じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
そして盆休みは終わる
そう、今年も何ら建設的なサムシングを構築することなく。

明日からまた灼熱とワンパターンの社会に戻らなければならないと思うと
うんざりを通り越して笑いすらこみ上げてきます。
しかも私情で左足に変なハンデまで背負って戦場に戻らなければならないという…

自分語り記事を最近作ってなかったので言い忘れてましたが
1ヶ月前から左足の親指と足首が常時麻痺状態になって
踏みしめることはできても一切上に上がらなくなる奇病に悩まされてたりします。
人間が歩く時は無意識に足首を上げて地面に引っかからないようにしてるのですが
それができないので普通に歩くと3歩くらいで背後から必殺技を食らったかのごとく
派手に躓きます。それはもう俺の人生のように。
なので常に左足だけマーチングバンドみたいな歩き方をしなければならない現実。
ただでさえデカいキモいで目立つ風貌なのにこのザマだから始末におえません。
前世で何か地味に悪いことしたんだろうか俺。地味に。

整形外科に行ったらあっさり病名が判明したのが救いですが
3ヶ月様子を見なければいけないという長期戦の様相を提示された時は大きなため息が出ました。
まんげつそうみたいな特効薬を期待してた自分の甘さに辟易します。
代わりにメチコバールという名前のパッケージが真っ赤に染まった不吉なお薬をいただきましたが
薬局の人に中身なんですかこれと聞いたら単なるビタミンB12だそうで。
おまけに錠剤自体は綺麗な乳白色で、チョコラBBのほうが100倍禍々しいレベル。
こんなんで良くなるんだろうかと思いつつも、ちまちま飲んでる最近のわたしです。

…実は歩き方云々よりキツいのは、痛みも何もない局所麻痺なものだから
逆にそんな都合のいい麻痺なんてあるのかよみたいな風潮が会社内で起こってて
暑いからサボりたいんだろみたいな流れが影で起こってる気配がするとこですかね。
サボるならもっと大手振ってサボっとるわごるぁ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
1年半無遅刻無欠勤無早退なめんなよちくしょう! …ちくしょう_| ̄|○
まあ、皆勤という社会人として当たり前なことしか誇れない時点で終わってますし
人望得られてないのは自業自得と言ってしかるべきだとは思いますが。
やっぱ全体的にもっと頑張るべきなのは事実だよなぁ。


というわけでリアルの愚痴はこのへんにして
よーしこの4日ある盆休みこそ積みゲーを少しでも進めるぞーという矢先に
なんで俺は
テイルズオブエターニア(PSP版)
をわざわざ入手してきてプレーしてるのか。
しかも13時間も。
新規のゲームやれよ。FF4といいなんで移植ものばっかプレーするのか。あたしってほんとバカ。
動機はちょっと部屋を掃除してたら当時の攻略本が出てきたもので
読んでるうちにやりたくなってきたから、とか
ああそういえばちょっと前に当ブログのコメント欄でもちょっと話題になったよなぁとか
昔某国営アルバイトが超暇で休憩時間数時間とかだった時に家からわざわざPS2持って来て
空き部屋でクリアするまでプレーした変な思い出が蘇ってきたからとか
そのへんです。

確かエターニアはテイルズの3作目だったと思うのですが
シリーズ物3作目の法則に漏れず、この作品がシリーズ最高だと今でも思ってます。
まあ、リメイク版デスティニーまでしか自分はプレーしてませんが。

細かい粗はありますが、システム的にはこの作品でほぼ完成形なんですよね。
余計な付加要素が組み込まれてないぶん逆にシンプルに楽しめます。
戦闘の面白さ的にはたぶん後発のほうが面白いとは思うのですが
(現にリメイクデスティニーは戦闘の楽しさは半端なかったですし)
必要以上にごちゃごちゃしてないという長所もあると思いますし。
まあ、リバースみたいにシステムが凄く独特なのもあれはあれで好きでしたが。
リバースは正直過小評価されすぎだと思う。話と主人公が凄くめんどくさいのが足かせなのだろうか。

あと、シナリオがテイルズにしてはあんまりめんどくさくなかったり
主人公のリッドさんも変に熱血してるわけでも必要以上に斜に構えてるわけでもなく
極端なキャラ付けをされていないところも個人的には好印象。
代わりにヒロインのファラさんが実に面倒臭い性格してるのですが
ちゃんとストーリー上理由がありますし、何よりだいぶ声の良さに助けられてると思うし。
でも俺はテイルズでは男キャラならフォッグ、女キャラならメルディが一番好きです。わいーる!(*゚ー゚)
メルディは正直某リノアなみに評価の分かれるキャラだと思うのですが
なぜか好きなのです。なぜだろう。やっぱ声だろうか。ふぃぶりる!ふぃぶりる!(*^ー^)
似たような系統のアーチェやコレットは聞いてて眉をしかめるのですが
なぜこちらはかわいく聴こえるのだろうか。不思議。
だから彼女を最初は出世の道具としか見てなかったにも関わらず
紆余曲折あって最後には彼女といい感じになってるキールさんは
レオノア百科全書の光晶霊学部門の巻のカドっこで頭打って氏ね。
あるいはドカターク効果によってグロビュール歪曲が起きたオルバース界面に巻き込まれて氏ね。
もしくは「キールが木をきーる(笑)」のスキットで凍死して氏ね。
クレスさんの「僕は絶対にダオスをだおす」の足元にも及ばぬわ。
でも特にスキット的には一番面白いキャラなので許します。

なんだかだいぶ脱線しました。お前「ドカターク効果」って言いたいだけちゃうんかと。
ともあれ、このエターニアがゲーム的に一番いいのではと個人的には思います。
PSPの移植は完全にベタ移植で一切手が加わってませんが(ポケステのゲームは当然消えたっぽいけど)
そこは逆にありがたいところかと。
現にファンタジアは移植されまくってる割にはどんどん劣化して行ってますし…

強いて大きな欠点を述べるなら、音楽が全く印象に残らないところくらいでしょうか。まあ、これはテイルズの宿命ですが。
作曲者の桜庭さんは「いい桜庭さん」と「よくない桜庭さん」がいて
テイルズの担当は大抵よくない桜庭さんのほうだからなぁ。
いい桜庭さんはトライエースのほうに回ってた印象があります。今はどうなんだろう。
特にいのまたさんがキャラデザしたテイルズは輪をかけて音楽の印象が薄いです。
ファンタジアやシンフォニアあたりはなんだかんだで結構記憶に残る曲があるのですが。
ただ、後半の通常戦闘曲だけは凄く好き。
これだけでもだいぶモチベーションが上がります。


というわけで。
長々と書きましたが、結論はただひとつ。

…働きたくないでござる。
| kirby | 自分 | 13:48 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE