じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
2014年を振り返る 同人ゲーム編
<おことわり>
誠に勝手ではございますが
「2014年を振り返る 一般ゲーム編」は
諸般の事情により掲載を控えさせていただきます

DIVAF2とかシアトリズムファイナルファンタジーあたりはそこそこプレーしたけど
改めて振り返る内容もそんなになかったりしますし。面白かったけど。
それ以前にもう口にもしたくないあの2作目の出来が
ゲーム業界そのものに不信感を抱くレベルのおぞましい何かだったので…
しかも去年の某ASBと違って、こっちは1作目に思い入れの深いファンに向けて
ピンポイントで丁寧にかつ丹念にゴリゴリ潰していくスタイルなので
こちらとしては物言わぬ骨になってジッと耐えるだけしかできないわけなのですが
まあこの話はいいや。
しかし思い返せば見事に音ゲーばかりだった印象があります。


というわけで、以下から普通の同人ゲームまとめ。
一応深秘録体験版の(動画だけ見た)ネタバレありです。

 
 

とは言ったものの、こっち方面の話も今年は大きな動きがなかった印象です。
紅魔郷頒布以降始めての「夏コミに新作が(CD含め)出なかった年」でもある今年が
動きが少なかったのは当然の話ではありますけどね。
来年は何かしら本家に動きはあるでしょうか。おそらくファンの間では最大の焦点だと思います。
自分もつい先日、

>なんか昨今のツイッターでの落ち着きぶりを見てると、もしかしたら
>神主は今後ゲームは作らないんじゃないかとすら思ってしまうのですが
>まあ、これはさすがに来年が終わるまで出なかった時に騒げよと言われても仕方ないくらいの
>非常に乙女チックで見苦しい杞憂ぶりですのでそっと心にしまい込むことにします。

という内容を他の記事に書いて、その直後に14.5弾が発表されたので
「今後ゲームは作らないとはなんだったのか」と自虐気味に〆たわけですが
14.5弾が黄昏製ということはまだ上記内容が現実化する可能性がゼロでなくなったわけで
またしても余計なお世話的なネガティブシンキングにさいなまれる日々になるわけであります。
我ながら女々しくて嫌になりますが。


<第14.5弾:東方深秘録(の体験版)>

とりあえず各所での情報収集と、プレー動画の閲覧はすませました。
ストーリーのまとめとしてはここらへんが画像多めでわかりやすいと思います。

???「しかし、目の前のこの女は本編には一度も出演したことのなかった書籍キャラ…!
もしオカルトボールの価値がバレてしまったら、それこそ死に物狂いでオカルトボールを奪いにかかってくるだろう…!
書籍キャラとして主役を張っているクセに違う作者に立ち絵を描かせて本編にしゃしゃり出てくる程の恥知らずだッ!
『これは自分のものだ!』等という世迷い事を言い出したり、肉の力にものを言わせて
所有権を主張したり、最悪…オカルトボールを飲み込んだりするかもしれない
ピンクは淫乱…ッ 何をしでかすかわかったものでは無い!
ごく自然に!かつ、そんなに価値の無いものだという事をこの女に印象付けなければならない!」

なんか1年ぶりくらいにネタ元動画を見ましたが、今なおデイリー閲覧数19位だったり
深秘録の件に触れてるコメントが散見されたりと根強い人気が伺えます。
やっぱりマジカル☆さくやちゃんスターは自機キャラへの鍵だったんですね!
次は地底の入口辺りにブン投げといて貰えませんか!お願いします!後生ですから!

…というわけで、今回の文・一輪枠はまさかの華扇でした。
これは茨木華扇ちゃんの名場面ベスト10入りは間違いなさそうですね!
新作の発表があるたびに毎回華扇が4ボスで出るかもとか自機キャラになるかもとか
根拠の無い予想をしてるのですが、今回それを全く言わなかった時に限って
しっかり自機化してくるあたり自分は持ってないほうの人間なんだなぁと実感します。
でも事前情報でオカルトボールだの学校の怪談っぽい絵だのを公開してる時点で
華扇が出るってのは最も予想しにくいところにいてたような気もするのです。(いいわけ)
そもそも鈴奈庵の春河もえさんの絵で華扇が出ること自体が全く予想できなかったので…
比良坂真琴さん・あずまあやさん・春河もえさんの東方公式漫画三銃士全員の作品で
モブではないちゃんとした出番があったのは霊夢・魔理沙・咲夜・レミリアとこの華扇だけなので
かなりの主役級待遇であることに疑いの余地はありません。いや元々主役だけど。
見た感じ伸びる腕とか動物使役攻撃とかおおよそ予想通りの攻撃方法が多く
今から期待が高まります。ダルシムっぽさはないけどナコルルっぽさはある気がする
ただ、このオカルトがうんぬんの話で華扇個人の話が掘り下げられる流れになるとは
ちょっと考えにくい雰囲気があるので(そもそもこのへんは茨歌仙本編の領分だし)
文・一輪が製品版ストーリーではそこまでの重要キャラではなかった過去も踏まえると
今回はストーリー的にはそこそこの扱いで終わりそうな雰囲気がします。
製品版では他にどんなキャラが出てくるでしょうか。今から楽しみです。

また、中央引力がなくなってるあたりの自分の集めた情報は一部間違いもあったようで
システムとしては残ってるようです。動画で見てるだけだと違いがよくわからないですが。
ただ操作感はだいぶ異なってる(改善されてる?)らしく、Web体験版の早期配布が切望されます。


<第14.3弾:弾幕アマノジャク>

今年唯一の新作であり、文花帖スタイルの作品に新たな可能性を投じた一作です。
またタイトル通り正邪が主役に抜擢され、その意外性から驚きと喜びの声が上がりました。
やはり5ボス自機化の法則は健在!と昔からのファンは揃って
歓喜の美酒に舌鼓を打ったことだとあたいは思うんだにゃー!(何故か酷く死んだ目をしながら)
シーンごとにクリアすると文が毒舌コメントを吐いていた仕様が今作では存在しなかったり
反則アイテムの中にいくつか、性能的に何かの劣化版になってたり使い道が少なかったりするものがあったりと
製作時間的な意味もあってのことなのか、若干物足りない部分もありましたが
STG作品の新たな方向性としては十分な可能性を示すことができたと思います。
また正邪と針妙丸のその後の会話を見ることができたのも個人的には嬉しい限り。
深秘録でどちらか、あるいは両方出てきたら歓喜の嵐が吹きすさぶのですが、果たして…?

…え?ノーアイテムクリア?20XX年死後の旅の時点でもう無理ゲーの極みです('A`)
というか全シーンノーアイテムクリアとかなぜあんなホイホイ達成者が現れるのか。
怖いわー、人間怖いわー…


<不思議の幻想郷3>

最終的に1000Fダンジョンが実装され、持ち込み不可も含めると総ダンジョン数も増え
とんでもないボリュームになりました。
1000Fダンジョンはまさにエンドコンテンツと呼ぶに相応しい長大さ…らしいですが
自分は160Fでいったんギブアップします。1ヶ月弱でこれくらい行けたら上等だよね…?
色々ありましたがAQUASTYLEさんには今年も楽しませていただきました。
来年もよろしくお願いします。なお、例によって冬の新作はなかなか届かない模様。



最後のプレー時のひとこま。フランちゃんウフフ


<茨歌仙と鈴奈庵>

…については、個別記事で山ほど思い入れを
キーボードに叩き込んでいるのでそちらを参照ということで…
来年は深秘録も巻き込んで、両作品ともに大きな流れが巻き起こるかもしれません。
お二人のさらなる活躍に期待します。


以上、2014年のまとめでした。
オワコンと言われ続けて早10年。今年はなぜか特に色々言われてた気がします。
来年はどんな“オワコン”ぶりを見せてくれるのでしょうか。大いに期待を寄せております。

願わくば2015年の幻想郷が、新作という名のオカルティズムな怪談で持ち切りにならんことを。
| kirby | 同人ゲーム | 16:36 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE