じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
トゥウェルヴ
「ワン」から「イレブン」まではあまり外来語として違和感なく使えても
「トゥウェルヴ」となると途端に耳に遠い言葉に感じてしまうのは
決して自分だけではないと思います。

というわけでやっぱりさっぱり買ってしまいました。
ファイナルファンタジー12(ルビ:えふえふじゅうに)。
オンラインであるFF11を除外して考えると
正式ナンバリングのFFは確か5年ぶりくらいでしょうか。意外です。
FFって昔も今もけっこういっぱい発売されてる感じがしてたのに。

「なんか面白かったゲームのタイトルとか覚えてますか?」と聞くと、
『ああ、クレイジークライマーとか面白かったなぁ。
 あ、ゲーセン版ね。ファミコンのやつはコントローラーがなぁ』
「むーなるほど、俺はファミコン版しかやったことないですねー。
 でも、アルカノイドなんかはちゃんとコントローラーも再現されてましたよね。
 あと、ハイパーオリンピックってご存知ですか?あ、知ってます?あれなんか、すg(中略)
 そういえば、ジョイボーr
(以下レトロゲーおよびそれに関する想い出について俺が超やかましいので略)

というお返事が返ってくるくらいとんとゲームにご無沙汰な知り合いの方に聞いても
『あれ?ファイナルファンタジーってなんかもっといっぱい出てた気がするけどなぁ』
というコメントが帰ってくるくらい、FFはいっぱい出てるイメージがあるのです。
でも5年ぶり。間違いなく5年ぶりです。なんでだろ。


という、久々なのに久々じゃない、さよならだけどさよならじゃない
今回のFFなわけです。


現在のプレー時間は3時間ほど。まだ仲間もいません。
この時点での感想はなんというか、
「面白さがわからないけど面白そう」という感じです。


唐突ですが、自分は
「おまえは今までに見た映画の本数をおぼえているのか?」
(ただしジブリとドラえもん大長編以外で)
と聞かれても、はっきりと
「6本。俺はテレビとゲーム派なもんで」
と答えられるくらい恐ろしく映画を見ない人間です。ディオ様的挑発もなんのその。
嫌いというわけではなくて単純に娯楽ランキングの中で優先順位が低いだけですが。

でも、こんな自分でも、FF12のオープニングは、なんか、こう、
「スターウォーズ」的な何かを連想してしまいました。
なんというか、全体的な雰囲気というか、文明めっちゃ発達してるのに
なぜか戦争で斬り合いとかチャンバラしまくってるあたりが。
自分がそうなのですから、普通またはそれ以上に映画を見ている人は
もっとそれっぽく感じることでしょう。
ですが、そういうオマージュ的なものを差し引いても
ムービーのクオリティは純粋にさすがの一言です。

そして語られるバックストーリーは確かにFFT(というか松野ゲー)っぽい感じ。
しょっぱなから国の名前がちょこちょこ出てきますが、まあ3〜4国程度なら
取っつきが悪くは感じないでしょう。ティアリングサーガとかに比べたらそれはもう。
それよりも問題なのが、物語の最初の舞台になる国が「ダルマスカ」で
その王都の名前が「ラバナスタ」ということです。
正直、覚えにくいです。というか、文字数も同じ上に語感も似通ってるので
どっちがどっちだかわかりません。もうちょっと差別化を図ろうよ。
しょうがないので、自分は両方とも「アラバスタ」って覚えてます。
なんか「アラバスタ」っぽい固有名詞が出てきたら、あぁこの国の話かぁ、みたいな。
幸い王都の周りは砂漠が多いのでもってこいです。

一応この先は伏せますが、ストーリーは思ったほどクドくありません。
イベントシーンやムービーシーンだけ見ると確かに話に重きを置いているように見えますが
寄り道や脱線は最初のほうから必要以上にいっぱい行えます。
また、酒場に行くと「これこれこういうモンスターを討伐してくれ」
みたいな依頼が貼ってある掲示板があり、その依頼を受けてモンスターを倒すと報酬が、という
メタルマックスシリーズまんまじゃんというのは置いといて なかなかに
やりこみがいの深そうなシステムがあります。
しかもこういうのを話そっちのけで寄り道して実行できるし。
なんか外出るとやたらデカい恐竜とかいて、手を出すと瞬殺されるし。
ちょっと遠出すると敵だいぶ強くなるし。
一応画面切り替えはあるけど、フィールドは広大そうだし。
三つ目の討伐依頼受けたらナントカの洞窟とか言われたし。
今はまだ少ないけど、装備とか凄く種類ありそうだし。
ライセンスとかいうのは面倒だけど育て甲斐は凄くありそうだし。


これが「いい」んじゃあないか!康一くん!
この「冒険」できそうな感覚!(ストーリーが)一本道なんかとんでもない!
これがいいんだよ!遊びの幅が広そうな、この感覚が「いい」んじゃないかッ!!

RPG好きだったはずの、僕の心のライターが再点火された気分ですよ。
去年発売された「ロマンシングサガ ミンストレルソング」がとっても良作だった以降、
もうRPGはできない身体になってしまったかなーと思った矢先にこれですよこれ。
やったッ!さすがスクウェア!
おれが思っているようなRPGを平然と(5年もかかったんで全然平然じゃないけど)作ってのけるッ!
そこにシビれるあこがれるゥ!




…でも。
ここで終わってたら良かったのですが。
そう甘くはないのがスクウェアクオリティ。

なんで戦闘システムこんなんなってしまったん?っていうのが今の本音です。
冒頭で述べた、「面白さがわからないけど面白そう」の理由はまさにここ。

自分はてっきり、クロノトリガーみたいなのを連想してたのです。
でもフタを開けてみたら、なんかすごく戦闘システムが微妙。
情報をあまり積極的に入手してなかった自分が悪いには悪いのですが。

まだパーティが一人なので、ガンビットとやらの妙味はわかりません。
でも、正直これだったら普通に敵と遭遇するシステムにして
普通にアクティブタイムバトルでよかったんじゃないかと思うのです。
戦闘中に自在に動けるのは一見新鮮ですが、ちょっとプレーしていると
動く意味ほとんどないんじゃないか?ってことに気がつきます。
結局することは、コマンドを選択してバーが溜まるのを待つだけ。
防御は勿論、ヒットアンドアウェイすらできる仕様にはなっていません。
なぜか敵の攻撃は発動前に離れても普通に当たりますし。

あと痛いのが、戦闘音楽が存在しないこと。
おかげでただでさえ単調な戦闘がさらに間延びします。
やっぱり音楽は重要ですよ、音楽は。
むしろ植松氏カムバック希望ですよ。いや、結構切実に…

やっぱりガンビット登場待ちですかねー。
このへんの最終評価はパーティを組んでからにしたほうがいいかもです。
…が、少なくとも今はクロノトリガー的戦闘を悼む気持ちのほうが強いですね…

という感じで、もう少し進めてみようじゃないかと思います。
世界観及び寄り道できる余地の多さは大変好印象なので
ぜひとも自分の『魂』は『選ばれるべき者』であって欲しいです。
せっかくライター再点火したんですから。



<ここからまた余談、というかチラシの裏>

このFF12の世界には、様々な種族(つまり亜人)がいます。
おなじみのモーグリをはじめ、爬虫類派生っぽいのとか、ウサギ耳っぽいのとか、醜いのとか。
こういうブレスオブファイアシリーズの世界をリアルにしたようなワールドは
自分大好きなのですよもう。
なのに。
なのにですよ。

なぜにパーティメンバーは人間ばっかなのさ。

もうムキーですよ。ふざけんなって感じですよ。
せっかくこういう世界観にしたのにもう台無しじゃないですか。
唯一パーティに入るっぽい亜人がウサギ耳アマゾネスなフランってキャラなのですが、そんな
今にも「あなたが、コンティニュー出来ないのさ!」って言い出しそうな名前の
じゃないじゃない、いかにも「耳は着脱式です」みたいな中途半端な亜人度はいらぬ。
アレですか、これは大衆の人気に迎合せざるをえない商売上の都合ってやつですか。
あぁマイナーな趣味持ってるとこーゆーときにツライ。
| kirby | 一般ゲーム | 13:50 | comments(2) | - |
戦闘は、パーティーが集まってガンビットつけれるようになった辺りから、やや面白くなります
ま、それでも「やや」なんだけど・・
ウチのHPでも言っていたんだが、何かビミョーに欠けているんだよなぁ
それがなんだか分かれば苦労はないのだが、なんか物足りない
ATBにあって、今作にないもの
戦闘音楽もそうなんだけど、システム的にも
個人的にはまだATBの方が面白いかナァ〜と思っとりマス

あぁ、移動は魔法の範囲から逃れるとか、逃走のタメとか、攻撃の射程距離内に入るタメとかで、特に戦略的意味は殆ど無し
敵に気付かれず背後から攻撃したら、一方的にボコれるとか、それこそかぁびぃが言っているヒットアンドウェイみたいな手法があったら面白かったのだが
ファイアなどの初級魔法も、単体じゃなく効果範囲の指定などが出来れば良かったのだが・・・
うーん、コレがイマイチ感の一つかな?

あとやっぱりミンストと同じく、もう少しギル落として欲しいのだが・・・

ちなみに今回のジョジョネタも分かってしまいました(苦笑)
| 緑魔道士 | 2006/03/19 7:46 PM |
「やや」かよ Σ(´Д`;)

移動はやっぱり戦闘的な意味はあんまりないんですね。んがー、まいったなぁ。
実のところ、従来のエンカウント→コマンド入力がダメなら
いっそキングダムハーツくらいアクションに特化したほうが
まだゲーム的に広がりが出たと思うんですけどね。
背後からこっそり近付いて不意討ちを喰らわそうとする、
そんな風なことに挑戦してた頃が俺にもありました…(遠い目)。

最近、何を書いてもジョジョネタか福本ネタが
混ざってしまうのはちょっとした悩み。
| kirby | 2006/03/20 9:30 AM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE