じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
西の国の眠れない夜 39
茨歌仙の4巻の話。
4巻というのがいかにこのシリーズにおいて特別であるかは
ファンならよくわかると思います。
まあ、三月精は実質6+1巻出てるようなものですけどね。

ちなみに昨日やっと届きました。
特典クリアファイルに釣られて某タイガーホールで予約した自分が悪いのですが
いくらなんでも遅すぎやしませんかねと言わざるをえません。まあ、今に始まったことじゃないですが…
それに加えて先日は他の趣味に夜遅くまで費やしてしまったので読了したのもつい先程だったり。
敵ながらノーヒットノーランを無援護でフイにされるのは真剣に気の毒だと言わざるをえない(独り言)。


 
 

そういえばいまさらなんですが、なぜ角川側の本には三月精時代から守矢神社勢が全く出ないのでしょうか。
今回の4巻も16話・19話と早苗が出てましたが、相変わらず鈴奈庵では出ませんし。
これだけ続くと何かしら意図的なものがあるのでは、と思ってしまいます。

それは置いといて4巻。表紙絵が萃香であること自体が割と壮絶なネタバレになってましたが
華扇と萃香が邂逅しないと話が進まないのは事実でしたし、そういう意味では
割と思ったよりも早くストーリーが進展したな、という感じがします。
しっかし表紙といい特典クリアファイルといいめんこいですのう萃香。

というわけで以下、1話ずつ感想を。


・第16話「鬼の酒器」

萃香からどうしても逃げ回らなければいけない理由があるはずなのに
仙人としてええかっこしたいだけの動機であろうことか勇儀とコンタクトを取る華扇っていったい…
この本の帯に「巫女は浅慮、仙人は深慮、招くは騒動。」と記されてましたが
この話の華扇こそ浅慮極まりないのではないでしょうか。むしろわざとやってるレベル。
しかしこの話を見る限り、華扇は鬼全体を避けてるとかではなくて
萃香個人を避けてるって感じですね。ということは過去“個人的に”何かあったんですね。楽しみ。

そして案の定、これが原因で萃香に見つかってしまいます。浅慮!浅慮なり華扇ッ!
「みーつけた」の全身絵などドラクエ系RPGでボスグラフィックに使われても違和感ないレベルでして
今作のカギを握るに相応しい大物っぽさを存分に出しております。
二次創作でよく現れるつるぺたようじょすいかと原作の黒幕感溢れる伊吹萃香は明らかに別人…!

またこの話は咲夜・レミリア・妖夢と準主役キャラにも台詞があり
またモブとしても大勢のキャラが出るため読み応えのある話でした。
お嬢様!「楽しみー♪(>ヮ<)」とか可愛らしいことしたらせっかく鈴奈庵でチャージしたカリスマが!
あと「茨木の百薬枡」ってこの話が元ネタだったんですね。
そして相変わらず茨歌仙の早苗はいい子すぎて大変素晴らしいです。
霊夢とのやりとりは完全に酒浸りなダメ夫を養う奥さんの図


・第17話「梅雨の奇石」

昔からそうなのですが、こういう謎アイテムのウンチク語りがメインの話かつ
ゲストキャラが出ない回は正直コメントというか感想に困るところがあります。
…ええ、はい。なんかすみません。


・第18話「宗教家としての仙人」

心綺楼の前日談のような話。神子・白蓮にもスポットが当たる貴重な回です。
鬼なのに仙人の真似事をしている華扇が色々ぎこちない態度を見せているあたりに
華扇本人の親しみやすさと根のいい奴っぽさが出てますね。
小町の進言で神子を尋ねる華扇でしたが、このへんの会話からは
口授や心綺楼でもある程度描写されていた神子の宗教観を改めて伺うことができます。
表情や言動からところどころに黒さが見えるのは相変わらずですが
チカラのない無辜の民を救わねばならないと考えてるのは間違いないようです。
人を超えるために仙人になった神子と、人に近づきたいために仙人の真似事を始めた華扇。
この思わせぶりな対比が今後の話に生きることはあるのでしょうか。

しかし、改めて見るとやはり神子の髪型は奇抜にも程がありますね。
獣耳キャラを見慣れているせいか違和感はあまりないですが。
そういえば、神子のヘッドホンの文字が両方とも「和」なのは公式設定ということでいいのでしょうか。
地味に困ってる絵描きさんをよく見るので何気に朗報だと思います。
仮の設定で「和」と「貴」とか「日」と「和」の組み合わせにしてるのを見ますので。

あとこの回で台詞のあったそばかすのモブ河童ですが、
「おかっぱ頭の子」「メガネの子」「バッテン髪留めの子」に続き4人目のモブ河童ですかね。
背景にしかいないのも含めればまだバリエーションはありそうですが。


・第19話「由緒正しいお酒」

霊夢と早苗が
   夫婦ゲンカでござる の巻

ごめんなさい。本当ごめんなさい。
いやでも、「あらはしたないマナー違反ですね」のとことか完全にアレじゃないですか。
情状酌量の余地もあると思いません?

それはそれとして、この回は見所が満載でした。
酒の勢いでアルハラ未遂の挙句口喧嘩になったのを華扇に諭されて素直に反省する霊夢、
霊夢の保護者っぽさ兼若者を取り仕切るおねーさんっぽさが半端ない華扇、
口喧嘩で負けた&異変解決に参加できなかった鬱憤をささやかな仕返しでこっそり晴らす早苗、
息巻く早苗をまるで親のように優しく諭す神奈子、
それとは対照的に祟り神らしく小さな意趣返しを子孫に伝授する諏訪子
…と、様々なキャラの魅力というか「らしさ」が存分に出た話なのではないでしょうか。
決めポーズが早苗と諏訪子でそっくりなのはさすが血筋だなと納得する芸コマでした。

実はこの19話だけ事前に見てたので、当時ちょっと話題になったのを覚えてますが
早苗が最後に霊夢を騙してフォローなしってどうなの、という意見も見受けられました。
でもそもそも最初に絡み酒したのは霊夢ですし、そんな手ひどい詐欺じゃないですし
後にちょっと恥をかくだけで実害もないままお互いに溜飲が下がる
良い手打ち方法だと自分は思うんですけどね。
個人的にはSTGパートでの煽り合い会話を格調高くした感じで見応えがありました。
そもそも早苗の思惑通り恥をかく事態が今後来るでしょうかね?
(モブだけど)幽々子すら看破できてない時点で…
なんかやけに潔癖な人ってたまーに見るのですが、こういうやりとりができるのも
仲の良い証拠だと思うんです(力説)。


・第20話「間違いだらけの酉の市」

ついに華扇の前に姿を現した萃香、霊夢の失敗を見事にかつ華麗にフォローし鎮火する華扇、
そして過去最大級のモブの量とこちらも見どころいっぱいの話でした。

萃香は華扇が仙人の真似事をしている理由を
「自分の腕を探すために結界を突破したいから」
で、この話の酉の市も
「火災を起こして結界を弱めるために華扇が仕組んだ」
と思っているようですが、読者側にはそのどちらもハズレであることが示唆されました。
結局華扇の真の理由や能力は未だわからないままおあずけとなりましたが
今後この話はどのような着地点を見出すのか注目であります。
終始悪い顔の萃香からは今までにないボスオーラを感じましてこれまた素晴らしかったです。

また、三月精や鈴奈庵の祭り回同様、今回もたくさんのキャラがモブとして登場しています。
今回も出番のあったミスティアはモブとしては史上最多登場回数なのではないでしょうか。
16話でもそうでしたが、最近ミスティアは必ず響子と一緒に出てるのもポイントが高いです。
さらに三月精と小鈴・阿求といった他作品の主人公クラスキャラが
華扇とともに一同に会しているのもなかなか感慨深いものがあります。
他、華扇とニアミスする芳香・原作では希少な橙の保護者役をしてる藍・
祭りを満喫?している蛮奇影狼弁々八橋といった輝針城組・
なぜか物凄い勢いで縁起の悪い熊手を売ってるお燐など要チェックポイントは多いです。
そういえば、カラーひよこは全員焼き鳥になってしまったんだろうか…


というわけで今回も素晴らしい出来でした。
鈴奈庵もそうですが、両方とも連載を追えるなら追いたいくらいなのですが
連載誌が東方関連以外自分には完全に門外漢なのでやはりつらいところではあります。
| kirby | 同人ゲーム | 23:16 | comments(4) | - |
ショップ特典が付いてきても、すぐに引き出しの肥やしになるので
もはや狙って買う気はしません。(何)
むしろ、文花帖と求聞2冊を除いた東方書籍では茨歌仙以外で
台詞ありの守矢神社勢が出たのは
うどんげっしょーに諏訪子が1回出たぐらいなんですが。<なぜ角川側の〜

「巫女は浅慮、仙人は深慮、招くは騒動。」by華扇 ってことですね、わかります。(死)
もしくは、仙人(神子)は深慮の可能性も。(ぉ
30ページの萃香は十分幼女しか見えませんが。(何)<つるぺた〜と伊吹萃香は別物
萃香も諏訪子もカリスマブレイクしてないのに一人だけブレイクしてるのは
なんともはや。(苦笑)<楽しみー♪(>ヮ<)

17話のコメントしようがない感は主に20話の伏線である
龍石の話がメインだからかと思いますが。
謎アイテムのウンチク語りでもコメントできますよ、と思って
自分の香霖堂の感想を見たら1話につき、1〜2行ずつしかコメントしてなくて
何の話だったか全然思い出せなかったぜ。(死)

心綺楼でのミミズク神子を見て以来、神子の髪型はミミズクにしか見えません。(苦笑)
神子のヘッドホンの文字は心綺楼の時点で両方「和」ということが確認できるわけですが。(何)

女の子がこんな陰湿な仕返しをするわけがないという妄想にでも
囚われているんでしょう。<騙してフォローなしってどうなの
というか、近年のネットでは大した理由がなくても
とにかくディスりたい人間が多い印象がありますよね。

モブキャラ数ランキング

1位 44人:茨歌仙の20話
2位 39人:儚月抄(漫画)の9話
3位 35人:三月精(三部)の12話
4位 26人:鈴奈庵の10話

書き出してみると、意外と鈴奈庵の心綺楼後日談はモブキャラ少なかったんですね。(何)
文までいるのに香霖だけいないことに違和感を感じます。(何)<書籍主人公
火の手が上がった時点で全部逃げた(または逃がした)んじゃないですかね?<カラーひよこ
| NaotO | 2014/06/05 12:27 AM |
クリアファイルなら個人的用途に留めれば割と使い道があるので
そういうとこだけ狙って入手してます。<ショップ特典
そういえばそうですね。むしろ「なぜ守矢神社勢の出番は茨歌仙だけなのか」
のほうが正しい問題提起でしたね(何)。<なぜ角川側の〜
まあ、そんなに深い理由はなさそうですが…

今までの帯のアオリ文を全部華扇が書いてると思うとなんかほのぼのします(何)<by華扇
でもほら、見た目はそれっぽくても台詞が幼女感皆無ですし…(何)<30ページの萃香
ここで、実はレミリアは酔っ払った時だけカリスマモードになるという
新説を提案してみたいなんて思ったり(死)。<一人だけブレイク
そちらの記事を見るまで伏線だと気が付かなかった自分は
色々ちゃんと読めよって感じですね(汗)。<17話
ストーリーが進展するか、珍しいキャラが出るかしないと
なかなか感想って多く書けないもんですよやっぱり(何)<1話につき1,2行〜

ゲームの立ち絵やドット絵だと逆向きグラフィックは単に左右反転してるだけだから
公式設定と呼ぶには根拠が甘いのでは…と思ってましたが、今立ち絵を確認したら
「和」の字は反転じゃなくてちゃんと逆向きでも書き直されてました(死)。<ヘッドホンの字
もしそうなら妄想も甚だしいしそもそもこの件って言うほど陰湿か?って
気持ちもありますし二重に間違ってる感がします(何)<女の子がこんな〜
なんか、偏見かもしれませんがツイッターが流行りだしてから
そういう手合いが増えた印象があります。<とにかくディスりたい〜
自分も正直人のことエラそうに言えないので気をつけなければ…

むしろ自分は思ったよりもモブって大量に出てるんだなぁということと
ランキング4位までで綺麗に作品がばらけたことに驚きを隠せません(何)。<モブランキング
しかも今回の20話は本文で「最大級」と書きましたが普通に過去最多だったんですね。
霖之助はあまり外をぶらついたりしない印象がありますし、
心綺楼絡みで感情を揺さぶられた時以外は好んで祭りには出ないイメージです。(何)
だったらいいのですが。どうでもいいことですがなぜか気になります(死)<カラーひよこ
| kirby | 2014/06/08 1:47 AM |
今までの帯は取ってあると思うものの発掘できなかった件について。(何)
さすがに探す時間がないですが、それはないのでは。(苦笑)<レミリアは酔った時だけカリスマ
香霖堂はもっと感想書ける内容だったと思いますが
読み返して感想書き直す時間はないわけですが。(死)<1話につき1,2行〜

ニコ動もわりとディスり製造機だと思います。<ツイッター
パーティー、縁日話でもモブを大量に描くのは
1回で力尽きちゃうものなのかもですね。(何)<綺麗に作品がばらけた
| NaotO | 2014/06/10 11:23 PM |
常に帯を該当本のしおり代わりに挟んでいる自分に隙はなかった。(何)<発掘できなかった〜
なんとなく言ってみただけなので自分も検証するまでもないと思います(汗)<酔った時だけカリスマ
この理屈だと紅魔郷の時は泥酔してたことになりますし(死)。

ニコニコの動画内コメントはツイッターみたく短期間で拡散しまくらないので
個人的にはまだマシだと思ってます。
| kirby | 2014/06/14 9:33 PM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE