じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
天空の柄杓 1
東方天空璋の製品版の話。
「璋」というのは「ひしゃく」の意味があるそうです。
やっぱり元ネタwikiって凄い。考察の奥深さ的な意味で。

1年8ヶ月ぶりくらいのイースタンサイド向け記事です。
前の紺珠伝までの記事だと凄い勢いで長文書いて考察してますが
今回はそこまでの時間も気力も腕前もないので短く行きます(当社比)。
やっぱり元ネタwikiって凄い。考察する手間が省ける的な意味で。
一応4機体で本編クリアまでネタバレです。
EXボスは出会いましたが、クリアはできていません。


かつては地霊殿Lunaをクリアしてた自分が
今ではNormalをクリアできない事実に盛者必衰の理を感じます。
普通にLunaクリアするくらいで言うほど「盛者」か?っていうのはナシで。


 
 

今回の記事を書くにあたって、一番隔世の感を味わったのは
「イザヨイネット」がいつの間にかなくなってたことです。
今ブックマークから辿ろうとすると、ウイルスを検知したとか言われました。おお、こわいこわい。
いい機会なので色々昔のサイトを辿りましたが、「Coolier」が健在だったのが驚きです。
あと、十数年前に自分が八雲藍を好きになるきっかけを作った人が、この間の夏コミで
まだ八雲一家本を頒布してたことにちょっと頬が緩みました。


<難易度と自機性能などの話>

紺珠伝に比べると圧倒的に易しくなっています。システム的なものを考えると当然ではありますが。
Normalをクリアできなかったと冒頭で述べましたが、単に3ボスで4回抱え落ちしただけで
結局のらりくらりと6ボスラストスペルの体力ゲージあと3mmくらいまで到達できたので
やはり今回は易しいと言わざるをえません。システムが味方してくれるのは大きいです。
逆に言えば、季節開放をしっかり使いこなさなければそれなりに難しくはありますが。
サブ季節は夏が群を抜いて使いやすいです。緊急回避に使えるのは凄く大きいです。
他はどっこいどっこいっぽいですが、秋はうまく使えば便利そうな気はします。
春や冬は決めボム的な使い方が必須ですね。

自機性能はおおよそ永夜抄的な感じを彷彿させます。文がレミリアっぽくてチルノが幽々子っぽい?
まあ、永夜抄の幽々子ほど強かったり、レミリアほど特殊だったりはしないですが。
ただ相変わらず、レーザーが貫通しない上にマスタースパークが弱い魔理沙は
上級者向け機体と言うべきでしょうか。輝針城のアレはやはり一夜の奇跡だった…?
低難易度しかやってませんが、やはり霊夢が一番楽です。
火力こそないですが、サブ夏との組み合わせの安定感は随一です。

あと、Exもたぶん簡単だと思います。
何せ初見霊夢でボスのスペカ4つめまで見れましたので。
うまく特殊季節(土用)を使えるようになれば、さらに簡単になるのではないでしょうか。
Exはとにかく紺珠伝がめちゃめちゃ難しくて、有名な「変なTシャツヤロー」の
台詞を見るのすら大変だったくらいなので、正直今の自分の現状から考えると
難易度の易化はありがたい限りではあります。
今でもヘカーティアの曲が全く思い出せないくらいだからなぁ。
今作は6ボスとExボスが同一キャラということで、Exまでクリアしないと
メインストーリーが終わらない感が強いので(紺珠伝もそうだったらしいですが)
できればちょっと頑張りたいです。4年ぶりに。……うん、頑張れればいいな。(小声)


<キャラとストーリーの話>

今回、web体験版がなかったので全てのキャラが初お披露目となるわけですが
(3ボスまでは例大祭直後に動画見て知ってましたが)
全員に言及すると長くなりますし、キャラ設定を考察する気力に乏しいので
好きなキャラについて好きなこと言うだけに留めます。

自分の今回の注目株は1と3と4です。
1ボスのエタニティラルバは言うまでもなく、8人目の妖精キャラですし
リグル・ヤマメと相性が良さそうな虫系キャラということで自分のニーズにガッチリハマるキャラです。
初見はデザインがごっちゃりしてるかなー感もありましたが、何度か見るとその感じもなくなりました。
異変の影響を受けてはしゃいで退治されるだけの典型的通りすがりの1ボスと思いきや、
1ボスでもボロ絵がちゃんとあったり(清蘭に続き2人目)、
チルノのエンディングに登場したり(1ボスのED登場は初のはず)、と
結構な優遇感があります。

3ボスの高麗野あうんは言うまでもなく妖獣キャラ好きの我がニーズにハマるキャラですが
幻想郷では珍しい献身的で尽くすタイプの子なのがハートに刺さります。
だいたい一作に一人は霊夢と関係が深くなりそうなキャラが出てきますが
あうんはその中でも一歩リードした存在と言えるのも大きいです。
エンディングでも会話してますし、何より「霊夢さんが負けるはずないですからね」
みたいなことをサラッと言ってるあたり非常に(自分の萌え)ポイントが高いです。
そして、霊夢との関係を語る一番のポイントがテーマ曲「一対の神獣」です。
詳細は音楽の話の項目で後述します。れいあう流行れ。マジで。

次に4ボスの矢田寺成美。かわいい。ストレートにかわいい。おさげかわいい。
名前の元ネタもモチーフも衣装も凄くシンプルにわかりやすいですが
笠にZUN帽的なフリルがついてるあたりに幻想郷イズムを感じます。
4ボスが敵側の組織と完全に無関係なのは永夜抄を除けばシリーズ初ですね。たぶん。
前述した「異変の影響を受けて強気に出て返り討ちに合う」役目そのもので
可愛い外見に似合わずちょいちょい調子に乗った台詞が出ますが
この理由なく好戦的な感じ…嫌いじゃない!むしろフェイバリット!(←今回流行るかもしれない台詞)
他に特筆すべきは、最初から魔理沙への好感度がかなり高いところでしょうか。
お互い顔見知りっぽい上に極自然に魔理沙に助けを求めてる上にエンディングでも仲良し。
その割に他の自機3人には割と気丈に振る舞うところがリアルなぼっち感が出てて
嫌いじゃない!むしろフェイバリット!(←今回流行るかもしれない台詞)
なぜか「成美」と「成子(Naruko)」で表記ズレがありますが
omake.txtや立ち絵が出た時の名前紹介が「成美」なので、こちらでいいのでしょうか。
幽谷響子が「かそやきょうこ」だった神霊廟のweb体験版を思い出します。
まあ、魔理沙だけあだ名的な意味で成子って言ってるって解釈でいいや。

最後に、6ボス兼EXボスの摩多羅隠岐奈についても少し。
元ネタを製品版頒布前に予想してた人が今回もいたことに驚きです。
摩多羅神は秦河勝と同一視されているということで、神子やこころとも
深い関わりを持っていることにも今後要チェックですが、何よりのポイントは
彼女が「幻想郷を創造した賢者の一人」というところです。
八雲紫は幻想郷に対してのウイルスソフト的な役割ですが、
隠岐奈はファイアーウォールと考えるとしっくり来ます。
システムの裏で“バックドア”からの異物侵入を防いでいるわけですね。まさに。
今の二人がどんな関係なのか定かではないですが、今後の幻想郷を巡る
大きなストーリーにおける主要人物の一人であることに疑いの余地はありません。
Exをクリアしないと今回の全貌は明かされないっぽいので
感想はここで留めておきますが、兎にも角にも紫と会った時の会話は
真剣に気になります。あと、テーマ曲的にも見どころがあるのでこれも後述。

というか、紫とどんな会話するのか気になるキャラ増えすぎ大問題が数年前から
全然解決してないので、そろそろ紫さんサイドからあの手この手でリノベーションして
欲しいのですが、憑依華に期待してもいいのでしょうかね…?
あとそういえば、「タイトルの漢字が6ボスの名前に使われてる法則」が
今回完全に消えましたね。紺珠伝の時からちょっと怪しかったですが。


<音楽の話>

まず、1面道中曲の「1面っぽさ」については前の紺珠伝で最高潮に達してる感があって
これ以上の「1面っぽい1道中曲」は今後出ないだろうなと思ってましたが
普通に今回の1道中曲は前作に匹敵する1面っぽさで大変お気に入りです。
紺珠伝の時は大きな使命を受けて今飛び立つ!みたいな感じがありましたが
今回のは目的がわからないまま彷徨ってるけどやってやるぞ的な感じがします。
…何?この情緒のかけらもない例えは。(自己ツッコミ)
いずれにせよ、方向性が異なりますが今回も1面っぽさは健在でした。

そして前述した3面ボス曲について。
体験版の動画で聞いた時から、なんとなく「永遠の巫女」に似てると思ってましたが
案の定体験版頒布直後に速攻でマッシュアップされた動画が作られてました。
どこまでZUNさんが意識して作ったのかはわかりませんが、事実として親和性が高いので
ああ、あうんちゃんは靈異伝の頃から博麗神社を人知れず守ってたのかな、と考えると
これだけでクリアタイム40時間くらいのRPGが一本作れそうですよね。
というか脳内では既に作り始めています。
霊夢(靈夢)の留守中に幽香(眠れる恐怖Ver)が襲来する序盤の山場になるイベントを
Lv16くらいのあうんと成美と赤蛮奇の3人でどうやって撃退させるか…
いやぁ、バランス調整が大変です。
…というわけで、天空璋で個人的に一番胸キュン(死語)なのは間違いなくここです。
れいあう流行れ。マジで。(2度目)

4ボス曲も無駄にかっこよくて好きです。地蔵だから石だけにロック調なわけですね。(ドヤァ
3ボス曲が永遠の巫女を意識してるなら、こちらはメイガスナイトかなと思いもしましたが
曲調はとにかく、メロディラインに類似点は感じないですね。残念。
正直、単純なかっこよさで言えばこのゲームの曲中最高まで個人的にはありえます。
短い曲ではありますが、そのぶん美味しさが凝縮されてる感がします。
あと、4道中曲の「第2部開始」感は今回も健在でした。
なんかイメージ的に4面の道中って冷たい空気なところが多い気がしてますが
今回も寒さに磨きがかかってますね。季節的に冬だから当然かもですが。

6ボス曲は言うまでもなく、ネクロファンタジアとの類似点につきます。
隠岐奈さん自身も紫っぽい通常攻撃を出してるあたり、賢者繋がりで
曲のモチーフも意図的に流用してるとしか思えません。
普通こういうところを音楽室のコメントで言いそうなのに一切言わないとこがZUNさんらしい。
お恥ずかしい話ですが、大サビの一番ネクロっぽいとこを初めて聴いた時は
ちょっと懐かしさで泣きそうになりました。妖々夢は今でも本当良いゲームだと思います。
ネクロっぽいところ以外では、Aメロにあたるとこのピアノの主旋律は
どことなく蓮台野夜行あたりの曲調を思い出すので好きです。
EXボス曲のほうも、従来のEXボスっぽい曲というよりは
6ボス曲をもう一曲作ったって感じがしますね。
こちらも大サビのキャッチーなメロディで盛り上げる感じが好きです。
実際にプレーしながら聞くとやはりテンションがぶち上がります。

というわけで、これでも紺珠伝の記事と比較すると遥かに短いという。
あの時ほどの情熱はないかもしれませんが、ジャンルへの関心・興味は健在です。
なので、今度こそはEXをクリアしないことには、と思うのですが
一度磨り減ったモノは数回のプレーでは簡単に戻らないものですね…
| kirby | 同人ゲーム | 01:07 | comments(2) | - |
年末年始の休みにようやく4キャラともクリアしました。(死)
理由が(ないとは思ってましたが)憑依華で天空璋ネタがあっても良いようにって辺りアレですが。(死)
ということで、憑依華はストーリーモードは全部クリアしました。
憑依華のストーリーモードは今までの弾幕ACTの中で圧倒的に難易度低くてビビりましたが。
実はどの作品でもLunaノーコンクリアしたことない雑魚ですみません。(死)

イザヨイネット閉鎖は知ってましたが、作中のセリフ確認に重宝してたのでわりと狼狽えました。
システムがシンプルでシリーズ最易(?)な風神録よりは難しいかもですね。<天空璋
ふと稼ぎたくなって抱え落ちするので季節開放(夏)は地味に危険ですね。(何)
ヘカーティアの曲は抽出したのをわりと聞いたので覚えてます。(死)

逆に文とも(たぶん)初対面なネムノのぼっち具合ヤバイ。(死)<4ボスまでの自機との仲良い感
「魔理沙助けて」的なストレートな救いの言葉は意表突かれました。<成美
後から成美になったけど直しきれなかったらしいですね。<成子
幻想郷を創ったのは複数人だと勝手に思ってたので特に驚きはなかったですが
求聞史紀とかからすると紫が一人で創ったような書き方だったんですね。(何)<幻想郷を創造した賢者の一人
憑依華ではようやく紫が登場しましたが、一番異変解決に躍起になってて
白蓮以降の絡みが気になるキャラとは特に何もなかったですね。(苦笑)
因縁のあのキャラにはちゃんとキレ気味でしたが。(何)

キングオブ1面道中曲は永遠にリフレーンです。(キリッ)
4面道中曲は神霊廟以前はわりと界隈の評判ほど好きじゃないことが多かったですが
輝針城辺りから安定して好きな印象あります。
確かに、4面道中って毎回寒い or 暗い印象ありますね。
6ボス曲はネクロっぽいよりネクロっぽいところへの展開が
急すぎることの方が気になってたのは自分だけだろうか。(死)
個人的には同じようなフレーズが永遠と続いてじわじわ癖になる5ボス曲とか
やたら重厚な雰囲気のEx道中とか地味に好きです。

何気に、憑依華のラスボス曲が好きすぎて困る。
「イントロ聞いた時点で知ってた」って言われるレベルだと思いますが。(死)
| NaotO | 2018/01/18 12:16 AM |
そういえば、憑依華に天空璋へ繋がる話は全くなかったですね。
ストーリーはたまに雲山に殴られる以外はほぼトレーニングモードみたいな
ものでしたが、キングボンビー(死)の最後のやつだけは最初
倒し方がわからずにEasyで3回くらいゲームオーバーになりました。
なんで射撃の玉の数(何)をずっと注視しててスペカゲージに気が付かないのか…

今は「スキマネット」って名前で後継ページができてるみたいですので
今後はこちらを使わせていただこうと思ってます。<イザヨイネット
ボムのタイミングを詰めるだけで割とノリでLunaクリアできた風神録は
確かに天空璋を抜いて最易かもしれないですね。Exも比較的簡単でしたし。
地霊殿の文機体で上級者の真似事をして激突死し続けた日々を
思い出します(死)<稼ぎたくなって抱え落ち〜
曲は自分も全部抽出してますが、本編でほとんど見たことのないヘカーティアは
曲を聞く機会すらなくなってました(何)。

種族ごと引きこもりみたいなものですからね(何)<ネムノのぼっち具合
2ボスは一部例外除いて(初登場時は)ぼっちが多いので宿命なのかもですが。
公式設定的には成美のほうが正解でいいみたいですね。<直しきれなかった
求聞史紀の記述はすっかり忘れてましたが、自分も天空璋の前から
複数名いるイメージがあったので、隠岐奈さんを最初に見た時は
驚きよりも「ついに来たか!(ガタッ)」みたいな感じでした。
紫が主人公みたいな描写で、最後にちゃんと結界組で〆てたあたり
個人的にはこれだけでも憑依華買ってプレーして良かったです。
最後の紫苑の耐久時に背景が割れていくところとか
霊夢を助けようとして必死に結界を割ろうとしてるんですよね。うふふ。(死)
ただ確かに、白蓮以降のキャラにあまり深く追求することがなかったのは
ちょっと残念かもしれません。天子への対応は相変わらずで安心しましたが(何)。
いやー、やっぱり依姫や豊姫といい、高いところに住んでる方々には
コンプレックスあるんだろうなぁ紫は。そういうとこがまた好きで。(死)
あと白蓮と神子ががっつり共闘してたあたりも素晴らしかったのです。

紺珠伝・天空璋に押されましたが、今でも3番手です(何)<リフレーン
自分は一部除き4道中曲は基本、5道中の次にハイアベレージを叩き出してます。
一番界隈の評判がいい神霊廟の4道中(デザイアドライブ)はあまり刺さりませんが(死)。
やっぱり今でも地霊殿(ハートフェルトファンシー)が一番好き。
4道中曲が寒くも暗くもないのは風神録だけな感じがします。旧作も含めて。
6ボス曲は懐かしさのあまり展開を気にしてる余裕なかったです(何)<ネクロっぽい〜
あの頃はまさか、憑依華でネクロそのもののアレンジが出るとは
夢にも思ってなかったのです…(何)
5面は道中曲ボス曲キャラ含めて紺珠伝が印象に残りすぎたせいか
今でもあまりこれといった感想が浮かばずにいます。
Ex道中は記事作成時はあまり聞いてませんでしたが、今は同じく地味に好きです。

知ってました。(死)自分も大好きです。<憑依華のラスボス曲
次の秘封あたりで「Live Ver.」じゃない別アレンジを聞きたいです。
今でもZUNさんの曲作りの才能が枯れる気配がないのは嬉しいです。
| kirby | 2018/01/20 12:02 PM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE