じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
吸血鬼幻想
会社の昼休みに
「ゴールデンウィークを目前に控え、新幹線や航空等の乗客率が高まる」
みたいな内容のニュースを見たのですが、
まあなんとも皆々親子連れで旅行プランをカメラの前でにこやかに語る語る。
正直、
世帯を持てるほど金銭的にも人間的にも実力があり、
かつ連休前の平日に休み取って旅行へ行くことができるなんて
そんな余裕たっぷりの素敵堂々人生送ることができている人が
ニッポン国にこんなにたくさんいるなんてにわかには信じられないのですが。
このニュースは別の世界か別の次元のニュースとしか思えぬ。


なるほど、これが今流行りの格差社会なのですね。やっと理解できました。
わたくし目からウロコです。ついでになぜか目から汗も流れてますが
きっと気のせいです。


はい、今日(土曜日)も終日仕事満載なワーキングなんたらの
嫉妬と羨望に満ち溢れた愚痴でした('A`)


なので今回こそ短く切り上げるわけですが
単刀直入にWiiでマリオペイント2出してくれないかなぁという
ちょっとした希望の念を述べてみます。

あれって絶対Wii向けのソフトだと思うんですよ。
画面をポイントできるし、作った画像やアニメーションデータ持ち歩けるし。
作曲機能だって今日びフリーウェアでもそこそこ作れてしまうのあるんですから
商業用でそこそこのモノが作れないわけがない。
何より、画面をポイントできるシステムを使って
「ハエたたき」をやるとかなり面白いと思うんです。地味に。

もし発売されたら、積みハードまっしぐらな今のマイWiiの現状も
ある程度打開できそうなのですが。


…いやまあその。
なぜ唐突にこんなこと思ったかというと、


<マリオペイントでBloody Tearsを演奏>




これを見たからです。
いや、正直、感動した。

マリオペイントの作曲機能はオマケ程度のものなので当然縛りが激しく、

・24小節までしか作れない
・4分音符しか置けない
・テンポの途中変更が利かない
・音域が2オクターブにギリギリで足りない
・3和音までしか出せない

という、今思い返すと本当におもちゃ程度のことしかできません。

しかしそれでもなおこの完成度。
キツい環境の中で最大限工夫して素晴らしい成果をあげることほど
魂を揺さぶるものはありません。
まさにビデオゲーム黎明期のアツいソウルが
ここに具現されているじゃないですか。

こうなるとやっぱりやってみたくなるわけですよ。
せめてそのアツいソウルに一太刀でも浴びせられるようになりたいと
自分磨きの旅に出る意欲をわしわし刺激されるわけですよ。



そして毎回挫折しているんだよな、これが_| ̄|○



やっぱり、



<亡き王女の為のセプテット ピアノ演奏>




これくらいピアノ弾けたりとかしたら
だいぶ世界が変わって見えるんだろうなぁ。
自分からすれば左手と右手が独立して動いていることすら
同じ人間として信じられない技量に思えるほどなのに。


…というまとまりのない話でした。
| kirby | 雑記 | 02:07 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE