じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
2012年を振り返る 同人ゲーム編
 

毎年やってるまとめのようなものです。
今年はあまり動きがなかった、という点では
一般ゲーム編と似たような状況ではありますが、恒例行事として。
こちらも来年が特に期待できそうです。

(※記事最下層あたりに先日頒布された心綺楼体験版のネタバレあり)


 
 


これを書いてる頃は、C83の3日めもおそらく無事に終わったのだと思いますが
今回は900サークル以上もあるジャンルが丸々参加を見合わせる事態になるという
なんとも怖いことが起きてしまっています。
何が怖いかって、あらゆるジャンルで明日は我が身になるかもしれないことでありまして。
事態の一刻も早い収束を願っております。
というかこの件、直筆の手紙とか実際に硫化水素発生装置も置かれたりとか
結構前から起きてるみたいですが、こんなこと言っちゃいけないのでしょうが
警察は何してはるんですか。ただでさえ遠隔操作ウイルスでの誤認逮捕とかやらかしてるというのに…!

その一方でこのような心温まるニュースも。
ああ、去年から始まったタイガーマスク運動はまだ続いてるんだなぁ、
この心身ともに極寒の時代に微笑ましいニュースだなと思って読み進むと…
…なんというか「しわくちゃの1万円札が15枚」というあたりが妙にリアル感があります。
普段は悪態ばかりついてる裏で、皆に隠れて必死に働いてお金を貯めたんだね!



・鳥船遺跡と伊弉諾物質

今年は秘封倶楽部の年でした。
5作目の大空魔術が2006年夏の頒布で、これ以降二度と出ないかもしれないと
思われていた状況から一転、春夏と2作の頒布でした。
神主の結婚という事情から生まれた今年の展開でしたが、たまにはこういうのもいいですね。
CD曲にはSTG曲にはない魅力がありますので、今後もシリーズの展開が続くのであれば
時折秘封の年を挟むのもいいと思います。むしろ挟んでください。

オリジナルの曲は計10曲ありましたが、特に伊弉諾物質のほうは
全体的に素晴らしい出来だと思います。このアコースティックギターの爽やかな旨みったらもうね。
アガルタの風と日本中の不思議を集めては前の記事でも言いましたが今年の一押し曲であります。
特に日本中の〜の「ちょっと寂しさの残るグッドエンド感」が素晴らしいです。
夏の終わりの夕暮れに聴くととても雰囲気に浸れました。冬の夜に聴く雪月桜花の国みたいに。
鳥船遺跡では天鳥船神社の結界における重厚で神秘的なクライマックス感と
トロヤ群の密林から来る未知の世界のフィールド曲感が好きです。
アレンジ曲はハルトマン・妖怪裏参道・アンノウンXのように
原曲のイメージとちょっと違う感じになってる曲が好きです。
特に妖怪裏参道は神霊廟プレー時はEx道中でこんなパッとしない曲なんて…と思ってましたが
だいぶ伊弉諾物質版でイメージが変わりました。


・ありがとう三月精、こんにちは鈴奈庵

三月精が(松倉版から合わせて)7年の歴史に幕を下ろしました。
比良坂さんの担当期間だけでも6年と、シリーズの書籍連載担当の象徴だっただけに
終わったのは今なお寂しさがぬぐい去れません。
今後は原作では描けなかったモノを存分に披露できる二次創作の場での
活躍に期待しております。ほら、三月精ではなかなか八雲一家描けませんでしたし!

…「幻想郷が水没する二次創作」の続きを地味に待ってるのですが
今回も出なかったのはやっぱり自粛的な感じゆえなのでしょうか。

そしてそれから約半年、角川から新たな連載「東方鈴奈庵」が開始されました。
まだ第1話しか見ておらず、評価はコミックス発売後になると思いますが
1話の時点で圧倒的な画力をこれでもかと披露しており
今後の展開に大いに期待できると思います。特に妖怪の復権的な意味で。


・茨歌仙がこの先生きのこるには

いや、作品の評価の問題じゃなくて、Febriが経営的にヤバくね?的な意味で…
隔月発売の本が「リニューアルと称して」1冊発売が飛んだのは正直フラグにしか見え…うぐっげほごほ

今年は2巻が出ましたが、風祝さんが妙に可愛かった以外は
主役回りに大きな展開はまだなかった感じでした。
来年は早くも連載3年目になりますが、いよいよ核心に迫ってくるのでしょうか。
特に華扇の正体絡みに期待しています。とりあえず来年は3巻発売でしょうかね。


・新書籍:求聞口授の編纂が終了

読み物としても設定資料集的な役割としても大ボリュームだった書籍。
これに関しては個別記事にもうアホみたいに長文書き連ねたので
ここでこれ以上何かしら語るアレはないと思います。
読みこめばまだまだ色々見つかるものはありそうですけどね。
特に心綺楼のストーリーを踏まえると、この本で描かれた内容が
なかなか重要な意味を持ちそうなので、今から再チェックしてみるのも一興かもしれません。
あとあずまさんのヤマメが見れたのも嬉しかったです。


・TH13.5弾!東方心綺楼!

…の、体験版がC83で頒布されました。
その中で雲居一輪がプレイヤーキャラとして参戦決定。
まだ動画しか見てませんが、とりあえずかっこ良さは抜群でした。
ええい、Web体験版はいつ出るのだ…!
見た限りではとてもスタンドっぽくてオラオラっぽいアレを連想させますが
それ以外になんと言っても上空から拳骨を叩き落とす技が惚れ惚れします。
以前から格闘ゲーム映えするだろうなと一部で言われて来ましたが
実際に見てみるとやはり間違ってなかったですね。

しかし、自分でもすっかり忘れてましたが
過去にこんなことがあったのです。

【朗報】俺監督、実は少し前の記事で一輪の参戦を予測していた

大穴枠でですけど、でもちゃんと
>雲山を縦横無尽にアレして戦う一輪とかちょっと見てみたいです。
とか本文に書いちゃったりもしてるし凄いですね!まさに俺采配ズバリ!(ドヤァァァァ
なお、OP絵巻で割と思いっきり雲山っぽいモノがあったことには
今の今まで気がつかなかったようです。やっぱ節穴だね(ガッカリ

一輪ステージでは後ろのギャラリーメンツも充実していると同時に
ああ、やっぱりナズとぬえの参戦は叶わなかったか、という寂しさもあります。
まだギャラリー=操作できないと決まってはいませんし、出てくれるだけでも嬉しいですけどね。
ロッドをガシガシして応援するナズのこのかわいさったらありません。
ちなみに参戦当確が噂されている白蓮・星以外には小傘・響子・マミゾウもここにいませんでしたが
ということはまだこの3者にはチャンスが残されているということですね!
…え?小傘は神霊廟での設定では寺に入信してない?そんなん知らん、わからん。
あと背景にプリズムリバー姉妹がいるということを考えて
時代親父とハイカラ少女のアレンジは姉妹が演奏してるっぽい感じになることを期待します。
動画だけではまだ曲の細部がわからぬのですよ。良い感じではあると思いますが。

そういえば、口授での命蓮寺との繋がり絡みでお燐の参戦希望も多く見かけますが
皆さん命蓮寺入信を断られた人はお燐以外にもう一人いることを
お忘れじゃないですかねぇ…?(手に黄色いロープを持ちながら)
まあそもそも、口授を踏まえた神vs仏vs道の三つ巴がテーマになりそうな作品で
地霊殿勢が絡めるかどうかはかなり疑問視ではありますが…


というわけで、来年はこの心綺楼や2本の書籍連載に加え
14弾目に相当するSTGの新作が登場するかもしれないと考えると
まだまだ熱気が冷めることはなさそうです。

願わくば2013年度の幻想郷においても、たくさんの伊弉諾物質が見つからんことを。
| kirby | 同人ゲーム | 18:50 | comments(4) | - |
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ここ数年は年明け感が全く無いので前の記事のレスで書き忘れてました。(死)

いつぞやの時より一見正確な情報になったように見えて
ゲームアニメってなんぞw<心温まるニュース

これ見て1回飛んでることを知りました。(死)<Febri
キャラ☆メルは既に一度休刊という強力なフラグをへし折ってるので
むしろ大丈夫なんじゃないかと。

自分も動画しか見てませんが、格ゲー映えする妹紅も出ないかなぁ、と思いました。<一輪
博麗神社以外のステージにもギャラリーがいることを考えると
ギャラリーでも参戦するかもですね。
全部で何人参戦するかもわからない時点では一輪確定以外は
今まで同様妄想するしかないですね。(何)
とりあえず、ぴょこぴょこしてるリリーホワイトかわいい。(何)
| NaotO | 2013/01/01 5:45 PM |
あけましてやまめとうございます。こちらこそよろしくお願いします。
自分も最近年明けっぽさは微塵もないですが、このブログで報告することで
なんとかあけおめ感を補充しています(何)。

一昨年のアリスの時に比べればまだ正確になりましたが
「アニメ」部分が惜しいところでしたね(何)<心温まる〜
まあ、休刊後Febriになってからはそんなに予算かけてる感じでもないですし
大丈夫だとは思いたいです。<フラグ

そういえば何度か言ってましたが、妹紅こそ格ゲー映えしますよね。
見てみたいですが、やっぱりテーマ的になかなか出てる光景が想像できなくて…
非の諏訪子の例もありますし、ギャラリーでも参戦可能性はゼロではないと思います。
霊夢魔理沙新キャラで3〜4人、神・仏・道キャラが3人ずつの計12〜13人あたりが
ぎりぎり現実化できそうなラインかなぁ、という感じがします。<参戦キャラの妄想
いきなり緋想天並の15人を用意するってのは難しそうですし。
★…参戦決定 ☆…絵巻的に参戦濃厚 として
神:??? ??? ???
仏:★一輪 ☆白蓮 ☆星
道:☆神子 ☆布都 ???
となると、誰が空欄に入ってくるのでしょうか…
リリーは妖精にしては身長が高く見えて大人びてるなー的な印象がありました(何)。
全体的に今回は等身が高くなってるからかもですが。
| kirby | 2013/01/01 9:12 PM |
人間の里が大変なことになってるってストーリーなので
慧音とか妹紅は出ないと違くね?って気はしますが
魔理沙の今作の肩書きで判断が難しくなった感も。(何)
神勢は守矢一家以外あるのか?って思いますが
今作の新キャラが神勢の可能性はあるかもですね。
リリーはプリバ姉妹と同じぐらいのラインにいると思うので
三月精や妖精メイドと同じぐらいの身長じゃないですか?
| NaotO | 2013/01/03 12:16 PM |
魔理沙の肩書きに「人間代表」と思いっきり書かれたのは
確かに不安材料ですね…<慧音とか妹紅の出番
神様勢には非想天則でストーリーのなかったおくうと諏訪子が入って欲しいですが
確かに神勢が守矢一家以外考えにくそうなのでおくうの出番はやっぱ厳しいなぁ(死)
そういえば、遠近を全然把握してなかったです。<リリーの身長
プリバより小さいのは明らかですし、やっぱり妖精は妖精ですね(何)。
| kirby | 2013/01/07 12:50 AM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE