じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
レトロスペクティブ京都 前編
割と前の話ですが、また日帰りで行ける範囲で観光に行ってきました。
今回は京都。
動機は前回と同じ、ゲームの元ネタ訪問。いわゆる「聖地巡礼」のひとつです。

※聖地巡礼の際にはマナーを守り、現地の方にご迷惑をかけないようにしましょう。
※前回同様、オレンジ色で記載されている内容は
 元ネタを知っていないとさっぱり妖精ですので注意。


<登場人物紹介>


・kirby(仮)

誰も知らない知られちゃいけない、このブログを書いてる人。
今回も発案するだけ発案して、当日のスケジュール管理や交通手段の検索等は
全て同行者任せというウルトラ無責任っぷりを存分に発揮。
やったことは写真撮影と無駄口叩きだけ。
あと、このレポートを書くのも任務のうちではあるが、ちょっと検索すれば
ここの1942倍くらい見やすく素晴らしい出来のレポートがたくさんあるので
結局kirbyさんの存在価値はどこにもない。
基本的に人外さん以外には食指が動かない困った嗜好の持ち主でもある。はねとしっぽフェチ。

 スタンド名―「レッド・シグナル」
 本体―kirby(仮名)
 破壊力―E  スピード―E  射程距離―B〜D(能力,両豺B、△両豺D)
 持続力―C  精密動作性―A  成長性―E
 能力―.好織鵐謬擇嗚楝里見つめた『信号機』を、強制的に
     『赤』に変更する。正面の信号限定。本体にも制御は不可能。
     ▲好織鵐謬擇嗚楝里見つめた『人間』の『心』を、強制的に
     『赤』に変更し、精神的に不愉快な気持ちにさせる。本体にも制御は不可能。

 A…超スゴイ B…スゴイ C…人間並 D…ニガテ E…超ニガテ


・同行者(仮)

過去何度か登場した、元ネタになったゲームをkirby氏に薦められた方。
今回も無能な上司役をかって出た自分に代わり、日程・タイムスケジュール・
交通手段・必要金額などを全て管理していただいた超ハイクオリティな方。
っていうか毎度毎度すみません本当感謝しております(;´Д`)
しかしそんな彼にも「妹系キャラに弱い」というアレな弱点がある。
つまりフラン萌えであり、自分が紅Exで1億6000万点取ったよーと報告したら
その日のうちに「俺は2億点ですが何か?」とリプレイを返してきたほどのツワモノっぷり。


 スタンド名―「シスター・アズナブル」
 本体―doukousya(仮名)
 破壊力―B  スピード―B  射程距離―E(自分自身のみ)
 持続力―C  精密動作性―C  成長性―A
 能力―,修Δいβ粟成分を注入すると、本人の様々な能力が
     通常の3倍になる。自分自身にのみ有効。副作用の類はない。
     ∋た能力のスタンド所持者が半径数メートル以内にいる場合のみ、
     お互いに効果が増幅されて更なる威力を発揮する。

 A…超スゴイ B…スゴイ C…人間並 D…ニガテ E…超ニガテ


・射命機3号

kirby氏が所持している携行型電話機能付き写真撮影用機械形式神。正式名称はW21S。
発案以外何もしていないこの無能上司タイプな氏が唯一行える重要なシゴトは
これを使って風景を写真に収めることくらいである。
今回の任務を遂行するにあたり、外部保存用拡張でばいす(メモリースティック)を
装着したことにより飛躍的に撮影可能枚数を増加させることに成功したが
元々が数世代以上前の機種なので、画質については言うに及ばない。
でも、使用者の撮影センスが究極に駄目系極まっているため、画質についてとやかく言える権利は自分にはない。

なお、撮影時に弾を消したり、幽霊や妖怪の類を写真に映し出したりする能力はない。



この番組は御覧のスポンサーの提供でお送りします。
ここまでの流れで何が問題かって、思いっきりジョジョであるにも関わらず
肝心の同行者がジョジョのジの字も知らない
ことですね。…ってダメじゃん俺。




<LEVEL-1 科学世紀の竹取物語を8枚撮影せよ>


さて、前回の弘川寺訪問のときと同様、今回も夜勤明けで程よくライフゲージが煮詰まっている自分。
それに対し同行者は待ち合わせた阪急十三駅京都線のホームにおいて、なぜか鉄道マニア御用達の場所にて
なぜか晴れの日のはずなのに長モノな傘を持ち、それをなぜか両足の間に立て、ロマサガ2のオープニングにおける
七英雄のような威風堂々たるポーズをなぜか取りながら待ち構えておりました。何このテンションの差は。

そんな落ちる直前のてんびんリフト(マリオ1の)のごとく気分が上下に激しく開いた我々を
電車はその日も淡々と運んでくれるのでありました。
途中で普通電車に乗り換え、阪急東向日(ひがしむこう)駅で下車、
阪急バスに乗ること10分くらいで停留所「東山」に到着。
ここが最初の目的地、「竹の径(たけのみち)」です。


まず注意点として、バス停からちょっと戻ったところにある



この道案内に気がつかないと、
おそらく郊外の住宅街をひたすらさまようはめになる可能性が極めて高いので注意が必要です。
ちなみに、ここには徒歩5分と書いてますが、徒歩だとここから余裕で10分近くかかります。
京都といえばどことなくはんなりのんびりしている印象がありましたが
どうやらこのあたりの方々は皆さんとても時間を大切にするようですね。
もうひとつ注意すべきなのは、入り口までの道のりには閑静な住宅街と小学校以外何もないところで
おまけに人通りも凄く少ない
ので、平日の午前10時前という不穏当な時間にいい年こいたヤローのみで訪れると
物凄く後ろめたいというか歩きにくい空気を感じるので気をつけましょう。


そして入り口に到着。





ここで弘川寺巡礼の時の感想をもう1回使いまわすことになりますが
やっぱり空気が全然違いますね。
むしろ空気どころか歴史まで違って見えるくらいです。
赴いた時間や曜日がアレだったせいもあるかもですが人気も全くありません。
文字通り、本当に時が止まっているかのような感覚を受けました。まさに永遠亭ですよね。

そんな不変の大自然パワーをひしひしと感じつつ中へ。
ごめんください、どなたですか、私達はたまのお客様です。
お入りくださいありがとう。


  




いや、例によって自分の点数の低い写真しか撮れないローセンスっぷりには嫌気がさしますが
穢れた文明社会から完璧に隔離されたこの秋色小径は見事の一言です。
まるで別世界の住人になった気がします。これぞオリエンタル歴史浪漫。











そうそう、目を横にやるとそこはまさに永遠の申し子たる竹林がどこまでも広がってたり…
ちょっと色がついた竹を見ると、中にお姫様がいやしないか、という気になったり…
ああ、これぞ歴史探訪ですよ。土と竹と木と葉っぱの匂いしかしないのですよ。










うんうん、そしてこの威風堂々たる鉄塔。文明の象徴ですよね。青緑色の金網も風情を感じますね。

やっぱりスタンド使いはお互いに引かれあうんですねってちょっと待てやオイ。



ちょ、関×電力さん何事ですかこの鉄の匂いは。

そりゃ確かに現代社会において電気は不可欠ではございますが
このような場所に建てるなら建てるでも少し社会から隔離された感を大事にして欲しかったですよ。
巧妙に隠すとか!保護色で覆い隠すとか!光の屈折を利用するとか!鉄塔そのものを竹で作るとか!
いやいや電気と竹の親和性をバカにしちゃいけませんよ?
エジソンが電球を発明した時、彼が最初にフィラメント(発光させる部分)として用いたのは
わざわざ遠い日本から取り寄せた竹だったんですから。
なので近代の電気会社の方々ももうちょいそのあたりイキなはからいをして欲しかったものです。

…まあ、その、実際のところはたまにこういう設備があったり、
写真を見てもわかるとおりバイクなんぞもあったり、
他の写真にもうっすら青緑色の金網がそびえてたり、
たまに自動三輪や軽自動車が何かしらの運搬のために通過して行ったりするので
完全に過去の住人気分に浸ることはできなかったのがちょっと残念かも。
竹林を左右に構えた小径の眺めは見事の一言に集約されるだけに、余計に。


この竹の径は片道15〜20分くらいで歩き終えることができます。
地元ではおそらく年一回、「かぐやの夕べ」という催しを夜間に実施するようで
スケジュールが合えばぜひとも見に行きたかったですね。
元ネタにのっとる意味でもぜひとも夜に来たかったですし。
あと、道案内板を見るとここには「かぐや垣」というものがあるらしかったので
それなりに注意して垣根を見ていたつもりでしたが、どうも思いっきり見逃してしまったっぽいのも心残りです。



そして秋色小径に別れを告げた我々は、坂道を降りてすぐにあるバスにて阪急洛西口駅に赴くことになります。
このバス自体は十数分に一度は到着してたのですが、ふとすぐ横の別のバス停を見ると、



時刻表がこのような事態になっているあたりに郊外の趣を感じました。
正直、『となりのトトロ』の舞台になった村でももう少しバスの本数多いと思います。

あと、こういう反射物を撮る際には「自分のキモい姿が映りこんでいないか」に
細心の注意を払う必要があります。これもちょっとヒヤヒヤです。
念のためもう一枚身体をずらして撮ったのもあるのですが
その写真にはマイケルジャクソンみたいなポーズをとりながら撮影している自分が
くっきりと映り込んでしまってましたので。難しいものです。



そんなわけで、阪急電車にて次の巡礼先へ向かいました。
今回はこのへんで。


さーて、来週の旅行記は?
kirbyです。先日の夜、入浴の際風呂場で派手に転びましてね。
藤子不二雄の漫画でバナナの皮を踏んだ時のようにドスーンと逝きました。
いやー、ひじに痣を作るだけですみましたが、後頭部打ってたら死んでたかもですね。危ない危ない。
そんなわけで次回のじおらいとは、
<LEVEL-2 魂の戻る橋を4枚撮影せよ>
<LEVEL-3 式神の祖の史跡を2枚撮影せよ>
<LEVEL-4 姫を隠す金色の閣を大量に撮影せよ>
の3本です。
それでは来週もまた見てくださいねー。ジャンケンポン。うふふふふふ♪




<おまけ1>



竹の径通行中、どこかに永遠亭(みたいな建物)はないかなーとたびたび左右を見渡していたのですが
残念ながら遠くにしょぼくれた物置小屋っぽいのがあるとこしか発見することはできませんでした。
おまけにただでさえ見辛いのに、ブログに載せるにあたって縮小しているため
上記の写真を見てもさっぱりわからない事態に。一応印をつけましたがこれでもさっぱりわからん。
むぅ、やっぱり迷わず辿り着くのは人間(しかも凡百以下)には無理なのかなぁ。
せめて兎の足でもお守りに装備してくればよかった。


<おまけ2>





お昼のニュースです。
9月未明、京都府向日市にある「竹の径」内部にて、
兵庫県在住の星野黴男さん(2X歳、仮名)が何者かに襲われる事件があったことがわかりました。
黴男さんは竹の径を歩いている途中、突如として視界を乱され
「射命機の力が効かない!!」と叫びながら写真を撮り、その後「へぁーっ!目がー!目がぁー!!」と
このような事態にありがちな台詞を吐いて倒れたということです。
その後黴男さんは、3分間待ってやることにより無事に意識と視界を回復し、旅の続きを楽しみました。
調べに対し黴男さんは、「絶対あのへんに月から来た兎が潜んでたんですよ!幻視受けたんです幻視!」などと
意味不明なことを話しており、警察は黴男さんが落ち着くのを待って精神鑑定に踏み切る見通しです。


| kirby | 小旅行 | 15:48 | comments(6) | - |
自分は1億6800万ぐらいが最高のようです。(何)<紅Ex
しかし、キーボードの「↓」キーが反応悪くなってしまったので
今はコントローラでしかプレイできないことを考えると
当分上のスコアは更新できなさそうです orz
とりあえず、そろそろキーボードどうするか考えなくては。

要は写メール文って事ですね。(マテ)<携行型電話機能付き写真撮影用機械形式神

いわゆる、擬似ニート体験ってやつですね。(何)<平日の午前10時前

その「ポウ!!」って感じな写真もUPきぼ(ry<マイケルジャクソンみたいなポーズ

実はそこにもこたんがインしてたんだよ!!(マテ)<おまけ1の小屋
| NaotO | 2006/10/17 10:06 PM |
自分は1億6170万点でした。
波紋が取れたときはこれより2000万点以上少なかったのが
ちょっと悔しいですが(何)<紅Ex

あれ、NaotOさん本業(何)はリリカ使いだったんですか?
初耳な気がするようなそうでもないような。
でも、やっぱり慣れるとキーボードのほうが精密動作がやりやすくて
いい結果残せる、という話は本当なんですかね。

むしろ自分も全く同じ考えの上でネーミングしたので
ちょっとびっくりしました。<写メール文
なぜ3号にしたかは自分でもよくわかりませんが(何)。
さすがに本気で映りこんでるのでモザイク付きでないと無理です(死)<マイケル
壊れかけの小屋で雨露をしのぐかわいそかわいそなもこたんに
励ましのお便りを出そう!(何)<小屋
| kirby | 2006/10/18 8:09 PM |
道中のパターンを変えてフラン落ちしたプレイが1億5000万なことを考えると
グレイズやスペカゲットよりも、まず道中から練習し直しな感じがしました。(何)<紅Ex

ダブルでオプション1個なリリカ使いではないですよ。←花映塚の話じゃないだろ(死)
むしろ、コントローラでプレイしか回数は数えるぐらいしかないぐらいの
キーボーディストです。(何)
精密動作がやりやすくても蓬莱の薬Lunaラスト5秒クラスになると
もはや関係なくなりますけどね。(苦笑)

3台目の携帯って意味じゃなかったんですか?(汗)<3号
そんなもこたんを里に招くけーねぇを幻視して心温まったのは自分だけですか?(ぇ<小屋
| NaotO | 2006/10/19 8:57 PM |
道中を無事に進むことを考えると、どうしても
点アイテムがどんどん下に落ちて行っちゃいますからね。
開幕と自機狙い3way連射地帯をなんとかしなければ(何)。<道中から練習しなおし
あと、パチェで残機落とさないのも重要なのかもしれません。
(賢者の石後の大量点アイテムが、フルパワーでないと全部Pに変わるため)

ダブルでオプション1個と聞くと、グラディウスか昔のDDRあたりを連想します(何)。
今まで結構な数のリプレイを送っていただきましたが、その全てが
キーボードによるものだったことを踏まえて再度見ると
また違った趣がありますね(何)。
永を1回だけキーボードでやってみましたが、とっさに低速移動できなかったり
とっさにボムを撃てなかったりで初期残機だとEasyクリアがやっとでした(死)。

あ、そうでした。思い出したですよ(遅)。<3台目の携帯
でも里に迷惑かかるからとそれを固辞するもこたんを見て、
それならばとその日から通い妻状態(何)になるけーねの姿 まで幻視しました(死)。<小屋
| kirby | 2006/10/24 8:08 AM |
とりあえず、点アイテム回収のためのボムを使うタイミングが
一番の問題かと。(何)<紅Ex道中
むしろ、稼ぎ目的ならパチェはスペカフルゲットが前提ですよね・・・。(苦笑)
しかし、賢者の石は未だに練習してない件について。(死)
と言うか、フォーオブアカインドより強いのはどういうことですか。(何)<賢者の石

DDRではダブルプレイは「ダブル」ってことをすっかり忘れてました。(ぉ
でも、キーボードでもコントローラでもスティックでも
慣れればほぼ同じレベルのプレイが可能だと思うんですが。(何)
対抗して永夜抄のNormalをコントローラでプレイしました。
2面までは悪くない内容でコントローリスト(違)にテンコー(違)しようかと思いましたが
3面以降の操作ミスとボム押し忘れ具合で転向は取りやめました。(死)
↑ちなみに、てゐ落ちでした
| NaotO | 2006/10/26 7:55 PM |
賢者の石の難しさはガチですね(何)。
フォーオブアカインドはなんだかんだで弾筋が読みやすいので
慣れれば割とすいすい避けられますからね。
本体が出す青中弾が地味に鬼門ですが(汗)。

コントローラーだとたまにキーが暴走したり、
変換器だと僅かな(1フレーム未満の)入力遅延が致命的になることがあるらしく
物凄い極まった次元になるとキーボードのほうが有利らしいです。
まあ、Hardでひーひー言ってるレベルではおっしゃるとおり
慣れが全てだと思いますが(何)。
やっぱり、慣れてないほうのデバイスでプレーすると
一番厄介なのはボムに指がとっさに行かないとこですよね。
| kirby | 2006/10/28 9:44 AM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE