じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
ジョジョの奇妙な冒険ASB おわり
「しかし承太郎…これでわしゃ、2度目だぞ。
 人生で2回もバンナムのジョジョゲーを掴まされるなんて、そんなことあるかなぁ」
「2度とアイツらの作るゲームは買わねえ」

ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル、怒りの最終話ッ!!


『Dirty DLCs Done Dirt Cheap』

(いともたやすく行われるえげつない課金)




 


本題に入る前に日記。

発売から遡ること一週間前の話ですが、ようやく第7部を読破してきました。
昨今のネットカフェって凄いですね。寝転べるしネットし放題だしジュース飲み放題だし
ソフトクリーム食べ放題だしボタンひとつで食事注文できるし。
ジャイロ!あいつら毎日こんなの食べてんのか!ポコロコ…じゃないロコモコ丼だ!
スゴイぞ!ハンバーグと卵も入ってる!

6部までの知識だけでもゲーム自体を楽しむに大きな障害はないと思いもしましたが
やはりファンとしてどうにも納得がいかなかったゆえに。
「納得」は全てに優先するぜッ!でないとオレは前へ進めねえッ!
総合的に1巻から読むとストーリーの要所は盛り上がっててさすがの面白さだった反面
世間の評判でよく耳にする、若干の中だるみ感があったのも事実だったと思います。
特にちゃんとレースしてた第1チェックポイントから、ようこそ男の世界への人あたりまでが顕著で
もしかしたらここらへんでリタイアした読者も少なくないからなのかもしれません。
「お前は楕円球を投げたのだ」とか「Lesson5はこのために」とか
今までのPVで謎のスタイリッシュな台詞としか認識してなかったボイスにも
ちゃんと収録されるだけの理由があったんだ、と納得できてスゲー爽やかな気分です。
まあ、黄金の回転っていくらなんでも万能すぎね?とか結局ラブトレインの能力ってよくわからんとか
サ(ウ)ンドマンってもうマジでなんだったんだとか、大統領撃破後は蛇足感強くないかとか
色々あるにはありますが、総合的にはやはりジョジョでした。
なお、第8部を読んでる時間はなかった模様。無念。

というわけで日記はほどほどにして
今回は登場キャラについておさらいをしつつ
ファーストインプレッションを思いのまま羅列するッ!

…予定でした。


       提  供

「まったく こりない 悪びれない
  バンダイナムコゲームス」

ネットを彷徨ってるとよく見るこの文句が載ってるアニメのキャプチャー画像。
少し昔に1部ゲーに裏切られた記憶も喉元すぎればなんとやら、
見るたびに他人事だと思って薄ら笑いを浮かべていたものです。

…なぜ、人は学ばないのか。
いや、学んでなかったわけじゃない。
ただ、盲目だったんだ。このゲームへの“期待”に、目を奪われていただけなんだ…


発売数日前に、デフォルト収録キャラが全公開&重ちーがDLCで登場の知らせを聞いて
おいおい老ジョセフは?あと6部7部ちょっと冷遇すぎやしませんか?
最低限アナスイとウェザーとディエゴは出すべきだろーがよォ〜〜〜!!
できればF・Fとかウェカピポあたりも出ないかなぁ、左半身失調とかちょっと再現難しいかもしれないけど
まッ、それっぽさが出てれば細かいことは気にしねーし、出たらいいなァ〜〜〜…
…とか色々期待を寄せていました。

でもそれすらも、もはやどうでもいいことです。本当にもうどうでもいいです。
この作品に限りDLCは気にしないと今までキッパリ言ってきたのに…
スマン、ありゃウソだった。

重ちー600円までは予想してたのです。バンナムならやりかねない、と。
おまえら何やってるんだバンダイ・ナムコーーーッ!
(配信開始の)スピードはともかく(600円という値段の)理由を言えーーーッ!
…という文句をニヤニヤしながらこの記事に叩きこみつつ
裏ではこっそり好きなキャラが出たら600円払うつもりでした。
今冷静に考えればこの値段設定もかなりイカレてますが、発売前は本当に気にならなかったんです。
自分はとんでもない甘ちゃんでした。スピードワゴンに罵られても何も言い返せないほどに。
バンナムの「漆黒の意志」を舐めきってました。

キャンペーンモードというのが酷い。もう本当に酷い。
率直な感想を一言で述べると「終わってる」の一言です。
ジョジョ台詞のパロディで茶化すのすら生ぬるい。
本当は「このクソ野郎が」くらい言いたいけど、もう若くない歳になって久しいので自粛します。


<キャンペーンモードの概略>

このモードはキャラの隠しボイスや隠しコスチュームなど(カスタマイズアイテム)を
開放するためにただひたすらCPUと戦うだけのモードなんだ!

まずスタミナが10メモリあるね!これを1メモリ消費して対戦相手を探そう!
いわゆるザコ扱いとボス扱いのキャラがいるけど、ボスに出会える確率はおおむね数%だよ!
でも一度ボスと出会えたら10分間だけ同じボスが出続けるよ!やったね!
もちろんレアボイスやレアコスはボスしか持ってないよ!頑張って!

対戦相手を撃破できた!やったね!でも1回で終わりじゃないよ!
ボスには通常の対戦で使う体力とは別にHPが設定されてるんだ!
1500〜7000くらいまであるけど、1回勝っても250しか減らないよ!
もしもっとダメージを与えたかったら事前にスタミナをたくさん消費しよう!
あ、それとボスのHPは24時間毎に一定数回復するから頑張ってね!

スタミナは1メモリ回復するのに実際のプレー時間で20分必要だよ!
え?ボス再登場時間は10分しかないのに待てない?お金払って回復させてね!1個30円だよ!
あと1個で1メモリしか回復しないからよろぴくね!今なら30個まとめ買いで更に割引!お得だね!


やったね!課金したおかげでボスを撃破したよ!スゴイ時間とお金がかかったね!レアコスゲットだ!
え?せっかく倒したのにこのアイテムはもう持ってるだって?
残念!ダブっちゃったね!また最初から頑張って!


(※↑9月8日23時半ごろ補足)
と早とちりしてましたが、ダブったメダルは「成長」するの間違いで
勝てたら何かしら新しいモノが入手できるのは間違いないようです。
怒りのあまりデマくさいこと書いてしまいました。お詫び致します。


いやあもう、書いてるだけで腹が立ってきましたよ!本当に不愉快です。心の底から不愉快。
フルプライスのゲームでこんなソシャゲみたいな暴挙許せます?
あまつさえ、これらの隠しボイスや隠しコスチュームでキャラを自由にカスタマイズしよう!という情報は
事前に発表されていたにも関わらず、このモードの存在がアナウンスされたのは発売日の前日という。
おまけにそもそも、オンライン環境がない場合はなんとこのモード自体をプレーできません。
もうね、一言で言うと汚い。やり口が汚すぎる。
これでまだゲーム内容的に見どころがあればいいのですが、前述のとおり
たとえ課金がなかろうがやってることは「ひたすら弱いCPUをフルボッコにし続けるだけ」です。

今頃になって大慌てで「待ち時間20分を5分にします!」とか言い始めたけど
というかまずこんな便器に吐き出されたタンカスみたいなモードなくしちまえよって思ったりしましたが
自分はいい年こいてるのでこのような若々しい暴言は決して口にせず心に秘めておきます。
というか本当に「大慌て」だったんですかね?
3部でインドに上陸した時現地の露天商からポルナレフがぼったくられるあの流れと
同じようにしか自分は見えません。「本当はこれでも十分利益が出るもんねー」みたいな。
騙されちゃいけません。こんなカエルの小便よりもゲスなやり口を考える連中のことです。
ここまで織り込み済みでも不思議ではありません。

ここらへんの怒りはamazonのレビューを見ていただければ
当記事よりももっと簡潔に、もっと精緻に、もっと激的に、もっと詳細に
嫌というほど述べられてますのでむしろそちらを参考にして欲しいくらいです。
評価の高いレビューの文章のウマさにはちょっと嫉妬します。

でもキャンペーンモードって言ってもおまけ要素の充実が目的でしょ?
そのほかの部分が良かったらいいんじゃないの?課金しなけりゃ。
…とお思いのあなた。大丈夫です。他も大概酷いです。相当。

ここまでエラソーなことぶっこきまくった分際ですみませんが、自分は格闘ゲームが昔から「E−超ニガテ」です。
もちろん成長性すらEです。このゲームでも昇龍コマンド以上の技がなかなか出せません。
誰だよ昇竜拳は前に進みながら波動拳打てばOKって言ったの!全然出ないやん!
なので、ゲームバランス方面については自分からは深く触れないことにします。
巷では手軽な永久コンボが今なお現在進行形で続々発見されてたり
バランスがむちゃくちゃで結局「ジャンプ攻撃当ててそこからイージービート」
しかやることがないとかスティックコキコキしてたら必ずジャストガードできるとか
世間の評判を聞くと散々な評価を下されているようですが
コキコキ以外自分の腕では再現できなかったのでここらへんは置いといて
自分が何より気になったのは、とにかく本当に殴っても殴っても体力が減らないこと。
単純に全ての技の攻撃力を2倍にしてちょうどいいくらいのような気がする。
おかげでロード時間も本体インストールなのに地味に長い(10〜15秒くらい?)ことや
最初こそ感動するものの慣れると長いと感じる必殺・超必殺技の演出も
呼び水となって非常なテンポの悪さを醸し出しています。
ちなみに事実、CPUに関しては上記の方法だけでだいたい圧倒して勝利できます。
それだけは自分の手で確認しました。ストーリーモードだと例外もありますが。

問題は対戦部分以外の問題として、そもそもソロプレイをするための環境が
全く整っていないとこです。前述のキャンペーンモードがネット接続必須であることも含めて。

ストーリーモードがとにかくダメ。
キャンペーンモードが拝金主義にまみれた汚物なら
こちらは手抜きと妥協の果てに生まれた空虚と呼んで差し支えありません。


<ストーリーモードの概略>

1:10〜20行程度の文章のみで導入ストーリーの説明をする(ナレーションにはボイス付き)
  その間、紙芝居や立ち絵も出さず背景の変更すらせず、冗談抜きで同じ背景と文章のみ

2:ローディング中に数行〜数十行の文章で次の対戦までのストーリーの説明をする
  その他は項目1に準ずるが、この時はボイスすらつかない

3:CPUと対戦

4:手順2〜3を数回繰り返す

5:最後の対戦に勝ったら、残りのストーリーを文章で説明して終わり
  一応原作キャラの台詞がボイス付きで流れる部分もあるが、その他は項目1に準ずる


これだけです。イベントシーン?ムービー?ミニゲーム?ifストーリー?そんなもの…ウチにはないよ…
特に酷いのが5・6・7部のストーリーで、例えば5部なら
「ジョルノvsブチャラティ」→「ブチャラティvsディアボロ」→「ジョルノvsディアボロ」
の3対戦だけでストーリーは終わりです。
もちろん各対戦のシチュエーションは原作に準じるので、最初のブチャラティと対戦した後は
トリッシュをボスに届けた直後にブチャラティが裏切るところまで話がキングクリムゾンばりにすっ飛びます。
その間の話はだいたい10行足らずの文章で補完されるのみ。ここはどの部でもそうですけどね。
原作で見た心震える名シーンや名台詞など一切おかまいなし。
え?ナランチャ?ミスタ?なんとメインキャラなのにストーリーには一切出てきません。
他、6部は「徐倫vsプッチ」を3回やって終わり。エルメェスは出てきません。
3戦目はメイドインヘブン状態で戦うことになり、敵の神父が加速するかと思いきや
徐倫の動きを鈍くしてそれっぽくする無理ゲーを要求されます。このゲームの最難関です。

さらにさらに、途中のCPU戦でも原作のストーリーを基準にした舞台設定や
キャラの使える技の制限などごく一部を除き一切しておりません。本当にただ「戦う」だけ。
毎回よくわからない基準で定められた謎のハンデを負わされているのと
カプコン5部ゲーのシークレットファクターみたいに何かしらの条件を満たせば
ボーナスが加算される程度の変化しかありません。
そもそもこのゲームはステージ数が異様に少ないので、原作再現に不可欠な
シチュエーションを用意すること自体に無理があるのです。

以下にその片鱗を列挙します。
1部の初戦はツェペリとの波紋の修行ですが、これはディオの館のバルコニーで行われます。
この時のジョナサンは修行をしてなくても波紋を完璧にマスターしており、LUCKとPLUCKの剣も初期装備です。
2部の初戦は同じくシーザーとの波紋の修行ですが、これも最終決戦の地である闘技場が舞台です。
しかも背景ではカーズ様とリサリサ先生が父兄参観日のごとく穏やかに見守ってくれています。
3部の初戦は牢屋にいる承太郎にアヴドゥルが挑むとこですが
対戦が始まるとあら不思議、最終目的地エジプト・カイロ市街にワープします。
しかも9回か10回くらいあるバトルは全てカイロ市街で行われる上に
言うまでもなく最初のアヴドゥル戦から承太郎は時を止められます。
4部もやっぱり初戦から最後まで消防車・救急車完備です。
おまけにエンディングで杉本鈴美が別れを告げる際、一番肝心な露伴とのやりとりがありません。
ただでさえ極限まで手抜きなのに話の最低限のツボすら踏まえてないとかなめとんのかゴルァ
5部のジョルノは当たり前のように初戦からゴールド・エクスペリエンス・レクイエムを使えます。
7部の初戦はジョニィにLessonするジャイロという名目で始まるのですが
言うまでもなく最初から黄金回転のボール・ブレイカーまで使えます。

そもそもこのキャラ数で原作のストーリーを追うなんてどう考えても無理であることは
素人でも容易に予測がつくもので、てっきり発売直前まで自分は
オリジナルのストーリーを作るか、もしくはアーケードモードのみだと思ってました。
というかストーリーモードがあるにしろ普通アーケードモードくらい搭載しますよね?
ええ、当然そんなもんありません。
原作のストーリーをもし本気で追おうとしたら、それこそカプコンの3部ゲー(PS版)のような
ミニゲームと演出で再現するなどの工夫が必要になると思いますし、
事実この工夫が功を奏して同ゲームはかなりの高評価を得ているわけなのですが
ASBからはこういう境地に達しようとする覚悟など1ミクロンたりとも感じ取れません。
だいたい前述しましたが、いくらなんでもステージが少なすぎでしょう。
ステージギミックが現状ではほとんどシステムとして機能しておらず、むしろこれも
テンポを阻害する一因になってる現状を考えたらいっそ全部とっぱらって
そのぶんの労力をステージ作成に回すべきだったと考えます。
原作愛を大々的に語るなら、少なくとも今の3倍はステージが必要だったはずです。

んでここからは個人的意見の極致になりますが、この有様なら自分はやっぱり
キャラごった煮のオリジナルストーリーを作ったほうがまだ良かったと思うのです。
例えばFF(6部のキャラじゃなくてファイナルのほう)のオールスターゲー的なディシディアは
異なるシリーズのキャラを共存させるための舞台と台本が整えてありました。
他、無双OROCHIシリーズやスマブラXでも似たような試みがなされています。違和感うんぬんはとにかくとして。
せっかくジョジョだと世界が一巡するとかD4Cとかパラレルワールド的な設定も
比較的違和感なく導入することができるのですから、多少無理矢理にでも
この2例のような異世界的舞台と話を作ったほうが良かったと思います。
8部のストーリーはそれに近いノリがあったのでまだマシでした。皮肉なことですが。
原作のストーリーなどそれこそ「ジョジョの豆知識を楽しみやがれ!ボケがッ!」
の人のところでテキストで説明すればよかったと思うんですよ。
んで、上述した感じのオリジナルストーリーとアーケードモードに加え
原作のアツいバトルを言葉ではなく心で理解したいッ!って人のために
現状のストーリーモードを一戦ずつ個別に切り取ってより細部にこだわって原作再現をする
シナリオモード的なものとバーサス・プラクティスの計5モードくらいあれば良かったのに、と思います。

いっちょまえに文句ばっか言いやがって、じゃあオンライン対戦すればいいッ!
格闘ゲームの肝は“対人戦”じゃあないかッ!というそこのあなた。残念でした。
オンラインは現状でラグがひどくてなかなかまともに対戦できません。おまけにロビー作成も観戦機能もなし。
こんな状況でも、永久コンボを自粛しつつ酷いシステムの中でギリギリのゲーム性を探したり
某世紀末覇者漫画のごとく秩序の崩壊したゲームバランスを笑い飛ばしながら
プラクティスで黙々と各キャラの永久やシステムの不具合を探し続けたり
オン対戦時にはラグを考慮に入れて相手の永久を自分の永久で返したりなど
なんとかして楽しみを見出そうとしている誇り高き猛者&達人の方々には頭が下がります。
真の「黄金の精神」はここにあるのかもしれない…!

いやぁしかし、某クロスレビューでこれに40点満点をつけるとは驚きましたね。
こんなにもろもろのアレを露骨にやるとは、ファミ通も本格的にもうダメなのですね。
あと他の要素があまりにも酷いんでもはや誰も言ってないのですが
予約特典のあれ、間違っても「メモ帳」なんて言いませんよね?
これだったらサプライズ的な要素として伏せておいたほうが良かったのでは。

加えてここもあまり取り沙汰されませんが、効果音が物凄くダメなのも痛い。
特に剣系やガオン系の打撃音が顕著で、なんというかヒュパヒュパって感じで全く迫力がありません。
この点はPVの第1弾の時点で気になってて、完成までにはちゃんと良くなると思ってました。
でも最近は他のゲームでも似たような傾向があるので、もしかしたらCERO的なアレで
あまりリアルな音を出すわけにはいかないからかもしれませんが。


…とまあ、ここまでバンナムのゴミっぷり(直球)を列挙しましたが
実はいいところもあります。

言うまでもなくキャラグラフィックは一級品です。ここだけは諸手を上げて賞賛したいです。
あと特に擬音の描き文字をしっかり再現しているのも好印象でした。
こんなにジョジョっぽいモデリングのキャラをこんなにジョジョっぽいモーションで動かせて
なおかつこんなにジョジョっぽい演出が入った各種必殺技もある!
と書くとすっごいファン待望のゲームに見えてくるんですけどね。ですけどね…
ただこのゲーム、30fpsという点でも格闘ゲーマーからは相当言われてますが
もしもこの凄まじい完成度のモデリングと引き換えにfpsが下がったのなら
それはそれで残念なことだなとは思いますが。

あとボイス周りはさすがに有名ドコロの声優さんを揃えた(らしい)かいがあって
好みの差は当然あるでしょうが、全体的にどのキャラもだいたい素晴らしい演技です。
特に徐倫の声が素晴らしい。本っっ当素晴らしい。イメージ通りな上に超かっこいい。
ラッシュ時のオラオラがどの主人公より気合入ってるとことか「決着ゥゥーーーッ!!」とか大好き。
声優さんの名前でググって調べても知ってる作品がひとつもなかったのが口惜しいですが
とりあえず名前だけはしっかり覚えておきます。というか今からでも6部のアニメ作って欲しいくらいです。
エルメェスもプッチも大ハマリ役で演技力も素晴らしいだけに余計にそう感じます。
6部ストーリーの最後はプッチ役のかたがすごい熱の入った断末魔を演じてくれたのに加え
最後のエンポリオの台詞はわかっていても涙を誘います。
なぜここまでの素材が揃っててストーリーモードがあんなヌケサクなのか…


…というわけで。
ジョジョ愛なんてスタッフには元からなかったんだろ、金儲けの道具に使いやがって−−
−という批判もよく目にしますが、自分はこの点だけはそうは思いません。
少なくともグラフィック周りやボイス絡みの要素からはあふれんばかりの原作愛を感じ取れました。色々アラはあるけど。
ジョジョの世界をゲームの舞台に落とし込むこと『だけ』に関しては「可能な限りの」仕事はしたと思います。
時間もマンパワーも有限です。どこかで見切りを付けなきゃいけないのはやむをえないでしょう。
これだけの素材があるのですから、もしかしたら今後は少なくとも戦闘バランスと
オンラインのラグに関してはパッチで修正されていくのかもしれません。
ストーリーとキャンペーンとステージ数は変わらないでしょうが、もしバランス周りが修正できたら
少なくとも佳作くらいのゲームにはなるんだろうとは思います。
確実にマイナスの位置にいるこのゲームに、ゼロに向かって歩きたい意志があればの話ですが。

でも自分はもういいです。
何を今更、とヘビーゲーマーの方々は思うかもしれませんが
バンナムがここまで見下げ果てた存在だとは思いませんでした。
このゲームがきっかけで、先延ばしにしまくってきた7部を読む決意ができたってとこだけは感謝します。
今は大統領にとどめを刺す時のジョニィのような気持ちですけどね。信じさせて欲しかった。
この惨状にはただただ、残念です。怒りでも悲しみでもない、ただ残念なだけ。
それしか言う言葉が見つからない…さようなら、ASB…さようなら…

実は、ナムコって昔は凄くいい会社だったんですよ。
今の若い子はご存じないと思いますが、それはもう…
| kirby | 一般ゲーム | 16:34 | comments(7) | - |
じゃあ、リンゴォの辺りは読んだ記憶があるので
ほぼウルトラジャンプ掲載分しか読んでない
自分は丁度良い辺りから読めてたみたいですね。(死)<7部の中だるみ感

兄が買いましたが、製品寿命は2日でした。<ASB
楽天では既に3990円というまさに(ものすごい)スピード(で)ワゴン(行き)だったようです。
キャンペーンモードってそんなモードだったんですね。
やっぱり読み込み時間のネオジオCDを彷彿させる長さを見た瞬間
終わってるなぁと思いますよね。(何)
ストーリーモードに関しては大川さん(ナレーションの中の人)
お疲れ様でした、以外の言葉が出ませんでしたね。
クロスレビューなんて10年以上前からゲームとファミ通を批判するための材料でしょ?(真顔)
あれは小人用なんですよ、きっと。(死)<メモ帳

格ゲーじゃなくて某マリグナみたいに必殺技集のPVの方が良かったのかもですね。(苦笑)
沢城さんの一般人でも知ってる可能性がある役は
去年、次元以外の声優が交代したルパンの不二子と
スト4のキャミィぐらいでしょうね。(何)<徐倫の声
アニメは10月から再放送だから4月から3部のくるか?ってなってるようです。
https://www.youtube.com/watch?v=qke6ZsWJ7Gk
キングオブキングスとか曲が好きでした<昔のナムコ
↑何故、わざわざそんなマイナーな上に開発はアトラスのゲームを挙げる(死)
| NaotO | 2013/09/09 12:35 AM |
実際、リンゴォ以前までの話が全然メインに絡まないことを考えると
ウルトラジャンプ移籍から読み始めたのは正解だったと思います(何)<7部

結局、自分は製品寿命4日くらいでした。もっと早く開封しておけばよかった…<ASB
自分はこの記事を書き始める土曜の昼間に3500円で中古屋に売り抜けましたが
実際に確認した店舗で既に買取価格が2000円切ってるとこもあってビビりました(汗)
ゲーム内容に関してはもうあらゆる意味で唾棄すべき邪悪だと思いますが
ナレーションのかたにだけは直立不動で敬礼したいです(何)。
ASBの後に、某心が綺麗な楼閣同人ゲーを最高設定(60fps)でプレーすると爽快なのなんのって…
でもここまで露骨に「お金で点数を買いました」感が溢れてるケースは
今までになかったと思います。皆周知の事実だとはいえ…<クロスレビュー
実際の枚数も2〜3枚くらいしかないアレをメモ帳と言って渡したら怒りのあまり
一寸法師でも針の刀でシルバーチャリオッツの真似事するレベルだと思います(何)<メモ帳

正直ASBは、PVを作って盛り上げる能力だけはすごかったと思います(何)。<マリグナみたいに
むしろルパンの声優変わったんですね。知らなかったです。
まあ、銭形警部の方は亡くなったし、他も結構なお歳ですからね…
うわあ超懐かしい。小学生の頃よく友達と対戦したんですよこれ。<キングオブキングス
これの思い出だけで100行は語れますがそれは置いといて、タイトルの曲が好きでした。
子供心になんかいい意味でファミコンっぽくない曲調だなと思ってましたが
開発が後のアトラスと聞いて納得しました。
| kirby | 2013/09/09 10:43 PM |
自分のPCでは最高設定だと快適にプレイできません orz<弾幕ACT3(何)
むしろ、輝針城もスペカ次第で撃破時に処理落ちするレベルなのでスペック上げないダメかもです。
一寸法師なら打出の小槌で…と思いましたが
2、3枚ではやっぱりチラシの裏レベルですね。(苦笑)<メモ帳

次元の中の人も80歳なんですが生涯次元をやってもらうんでしょうかね。(何)
子供の頃に兄がプレイしてたのを見てましたが、ゲームの内容自体はうろ覚えでも
曲が独特だったことは憶えてました。<キングオブキングス
というか、そこまでプレイしてたんですか。(苦笑)<100行は語れる
| NaotO | 2013/09/11 12:19 AM |
ASBはパッチが出たみたいですが、どうやら永久コンボを潰すのにシステム全体に変更を加えて
しまったらしく、攻略本に載ってる既存のコンボが半数以上繋がらなくなったとか
一部キャラは超必殺技を当ててしまうと100%反撃されるとか冗談みたいなことになってるらしいです。
やっぱダメみたいですね…なんともはや。

心綺楼は結構なハイスペックを要求されるらしいのでとにかくとして
輝針城の一部で処理落ちするのは今後のことを考えるとスペックアップが必要かもですね。
自分も前のPCで輝針城起動するとどうなっていたかなぁ。
次元の中の人が80歳ってのは全然知らなかったです。只々凄いですね。
声優で80どころか70超えて現役な人って他にどれくらいいるんだろうか…
耳に残らないように思えるけどなぜか耳に残る曲ですよね。フィールドの曲とか。<キングオブキングス
小学生時分に対人戦しまくったゲームはやっぱり凄く記憶に残ってます。<100行語れる
例えスーパーチャイニーズ2みたいな知名度も出来も微妙過ぎるゲームでも
誰かと楽しみをシェアし合った記憶は決して色褪せません(何)。
| kirby | 2013/09/12 11:49 PM |
ダメなものはちょっと手を加えてもダメなことがよくわかりますね。(何)<ASBのパッチ
極端に遅くなるわけでもないので来年までに対応しようかな。<PC
野沢雅子さんとか大山のぶ代さんとかひっそり今年も声優やってますし
永井一郎さん(波平の中の人)とか納谷六朗さん(納谷悟朗さんの弟)とか
普段気にしてないだけでまだまだいると思いますが。<70超えて現役
あの独特すぎるキングオブキングスの曲が耳に残らないとかありえないと思いますが。(苦笑)
むしろ、スーパーチャイニーズは初代しか存在を知りませんでしたが
意外と長い間続いたシリーズだったんですね。(死)<スーパーチャイニーズ2
| NaotO | 2013/09/13 10:41 PM |
しかもその「ちょっと」をシステムの根幹に対して行ってしまったのがもう…<ASBパッチ
むしろ自分が知らなかっただけみたいですね(汗)<70超えて現役
今年亡くなった納谷悟朗さんに弟がいてしかも同じ声優やってるとか
恥ずかしながら今知った状態です(死)。
多くの会社が倒産したり吸収されてる中で、今なお作った会社自体が
存命していることが一番意外な気がします(何)<スーパーチャイニーズ
| kirby | 2013/09/15 11:39 PM |
自分も存在を知ったのは去年ですけどね。(死)<六朗さん
兄弟だけあって声もわりと似てるのでググらない限り気付けない気もしますが。(苦笑)
存命と言える状態なのか、って気もしますが
むしろ、ナムコ開発のゲームをこの会社が販売ってことも意外でした。(何)<カルチャーブレーン
| NaotO | 2013/09/16 12:09 PM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE