じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
吸血鬼幻想
会社の昼休みに
「ゴールデンウィークを目前に控え、新幹線や航空等の乗客率が高まる」
みたいな内容のニュースを見たのですが、
まあなんとも皆々親子連れで旅行プランをカメラの前でにこやかに語る語る。
正直、
世帯を持てるほど金銭的にも人間的にも実力があり、
かつ連休前の平日に休み取って旅行へ行くことができるなんて
そんな余裕たっぷりの素敵堂々人生送ることができている人が
ニッポン国にこんなにたくさんいるなんてにわかには信じられないのですが。
このニュースは別の世界か別の次元のニュースとしか思えぬ。


なるほど、これが今流行りの格差社会なのですね。やっと理解できました。
わたくし目からウロコです。ついでになぜか目から汗も流れてますが
きっと気のせいです。


はい、今日(土曜日)も終日仕事満載なワーキングなんたらの
嫉妬と羨望に満ち溢れた愚痴でした('A`)


なので今回こそ短く切り上げるわけですが
単刀直入にWiiでマリオペイント2出してくれないかなぁという
ちょっとした希望の念を述べてみます。

あれって絶対Wii向けのソフトだと思うんですよ。
画面をポイントできるし、作った画像やアニメーションデータ持ち歩けるし。
作曲機能だって今日びフリーウェアでもそこそこ作れてしまうのあるんですから
商業用でそこそこのモノが作れないわけがない。
何より、画面をポイントできるシステムを使って
「ハエたたき」をやるとかなり面白いと思うんです。地味に。

もし発売されたら、積みハードまっしぐらな今のマイWiiの現状も
ある程度打開できそうなのですが。


…いやまあその。
なぜ唐突にこんなこと思ったかというと、


<マリオペイントでBloody Tearsを演奏>




これを見たからです。
いや、正直、感動した。

マリオペイントの作曲機能はオマケ程度のものなので当然縛りが激しく、

・24小節までしか作れない
・4分音符しか置けない
・テンポの途中変更が利かない
・音域が2オクターブにギリギリで足りない
・3和音までしか出せない

という、今思い返すと本当におもちゃ程度のことしかできません。

しかしそれでもなおこの完成度。
キツい環境の中で最大限工夫して素晴らしい成果をあげることほど
魂を揺さぶるものはありません。
まさにビデオゲーム黎明期のアツいソウルが
ここに具現されているじゃないですか。

こうなるとやっぱりやってみたくなるわけですよ。
せめてそのアツいソウルに一太刀でも浴びせられるようになりたいと
自分磨きの旅に出る意欲をわしわし刺激されるわけですよ。



そして毎回挫折しているんだよな、これが_| ̄|○



やっぱり、



<亡き王女の為のセプテット ピアノ演奏>




これくらいピアノ弾けたりとかしたら
だいぶ世界が変わって見えるんだろうなぁ。
自分からすれば左手と右手が独立して動いていることすら
同じ人間として信じられない技量に思えるほどなのに。


…というまとまりのない話でした。
| kirby | 雑記 | 02:07 | comments(0) | - |
だから時代は省エネ省スペースだと
言ってるのに。
言ってるのに。のに。


…という話。

ついでに時間も省エネにしたいですので(主に自分の睡眠時間のため)
短く切り上げようと思います。
本当は今週あたりから余裕できるはずだったのですが
5月納期の発注書を見ると、修羅場ってた4月の倍以上の発注があるようなので
今はせめてGWの赤い字部分だけは休めるよう必死こいて仕事の前倒しをする日々です。


世間は不景気なのに、なぜかウチは特需状態。
5月2週目以降はきっと月月火水木金金。あーもうすっごい時代錯誤。

以上愚痴でした。以下本題。



結論だけさっくり言うと、これです。






逆転裁判4の限定版

箱がデカ過ぎるんだよ

コンチクショウがヽ(`Д´)ノ




…いえねちょっと聞いてくださいよこれにはちゃんとした浅い訳がががが。

4月12日の夜、残業終わって帰宅途中9時くらいに最寄のゲームショップに寄ったんです。
そしたらDSのソフトコーナーに手書きPOPにて

「逆転裁判4 限定版あります!」

って書いてたわけ。
たぶんないだろーなーと思ってたけど、あるんなら買おうかなと思って
レジに手ぶらで行ったわけですよ。ええ。
あったのは手書きPOPだけで、限定版そのものは陳列されてませんでしたから。
はいこの太字部分重要でーす。テストに出まーす。

で、レジの店員に「ハァ?」とか言われながらも、ワン×ーグーの店員が
異常に接客態度悪いのはいつものことなので熱くスルーしつつ
何度か店員に言ってようやく店の奥に引っ込んでくれたんですよ。
そして、
あの嫌がらせのようにデカい箱を、
持って来たときの、
俺の王泥喜、もとい驚きぶりときたら。

そりゃまあ、現物を見ないまま店員に持ってこさせたわけですから
驚いて当然です。
結局、自分のせいで5人くらい後ろに列作ってしまってることも考えて
断ることなく購入するハメになってしまいました。

なんということでしょう。
ただでさえスペースがカツカツのマイルームに
こんな嫌がらせ包装を持ち込むことになってしまうなんて。
正直、家に帰って本気でがっくりきました。_| ̄|○

ポイントは限定版の現物を見ることができなかったことですね。
たぶん店頭であの現物を目にしていたらたぶん購入していないか、
買ったにしても凄く躊躇した
ことは間違いないですので。
自分はてっきり、普通のDSソフトと同じサイズで厚みが2.5枚分くらいのものを想像してたんです。
GC版式神の城2のパッケージみたいな。(凄くピンポイントな例え)

どれくらい大きいかは写真のとおりです。
傍らにDSソフトのパッケージを並べましたが、このパッケージのサイズは
一般的なCDケースと同じです。
この中に、DSソフトのパッケージ2つと、紙ケースに入った特典DVD1枚が
物凄い無駄なスペースと共に内包されておりました。
こんなもん再利用できるわけはないし、はっきり言って物凄い邪魔です。
というか、外装に凝るくらいならそのぶん値段下げてくださいよ。


…というのが自分の考えなのですが
他の購入者の方々がどのような考えなのか地味に気になるところです。
やっぱり、こういう限定版って普通は喜ばれるものなんですかね…?

とりあえず、妹のダンナに現物を見せてみると
「うわー近くで見るとこんなデカイんですねー良かった買わなくて」
と言ってたとこが今のところ唯一の参考意見。


幸い、中身の逆転裁判4は通常版と変わらなかったので
安心して売却できるのが救いでした。
ブルードラゴンの本体同梱版など、それすらもできないようになってましたので。

ちなみに、縦横がデカイだけでなく
厚さも





CDケース約5枚分とボリュームたっぷり。
どこに置いても邪魔です。ちくしょう。


あと、ヤフオクの状況を見る限り
値段が高騰したとか入手困難だとかそういうわけではなかったようですね。
どうも限定版自体が一般流通経路だと
そこそこ数が出ているみたいで、その点で値が伸びなかったのでしょう。
しかし、発売日夜は出品数が600以上あったことを考えると
さすがに1週間経てばそこそこ減るもんだなぁと思います。


ああ、あとヘッドホンも本気で邪魔なんだけどどうしようかなぁ。


まあでも、

逆転裁判4本編がそもそも面白くない

ことに比べれば些細な問題かもしれませんけどね。(´・ω・`)


…まあ、まだ最後の第4話を冒頭しかやってない、という状況なので
ここからどうなるかわかりませんが、冒頭だけでもなんかいかにも面白くなさそうな匂いが…




というわけで、愚痴りタイムでした。
おやすみなさい。あー人間歳を取ると愚痴っぽくなって困りますねー。
あ、気がついたら全然文章量が省エネじゃないや。





そういえば、5月20日まであと1ヶ月になったけど
まだ新作の情報が出てないのがちと気になるというかやきもきするというか。
体験版Plus出るといいなぁ。いや、行けないけど('A`)
| kirby | 一般ゲーム | 01:54 | comments(9) | - |
4月7日、梅田にて
<待ち合わせをする時の注意点 in OSAKA>

’濺張咼奪哀泪鵝糞伊国屋書店前巨大スクリーンのこと)を目印にして
 待ち合わせる場合は、必ずどちらの画面前かを指定しよう!
 スクリーンは実は2つあるから、説明が悪いと数十メートル先に
 待ち合わせ相手がいるにも関わらず延々待ち続けるハメになるぞ!
 ちなみに自分は今回で3回目だ!そろそろ本気で学習するべきだね!

天気予報は信用してはいけないことを事前に伝えておこう!
 今年の大阪近辺は3月に入ったあたりから、なぜか
 天気予報に関係なく週末になると必ず雨が降るようになってしまってるんだ!
 だからカサを持参するようにってちゃんと伝えておくべきだったね!
 ちなみに、このとおり今週末もしっかり雨なんだ!
 うーん、自然の力ってすごいよね!!つーか土曜ばっか雨とか嫌がらせだろこれ。

自分が全然酒飲まないとはいえ、ちゃんと飲み屋の場所くらいは調べておこう!
 他力本願はもちろん、どうせ大阪なんだから行き当たりばったりで歩いてても
 どっかぶち当たるだろう、って考えは良くないぞ!まあ1分もせずにぶち当たったけど。


まず最初に主な反省点を箇条書きにしつつ、
今回は4月7日に行われたはるか北部よりの客人を出迎えた話です。

間の悪いことに当日土曜日はどーしても外せない仕事になってしまって、
午前中仕事→午後客人歓迎→夕方会社帰還 というアレすぎる過密スケジュールに
なってしまったことをまずは再三に渡り深く関係者各位にお詫び申し上げつつ。
あと、当日は射命機3号をちゃんと携帯してたにも関わらず全く撮影をしていないので
文字だけ羅列したのみとなります。

今回客人が行ってみたい場所として指定してきたのは
梅田ジョイポリスというセガ系列のアミューズメントパークです。
どうも本当は目当てのアトラクションがあったらしいですが
大阪行きを決めた後にすでに撤去されてしまったのを知ったらしく
「せっかくだから俺はこのセガの扉を選ぶぜ」的な動機で赴くことになりました。

この話を聞いた際、自分は名前だけ知ってて場所を知らなかったのですが
調べてみるとなんのことはない、梅田周辺では嫌でも目に付く巨大観覧車を有した
どでかいショッピングセンター的な建物の上層部に展開されているとのことでした。
(※知ってる人用:HEPFIVEの8階)
まあ、これは自分は知らなくても仕方なかったですね。
だってこの建造物ってあまりにオシャレすぎて俺みたいなヤツが入るには
人種レベルで“違う”感じ
ですから。いや本当に。

そんな格差社会をひしひしと感じる環境に、客人2名と関西圏のお知り合い1名を擁して
自分ひとりだけ物凄い意を決して突入する我々。
中に入るとそりゃもう若者や女性向けのハイセンスなお店がぎっしり。
なんかもうこの時点で敵地のど真ん中にいる気分でした。というか敵って誰だ。
このときの脳内BGMはパイレーツオブカリビアンのあの曲(※1:後述)でした。

あまりの強さに光の玉を使いたい気分になりながらも目的地に到着。

自分はもう少しゲームセンターじみた場所を連想してたのですが
中身はアミューズメントパークの名にたがわず、アトラクション中心でした。
もちろん建物の上層階にジェットコースター的な乗り物など設置できるわけがありませんから
そこはそれ、21世紀の申し子たるバーチャルリアリティの真骨頂ですよ。
密閉空間で巨大スクリーンにスリル満点(死語)な映像を映す!
ジェットコースター型乗り物が映像に合わせて振動したり傾いたりする!
ゆえに屋内にいながら絶叫マシーンな気分を味わえるわけです。
これぞ狭い空間を最大限利用した新世代アミューズメント。

…って文章に書くとたいしたことないように思えるのはなんでだろ。
これが駄文マジック。

ところがどっこい。
実際ここはきっと客人の方も見てるはずなのですが
自分のブログということでご無礼ながら本音を申し上げさせていただくと、

本当にたいしたことないから困る。

これは自分ののめりこみ度が足りないだけかもしれませんが、
いくら物凄い絶叫的展開がスクリーンに流れてたとしても
やっぱり単にイスがごとごと動いてるだけなんだよなぁと思うと
物凄くしらけてしまうんですよ。
遊園地の乗り物は確かに安全圏内で作られたスリルなのかもしれませんが
それでも現実に置かれている怖い環境(高度とか)はバーチャルでは
絶対出せないと思うんです。

しかし他の客や女性陣は凄い絶叫したり笑ったりしてたので
野暮なこと考えなければ楽しいのでしょう。
つまり楽しめなかった俺が負け組。_| ̄|○

今思えば、係員の人が正直引いてしまうくらい舞台にのめりこんだ解説をしてましたが
これは「ちゃんとこの世界に入ってないと現実見えて冷めちゃうよ」ということを
暗示していたのかもしれません。

しかし、それでも、
それを差し引いても、

「もし!もぉし!万が一!深さ1000メートルの急流に飲み込まれてしまったらぁ!
 助かるためのおまじないをしてくださぁい!
 頭の上にこう両手を上げてぇ!こう振り下ろしながらぁ!
 はい、『ワイルドー!ワイルドー!』
 …皆さんもやってみましょう!はい、『ワ

(以下略)

※もちろんうろ覚えですので細部は違うと思います


正直どうかと思う。



そんな千葉県の夢の国とか同じ大阪の出張ハリウッドみたいな
大手アミューズメントパーク的空気を出すには規模的に無理がありますって。
もっとそういうのが許される雰囲気を施設全体で作るか、数の暴力をふるわないと。
8人程度でラジオ体操第二のような動きを衆人環視の下でやらされても
正直何かしらの羞恥プレイのようにしか思えません。


とまあケチばっかつけてますが、楽しめたものもありました。
ハンググライダー的な乗り物を二人一組で操縦して
早くゴールに辿り着くのが目的、という
東京フレンドパークに出てきそうな擬似飛行レーシングゲーム。
座席の前に実際のハンググライダーで掴んで操縦するアレがついてて
動かすことでバーチャルなスカイフライングを行うことができます。
残念ながら弾は撃てませんでした。
くそ。どうせならアフターバーナーみたいにしてくれたら良かったのに。


しかしここでもまた思いもよらぬアクシデントが。

客人は♂1人♀1人で、関西圏のお知り合いは♀。で自分は♂。
つまり我々4名はちょうど2対2なわけです。
そして無駄以外の何物でもないチュートリアルムービーも
男女ペアでレースに出場するぞ的な展開でした。

ところが客人の♂側が、全く何の迷いもなく
女性お二方を先にグライダーにご案内はーい行ってらっしゃーい
ときたもんだ。



えーと、大変失礼ながらまたしても本音になりますが、


こ の オ メ ガ う つ け 者 が ッ   (#´Д`)つ)Д`)

普通こういうのは男女ペアで乗るものではないのか。
ゲームに多少慣れてる男性側と慣れてない女性側とで
うわーうまく操作できないちょっと何これぎゃーきゃーと
騒ぎながらゲームするのが楽しいんじゃないですかこういうのは。
ただでさえ場所柄アベック(死語)の多い場所で、
我々の前に並んでた人も皆男女ペアで入って行ったのに
何ゆえこのような選択肢をお取りになられますかお主は。

しかも結果も平凡でした_| ̄|○

あ、ゲームそのものは楽しかったですよ?
気流とかやたら強くて思ったとおりに全然動かせないあたりとか
ちゃんとバーチャルなりに頑張ってると思いましたので。



さあ、ワイルド→野郎ペア ときて、次は3Dメガネを着用しての
バーチャルな深海探検ツアー。

…もとい、内臓ミキシングマシーン
の登場です。

というか、これ、
客が病院送りになったとか物騒な話が出たことはないのか
ってくらい揺れる。とにかく揺れる。アホほど揺れる。

深海探検だったらしいですが、自分は開始5秒で
「あ、これはマズイ、目開けてたら確実に死ぬ」
と本気で思って目を閉じてたので中身は全然わかりません。
あまつさえ、それでも確実に下がってくる俺の気圧。上がってくるすっぱい何か。
えーとこんなときはなんだっけ、あ、そうだ、ワイルドー!ワイルドー!!
とか言う間もなく、凄まじい発汗と共に消化器官がごぷんごぷん鳴りはじめ
越えてはいけない境界に足を踏み入れかけた瞬間に終わりました。
助かった。
あと10秒長かったら、本気で非常停止してたかもしれない。

ナビゲーター役の係員に、一目見られるなり大丈夫ですかと聞かれたので
あのときの自分は死神でも背負ったような状態だったのでしょう。

単に揺れるだけならとにかく、これはなんか潜水艦っぽい動きを出そうとしたのか
前後に思いっきりShake!!Shake!!されるのが
このブギーな胸騒ぎの原因だと思うんですよ。
これは絶対もう少し自重すべき。シェイクを抑えるべき。
説明時に「ハズカシパワー充填!まじかる〜☆らいどっ!」
とかする暇があったらもう少し健康面に気を配ってください。



以上、はっきり言って厳しいの一言でした。
このほかにもなんかやった気がしますが、あまりにShake!!Shake!!されたおかげで
元々ぐちゃぐちゃの脳味噌までさらに攪拌されてしまったようで
よく覚えておりません。

ただ、十数年ぶりに食ったクレープは凄い美味しかったです。
自分は滅多に洋菓子を食べないのですが、これはいいなと思いました。
バニラアイスとメイプルシロップ!
この2人組、相性が良すぎる! 今まで出会ったどの食べ合わせよりも!
その2つの甘味の間に生じる界面状態の圧倒的美味空間は
まさに味王的美食倶楽部の小宇宙!!

他にはメダルゲームとかUFOキャッチャー的なクレーンゲームも多数あったのですが
時間的にそこまで手が回らなかったのも残念なところです。
ごめんね僕の会社今修羅場☆La☆バンバだからごめんね(;´Д⊂)

実は移動中に何度もクレーンゲームゾーンを通ったので
その際テイルスのぬいぐるみ的なモノがプライズにないか
探してたのですが、影も形もなかったのが残念。
それを踏まえてセガプライズのサイトを後で見たのですが
自社のゲームキャラが全く存在しないところに
一抹どころではない寂しさを感じました。

そんな中で、受付前で聞こえてきたファンタジーゾーン1面のテーマ曲を思い出すと
とてもノスタルジックな気分になります。
ちょっとだけ、古き良き時代の残り火を感じることができた気がしました。


以上、改めて感謝とお詫びを。
関係者の皆様におかれましては今回、短い滞留期間と不慣れな案内と
低いテンションとジョイポリス後の対応のあたふたさもろもろについて
深くお詫び申し上げます。
しかもお土産までいただいて感謝のしどおしです。
このたびはお世話になりました。そしてありがとうございました。




(※1:パイレーツオブカリビアンの曲)

は、この曲のこと。
<音量注意> 特に1分50秒あたりにデカい音あり





これを見ると日本の自衛隊が世界最強の軍隊に思えてきます。
そんな映像と音楽のマジック。PVって大切なんですね。
| kirby | 自分 | 00:54 | comments(3) | - |
無題的近況
あー、そうだったのか。

「歌はいいねえ。 歌は心を潤してくれる。
日本の生み出した文化の極みだよ」

ってセリフ、かなり前にどこぞで見て以来ずっと好きだったんですが
これ元ネタエヴァンゲリオンだったんですね。マジで最近知りました。
道理でなんか変な反応されることあったわけだ(←その時点で気付け)。

まあ今さらなんだって気もしますけどね。
今の会社でも、入社して3日目に上司に
「あーそうかつまり君もとしあきなのか」
って言われたりもしましたしorz
アレですか、類は友を呼ぶというか、人は見た目が9割というか?('A`)
いや、というか「2ちゃんねらーなのか」って言われるならまだしも
なんでそんなピンポイントな用語知ってるんですか。
そもそも200万円くらいする超高級大型バイクで通勤するほどの疾り屋さんしてる人が
何ゆえこの業が深すぎる世界を知ってるのか不思議でなりません。
だいたい、知らない人はリンク先の説明を見ても何がなんだかさっぱりわからないはず。



でも普段はそんなアレな空気は微塵もなく、皆マジメに(一部不真面目に)
労働しております。なんか、詳しくは書けませんが当会社は規模的には中小ながら
非常にピンポイントな工業製品にて世界有数の技術とシェアがあるらしく、
これからそういうのを担って行かなければならないと考えると
今からプレッシャーと(((;゚Д゚)))ガクガクブルブルでいっぱいです。

あと残業もいっぱいです。(;´Д⊂)
まあこれは逃れられない宿命みたいなものなのでしょうがないですけどね。


最近の近況として、4月1日にまた例の場所(去年の今頃の記事参照)へ花見へ行ってきました。
前日が土曜日にも関わらずフルで勤務した後だったのでなんだかんだで疲れましたが
普段のようにだらだらと過ごす日曜日と比較すると
翌日(つまり昨日)もなんか比較的すっきり過ごすことができたように思います。
やっぱり多少体力的に消耗しても気分転換は大切なんですね。

<このへん私信>
懸念していた射命機3号ピンボケ事件については
自宅で写真見たらちゃんと写ってました。
なので今度こそまたレポ書かせていただきます。


こんな感じで昨今の近況を過ごしている近頃です(日本語変)。
時間が来てしまいました。またの更新までごきげんようみなさま。







…花見のあと、1回通しでやってみたけど、
4面で5人くらい落とすわ、ヒロカワで2人落とすわ
4月1日だから信じてもらえないんじゃないかってくらいキツいミスを放ち
結局腐れた点数に。




まだまだ道は遠いです。
あ、メールは無事に頂戴できました。ありがとうございました。
| kirby | 自分 | 00:54 | comments(8) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2007 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE