は地底にいました

「獣っ娘」推進倶楽部なのであくまで少女形態を強く希望します(死)<男がいない〜
というかあの口調で姿が少女になったらなんとなく怒ると
「無礼者が!万死に値するぞ!」とか言い出しそうです(謎)。
あとがきに「ほとんど全員」と書いてますので
確かにもしかしたらあと数人はいるのかもしれないですね。<メンツ
厄を吸う雛が来れるならメディスンも来れると思うんだ(何)。
漫画内で見えた屋台は一部に過ぎないのでは、と思いましたが
見直してみると鳥居の位置的にどう見ても8つくらいしかないですね。
それくらい幻想郷住人はお祭りが異常に好きということで(何)。<密集
| kirby | 2011/03/31 12:26 AM |
啄木鳥に対しては「くー、泣けないねぇ。馬鹿だねぇ」なノリだったことを考えると
同種以外はそうでもないのかもですね。<みすちー
そもそも、モブで再登場も保障されてない気もしますが。(苦笑)<リグルとルーミア
でも、望郷の思い的なものは今ももっているんじゃ・・・
と思いましたが、ダブルスポイラーで普通に旧都にいる萃香。(死)
というか、今更気付きましたが雛とか小傘も地底に入ってるけど
地上の妖怪は云々って地霊殿以降はなかったことになったんだろうか。

ネイピアですね。わかります。(何)<無礼者が!〜
どの辺りに建物構えているかわかりませんが、命蓮寺は里の人間や
下っ端妖怪が来るでしょうが、洩矢家が可哀想なことになるような。(苦笑)<密集
| NaotO | 2011/04/01 1:27 AM |
リアル鳥の習性を考えればおおよそそんな感じだと思います。<同種以外は〜
ダブルスポイラーの背景は単に深い理由はなくレベルごとに
一番それらしいものに固定してるだけじゃないですかね?
ナズ星白蓮ぬえあたりは解決してるはずなのにまだ魔界・法界にいることになりますし…
でもまあ、お燐おくうが普通に外に出てますし(非想天則や三月精)
やっぱり地以降は地底との境界も曖昧になってるのかもですね。
妖の時に冥界との境界が曖昧になったのと似たようなもので。
でも自分も萃香には望郷の想いを持ち続けて欲しいのでちょっと複雑です(何)。

実はヴァルキリープロファイルのジェラードのつもりだったのですが
検索して調べてみると意外と他の台詞はそれっぽくなかったので
ネイピアのほうに訂正しておきます(何)。<無礼者が〜
というか、世界樹3が止まってるのをこの流れで思い出しました(死)。
守矢神社は妖怪の山の天狗や河童達で賑わいそうな気もします。
たぶん今回博麗神社にいなかった椛はそっちに行ってるんじゃないかなぁとか。
| kirby | 2011/04/03 12:22 AM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE