じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
POTION
SUNTORYから発売された「ポーション」という飲料水。
ファイナルファンタジーシリーズの回復アイテムである「ポーション」を
イメージしたらしいものです。
おおよそ1週間後に発売される最新作と合わせたタイアップ商品というわけですね。

まあ、昔からFFシリーズを深くプレーしてた者が当然のように感じる疑問としては
ポーションってなんかよくわからない球体状のモノだったんじゃないの?
ってことなわけですが。
事実、NTT出版のFF6攻略本でもそういう絵が載っていますし
Googleのイメージ検索でもそんな感じのが出てきます。
球体の中になんか小宇宙(コスモとは読まない)みたいなのが浮かんでて
使用する際にどのような所作を必要とするのかまったくもって謎な物体でした。
割って中身を出すのか?それともかかげたりして超自然的なチカラを引き出すのか?
中身を出すとして、服用するのか?傷口にかけるのか?浴びるのか?
服用するとしたら、どんな味がするのか?
そんなことをあれこれ想像する余地が豊富にありました。
ドラクエでいう「やくそう」レベルの、初歩の初歩たる回復アイテムにさえ
これほどのファンタジーが詰め込まれてるとは、さすがファイナルですよね。

それゆえ、ビンに入った液状の物体としてこの世に「ポーション」が
売り出されたのはそれとなくこれらの答えが出てしまった感じがして
嬉しいような寂しいような、というどうでもいい前置き。
限定版のガラスビンに入ったやつなんかは、
もう普通にエーテルとかエリクサーを連想します。

そんなこんなで、自分も買ってきましたよ。
まあ、数量限定というわけでメモリアル的な動機もあるのですが
それよりも世間の風評が「マズい」で占められていたのが
一番の動機です。
何、世間的にマズい飲料水だと!?そりゃ飲まなきゃならねぇ。
俺のB級ドリンクレーダーがみょんみょん反応してるぜ。
カフェ・ラ・シャワーなみのお宝が眠っていることに期待しつつ、いざドリンクイン。
(↑っていうか不評っぽいけど普通に美味しかったんだってば、カフェラシャワー。)


…ごきゅっ。


……うん。


普通にマズいですね。これ。

しかも“普通に”マズいわけですから
特にペプシブルーみたくネタになるわけでもない
なんとも微妙なマズさです。全然飲めるには飲めるだけに余計に。

“飲める”味である理由は、基本の味が栄養ドリンクみたいだからです。
アリナミンとかリポビタンとかアスパラドリンクとかそのへんの。
こういうドリンク剤ジャンキーになってたこともある自分からすると
むしろ懐かしい味、いや、おふくろの味にすら感じます。
でも、それを微妙に素敵なマズさにグレードアップさせているのが
原材料名欄にも記されている大量のハーブの存在。

<公式ページより抜粋>
>エルダー、カモミール、マンネンロウ、メリッサなど
>神秘的なイメージをもつ10種類のハーブ素材を配合し、
>(以下略)

ここがヤバいポイントかもしれません。
ひとつひとつのハーブは神秘的でも、そんなにたくさんチャンポンにしちゃうと
見事にそれぞれの良さを殺しあってしまうですよ。
絵の具でも、無造作にいっぱいの色をガシガシ混ぜてしまうと
茶色だか黄土色だかわからない微妙な色に落ち着いてしまうじゃないですか。
あれと同じだと思うのです。
では薬効成分のあるハーブでこの絵の具遊びをするとどうなるか。
混ざって混ざってまた混ざって、あっという間に黒茶色に。
黒茶色の物体で薬効作用のある物体とは何か?

そう、正露丸ですよ!

というわけで結論。
ポーションの味はリポビタンDの正露丸風味でした。

いや、もちろん本家みたいなニオイや味がするわけじゃないです。あくまで雰囲気です。
でもなんか、なんかこう後に残るイヤーな苦味ばしり具合がどうしても
正露丸をほうふつさせるんですよ。
一応自分は、糖衣してない正露丸を水なしで噛み砕いて普通に食べることがあるという
やや変態的味覚の持ち主なのですが、それでもこれは美味しくないと思ってしまいます。
不協和音を聴くのは苦痛だけど、一つ一つの音を取り出して個別に聴けば
大したことはないのと同じ原理ですよね。え、違う?


そんなこんなのポーション初服用でした。
ちなみにCMではHPが100回復しましたが、自分としては
HPが666減ったような感じです。むしろダークポーション?
サントリー開発部の皆さんはどうやってこんな大量に
ダークマターを調達したのか疑問なところです。
(註:FF5の「ちょうごう」→ポーション+ダークマター=ダークポーション)


ところで、ちょうごう(byFF5)で思い出しましたが、
あのゲームでは「ポーション」と「めぐすり」をちょうごうすると
「キュアブラインド」というのが出来て、暗闇状態を同時に回復できます。
(↑手元のNTT出版著FF5完全攻略編より抜粋)

というわけで。なんだ。その。
我こそはという勇者の登場をひそかに待っております。
誰かやってくれないかなぁ。あ、自分は嫌ですよ。だって目薬って飲み物じゃないし。
| kirby | 食品 | 09:38 | comments(5) | - |
こっそりレスしてみたり。(何)

ttp://www.saimeido.com/sale08/160821b.jpg
FFシリーズ以外にもポーションが出てくるので
個人的には上のフラスコみたいなのに入ってる印象だったりします。
むしろ、FFのポーションがどんなのか見たことないかもしれません。(ぉ

味の例えから察するにサントリーは「POISON」を「POTION」と
スペルミスしたんでしょうね。(マテ)

ポーションとめぐすりを調合する以前に目薬って味するんでしょうかね?
当然、飲みたいとは思いませんが。(ぉ
| NaotO | 2006/03/10 1:02 PM |
んじゃ自分もこっそりレスするよ!

FFのポーションは「POTION FF」でイメージぐぐるすれば近いのが出てきますね。
錬金術とかそんな感じの学問がある本格西洋ファンタジーだと
確かにそういうイメージがあります。<フラスコみたいなの
個人的にはマリーのアトリエの研究室にあった
でっかいフラスコを思い出します(←微妙に古い例え)

スペルミスしたままこれだけの本数が世に出てしまってると
普通に大不祥事じゃないですか!これはスクープですよ!
天狗じゃ、天狗の仕業じゃ!(なんじゃそりゃ)
目薬はためしに手持ちのサンテExをなめてみましたが、水道水の味がしました。
でも基本は身体に悪いので、良い子も悪い子も真似しないようにお願いします。
だけどそれでもただいま勇者募集中。おかわり。
| kirby | 2006/03/11 1:49 PM |
ググってみましたが、確かによくわからない球体状のモノでしたね。<ポーション
密かに、アトリエシリーズ全部プレイしてますが
まともにそれっぽいフラスコが出てくるのはユーディーぐらいまでな印象が。(何)

天狗と言われて、文々。しか思いつかないのは自分だけでいい。
そーなのかー。<目薬は水道水の味
ただいま勇者募集中はおかわりが付かない方(PCエンジン版)が面白いと思いますよ。(何)
| NaotO | 2006/03/12 12:01 AM |
というかすでにポーションがどこにも売ってない件について。

結局おかわりはできませんでした。まあ、勇者募集中は
名前だけしか知らないままネタにしちゃいましたが、まさか
ご存知だとは思いませんでしたですよ(汗
ぐぐってみましたが、amazonでPCエンジン版の新品が
8000円を越えてたのが一番ビックリでした。

アトリエシリーズも最初のマリーしかやったことないですが
知らない間に結構たくさん関連作品出てるんですねー。
| kirby | 2006/03/13 11:23 AM |
飲む前に店頭からなくなったんでしょうか。(何)<ポーション

いくらなんでも、8000円出す価値はないです。(苦笑)<ただいま勇者募集中
まあ、先手必勝の桃鉄とイメージしていただけではよろしいかと。(死)

アトリエは最初の3作品が一番気楽に出来て面白かったような。(何)
むしろ、どうみてもポーションの話から脱線してます。
本当にありがt(ry
| NaotO | 2006/03/14 6:30 PM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE