じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
近況報告その他
今回の記事は時間節約のため
推敲なし箇条書きぐだぐだモードを採用しております。
ちなみに、下に行けば行くほど人を選ぶ内容になっているので
ご了承ください。




<連絡事項みたいなもの>

コメント欄でちょっと書きましたが
7月31日から8月6日まで出張のため留守にします。
そのため、本日夜およびこの週はおそらく記事作成とか返信とかが
できなくなると思いますのでご了承ください。

※ただし、射命機4号とこのブログサービスの仕様と
出張先での仕事状況などにより予定が未定になる可能性もございます。
あらかじめご了承ください。


<月残業時間80時間弱だけど、それでも>

Wiiのドラゴンクエストソードやってみたよー。

なんつうか、自分で斬ったり防御したりできるってのは
なんだかんだで凄く面白いです。全く新しい操作体系ですし。
ただ、RPGというジャンル的には大いに疑問が残るところ。
その最大の理由が、フィールドはたまに分かれ道を選択する以外は
全部一本道であり、毎回全く同じ場所で同じ組み合わせの敵とエンカウントする

ところ。
1章ごとに戦績と称してスコアが出てくるあたりを考えても、RPGというよりは
アクションやシューティングっぽいゲーム性と言える気がしなくもないわけで。
あと、5時間でもうレベル32とか行ってるので、量的なボリュームは
かなり少ないと推察します。

もしこれがWiiのロンチ(本体同時発売)だったら
ハードの売り上げの初動が全然違うものになってたとは思います。
個人的にはそれくらい惜しいゲーム。
いや本当に面白いんですよ?面白いからこそこの
ゲーム進行の際における柔軟性のなさはとても残念なわけで。
今回は新しい試みの実験作みたいなものとして、次回に期待でしょうか。


<そんなWiiのバーチャルコンソールに>

ついに大魔界村キタ━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━!!!!

いやぁ正直、せっかくバーチャルコンソールにメガドライブのソフトがあるにもかかわらず
なぜこれがリストアップされていないのか意味不明だった
わけですが
ようやくこれでVC始まったなと声を大にして言えます。

まあ、Wiiでネットできる環境がまだないんですけどね(;´Д`)

しかし大魔界村は本当に続編としてはよくできています。
「続編殺しのカプコン」という異名からはかけ離れた出来です。
最近ではあの裁判ゲームの4作目でこの異名を実感できますね。
というか個人的には4は完全にパラレルワールド扱いにして欲しいのですがまあそれはそれ。
なぜ大魔界村だけここまで完成度高くて、SFCの超魔界村はなぜか
あまり面白味がなかったのか言葉ではなかなか説明できませんが
何かしら大のほうには潜在意識レベルでひきつけられる何かがあったのでしょう。

ちなみに当時を知る知り合いに同じ疑問をぶつけてみると
「超魔界村は2段ジャンプできるからなのと、上下に攻撃できないから」
とのこと。
…なるほどなと思う。


    〜〜〜〜ここらへんがアレとナニの境界〜〜〜〜


<体・験・版! 体・験・版!>






( ゚ Д゚) …


( ゚Д゚ )



ついにこの時が来てしまいました。

今までと同じ環境でプレーすると1面が常時40fpsほどしか出ません。
これではもう完全に別ゲームです。
フルスクリーンにして、色を16bitに落とせばギリギリ60近くは出ますが
それでも
・各ボスのカットイン表示時
・自分被弾時
・みのりこの通常のうにょーんがいっぱい出たとき
・雛嬢の一部スペカ(というかペインフロー以外全部)
においてかなりの処理落ちが確認されています。
今まで騙し騙しやってきましたがついにオンボードの限界が訪れたようです。
製品版が手に入る9月中旬〜下旬くらいまでにはなんとしてでもPCの買い替えを
実行してしまわねばなりません。というか、いい機会なので今度こそやります。

他、色々語りたいことはありますが
とりあえず1ボス・3道中・3ボス曲が今回のフェイバリットです。
神主の曲でオール3拍子の曲は今回がはじめてなのではないでしょうか。
メイドと血の懐中時計・彼岸帰航は部分的に3拍子だったし
今昔幻想郷とポイズンボディは3拍子というより6拍子だったし。

・道中曲ベスト5
妖2≧紅3>妖Ph>永5≧妖5

・ボス曲ベスト5
妖6>妖3>永6A≧紅Ex≧紅6

のマイランキングの中に今回の曲がどこまで食い込めるか今から楽しみです。
まあ、このランキングはその日の気分でコロコロランク外と入れ替わりますけど(意味ねぇ)。
でも妖3と6は常に順位不動だから困る。

あ、今の最高記録はNormalだとギリギリ1億点超えたくらいです。


<そうだ東京に逝こう>

さてそんなわけですので(何がだ)、
8月17日金曜日に東京に行けないかとちょっと前までずっと思案していました。
でも正直、お盆休みすらあるかないか本気でわからない状況なので
こないな中俺だけ休み取るなんて色々と許されないのです。だって部長様に叱られるから。
さすがに自分の運命をダークサイドに堕とすわけにはいきません。
本家と緋想天の体験版の2つのみに狙いを絞って入手後即帰る予定だったので
17日でなくて例年通り19日だったらまだギリギリなんとかなったかもですが
やっぱりなかなかうまくいかないものですね…。


<最近本当にあったネタのような話>

会社ぐるみで付き合いの深い(らしい)某所のスナックに行った際、
従業員の女の子の名前が「らん」と「ゆかり」だった件。
冗談みたいですが本当です。ママさんが紹介しているのを聞いた時は
素で食ってた野菜スティック吹きかけましたとも。(;´Д`)
いやそりゃ両方ともよくある名前ですが、自分の狭い行動範囲で
偶然2つ揃うってのもなかなか運命の悪戯度高いと思ったりしたわけで。

あと、土曜日のおなじみ浜村淳のラジオ番組における映画紹介で
誰か実在した歌姫と呼ばれた人の伝記的内容の映画が紹介されてましたが
その際「あなたの名前は野暮ったくてダメね、改名しなさい。
××(名前忘れた)って名前がいいわ、ここの言葉で「雀」って意味よ」
って内容のセリフが浜村さんによって読み上げられた時もびっくりしたのなんの。
なんというか、偶然って恐ろしいですね。
人生にはなんの影響も支障もない瑣末な偶然ですが、それでも何かしらのチカラを感じます。



<最後に謎すぎる一言>

500ページって何。500ページって。
このマイルームず保存スペースの絶望感をどう打開すればいいのやら。
(↑じゃあ買うな)
| kirby | 自分 | 02:10 | comments(0) | - |
青いアイツが帰ってきた
そういや、前の記事でコメントいただくまで忘れてしまってましたが、

PRESS START 2007 -SYMPHONY OF GAMES-

というゲーム音楽コンサートっぽいのが開催されるみたいですね。
コメント欄では「しまったああ予約期間過ぎちゃったぁぁぁ」
みたいに慌てふためいてしまいましたが、よく見たら横浜公演のほうは
一般販売を受け付けているようですので、きっと大阪のほうも
それに倣ってくれるでしょう。
もし大阪はこれで終了なら残念ですが諦める方針で。


この紹介ページで中身がどうなのかはよく見えてきませんが、
とりあえず桜井政博氏が参加しているだけでも個人的には価値があると言えます。
スマブラに64版GC版合わせて数え切れない(というか数えるの怖い)くらいの時間を
費やした自分としては、その生みの親である氏を一目見ておきたいわけで。
加えてそのスマブラの音楽担当のかた(酒井氏)も参加しているとなれば
聴きに行かない道理はないでしょう。

でも、せっかく「SYMPHONY OF GAMES」と銘打っているからには
参加するかたの持ち曲だけでなく、ゲームとピコピコ音の歴史を総括する意味で
色々なかたの色々な曲を聴いてみたいものです。具体的に書くととても書ききれませんが。
まあ、スマブラつながりで任天さんの曲を順次演奏というのもこれまた垂涎ものですけどね。

あと、たまに聞く
「野島が参加している意味がわからない」
という意見に関してはごもっともだと思いつつも
音楽関係者じゃないのになんで参加してるんだ、って意に捉えてしまうと
桜井さんも参加できなくなるし。そこまで目くじら立てなくてもいいのでは…
とも思います。

そもそも野島さんは若干叩かれすぎの感があると思う。
ここだから正直なこと言いますが、FF8のシナリオはまあ仕方ないとしても
FF10のシナリオなんぞは叩くほどの出来では決してないと思うのは自分だけか。
あれは粗が少ないし無駄にややこしくないしよくまとまった話だと思うけどなぁ。
10の叩くべきところは「雑魚敵はテンポを重視して一撃で倒せるようにしました(笑)」
などと抜かしたどあほうがいたとかそういうあたりであって
シナリオだけで言うと伏線完全放置のバーゲンセールなFF9のほうが数段ヒドいと思うのですが
まあこの話はいいや。
というかそんな下らない私怨瑣事はまとめてDESTROYしちまうくらい
(ある意味)HOTなNEWSがカムヒアしてきたのでまるっと紹介しちゃうぜ。



ヤター!!新しいポーションできたよ!!!




<↓ここから白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)っぽく>


…まるで成長

していない…



誰かサントリーに基礎を教える人間はいるのか…?
あいつマーケディングはどうなんだ?消費者とうまくコミュニケートできていないようだ…
そもそもこの商品は何だ…それぞれが自己満足な仕様ばかりだ、まるでまとまっていない…
一体責任者は何をやっとるんだ!?
これじゃサントリーはダメになる…! アイツの連絡先を教えてくれ!


<↑ここまで白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)っぽく>



…でも、よく考えなくても「鬼」ってデビルじゃないですよね。
「白髪悪魔」にするか「ホワイトヘアードオーガ」とかにしないと辻褄合わない気がしますが
いやいやそんなことはどうでもいいんです、まーたやってますよサントリーったらもう。

>さらに、ローヤルゼリー・ビタミンB1などを配合し、
>「FINAL FANTASY」ではおなじみの体力回復薬「ポーション」のイメージそのままに、
>口あたりの良いドリンクに仕上げてある。

このへんなどいかにも「大丈夫。サントリーの飲み物だよ。」(アレっぽく)
とでも言いたげなオーラが満載です。うわー信用ならねぇ。
おまけに今回一般販売なしのようです。完全限定生産。しかも書籍付きとはいえこの値段。
このへんの強気価格設定とほのかな選民っぷりはさすが神羅カンパニーと思わざるをえません。

というわけで変態飲料好きとしてはまことに残念ではありますが今回はスルーする方針で。

でもポーションはFFという有名なゲームとタイアップして
出来るだけゲームのイメージを再現しようとしているあたりに企業努力を感じます。
このへんはあのきゅう☆かんばぁにも見習って欲しかったとこですね。
例えばこういうアニメ映画と提携…はイメージ的に無理っぽいので
せめて発売の足並みを揃えてみるとか。
きゅう☆かんばぁに足りなかったのはこういう姿勢だと思うんだ。

ちなみにこの映画ですが、浜村淳のラジオ番組で2週間ほど前に取り上げられてましたが
浜村さんがストーリーを99%ほど喋ってしまったのはいろんな意味で大丈夫なんでしょうか。
このかたの映画紹介コーナーはいつもこんなんですが。でも聞くと見たくなる不思議。

しかし、FF7でどこまで引っ張るのでしょうかね。
そのわりに肝心の本編には移植やリメイクの動きがないですし
真剣に謎です。

…この流れで「世界樹のしずく」とか「エルフののみぐすり」とか出ないかなー。
昔はドラクエ関連の商品も結構あったんだけど、スクエニになってからは推して知るべしな
この状況に絶望せざるをえない。


という、まとまりのない今回の記事でした。
| kirby | 自分 | 00:34 | comments(2) | - |
さよなら射命機3号
来週の火曜日から一日12時間労働と引き換えに得た3連休ですが
いかがお過ごしでしょうか。
どうせ雨と台風のダブルコンボで遠出するにもはばかられる状態なので
あと2日家で大人しくしながら色々することにします。
あーしっかしアホみたく雨降るなぁ。洗濯物生乾きでまいっちんぐですよ('A`)

だがしかし大型連休という機会を逃す手はありません。
かねてから計画中だった携帯電話の買い替え
本日やっと完遂しました。
機種はSH903iの青色。
メタリックブルーのイカしたコイツが4代目射命機となります。
なぜこの機種にしたいと思ったのかはよくわかりません。
某無料アプリがやりたいなーというのは動機としてありましたが
基本的にデザインとか周りやネットの評判で決めた感じです。

つか全然売ってなかったんですよこれ。真剣に苦労しました。
他の903シリーズが全部売っているのに、このSHだけ売ってない
というパターンがほとんどでしたから。
このように探し物が見つからない場合は、ありったけ探してから一度
スタート地点に戻ってみると意外と見つかってしまうものです。
これを勝手に“ファミコン版キャプ翼1の法則”と名付けていますが
どれだけの人に意味をわかってもらえるかは難しいトコです。
今回もその法則にのっとって、自宅から自転車1分のショボいショッピングセンターに行くと
1台だけあったわけですよ。なんという幸運。それとなく僥倖。
他の903iが1円だったにも関わらず、これだけ1万円越えてましたが。

というわけで、今まで当ブログをはじめ長々とお世話になった
3代目射命機ことW21Sは、本日をもちまして定年を迎えました。
幾度となく落下の衝撃に耐えてきたあなたの頑丈さ、忘れません。
すでに幻想の遺物となったジョグダイヤル、忘れません。
あなたのキビキビサクサクとした動作、忘れません。
あなたとともに旅したこと、収めてもらった写真と想い出、忘れません。
今までありがとう。
そしてこの写真こそが、あなたの最後の仕事であり、夢の続きです。






<問題>上の画像のおかしなところを答えなさい。(10点)


正解はもちろんグリコの箱がデカ過ぎるだけですが
なぜ携帯買ってグリコのおかし詰め合わせを貰えるのか割と真剣にわかりません。
しかも市販品ではなく、ちゃんと販促のために作られたもの。
まさかこんな変化球にてグリコの宣伝をされるとは思っていませんでした。
でも、「詰め合わせ」と銘打っているのに
中身の大半がコメッコで埋められているのはどうかと思うんだ。


とまあそんなわけで、ありがとう3代目。こんにちは4代目。
キミも変な上にキモい奴のトコに来たくはなかったかもしれないけど
そのメタリックボデーの持ち主に相応しい奴になれるよう頑張るので
どうか今後ともよろしく。


※連絡事項※
番号ポータビリティを使ったため、電話番号は今までと変わりません。
メールアドレスも、既存のアドレスのドメインがドコモに変わっただけです。
(k(中略)2@docomo.ne.jp)




とまあ、ここまで世代交代を祝うコーナーとなっていましたが
どうしてもひとつだけ気になってしまうのが着メロについて。

まず着メロというものは必要か否か。
どうせ出先ではずっとマナーモードにしているのでまったく必要ではないのですが、
家にいるときはもちろん音出さないと着信がわかりませんし、目覚ましがわりに使う時は
やっぱり自分の好きな曲で目覚めたいものです。ゆえにやっぱり必要。

そうなるとどうしても自分の場合ゲーム音楽になってしまうわけですが、
今までJ-PHONEやauで集めた着メロがdocomoでは全く使えなくなってしまう現実がありまして
この一点が原因でかなり長いあいだdocomoへの乗換えを渋っていました。
結局未練を振り切って買い換えたわけですが、
やっぱりこのような大手ゲーム着メロサイトがあった
au・Softbankに比べると、どうしてもこのようなジャンルの蒐集は
いまいちはかどらない感じがします。というか、上記サイト様が便利すぎたもので…

まあ、自分の検索がまだ全然足りてないだけで
もしかしたら探せば色々見つかるかもしれないですけどね。
どのみちパケホーダイフルの恩恵を活かさなければならないので
これから色々やってみましょう。探すのもなんだかんだで楽しいし。

そのほかに残念な気分になってしまうのが、かなり前にある知り合いに作っていただいた
ディスクシステムの起動音が使えなくなってしまうこと。

自分の携帯遍歴を見ると、見事に替えるたびにバラバラになってて、

初代:Tu-Ka(型番失念:なんか逆転裁判の成歩堂が持ってる感じのやつ)

2代目:J-PHONE(J-SH53)

3代目:au(W21S)

4代目:docomo(SH903i)

と、J-PHONE→Vodafone→Softbankであることを考えると
おおよそメジャーな携帯電話会社全部を渡り歩いたことになります。
(註:携帯全然詳しくないので間違ってたらすまねぇだ(;´Д`))
佐川→ヤマト→日通→郵便 と渡り歩いた自分の学生時代のバイト遍歴みたいですね。

この2代目を使ってたころに作っていただいた起動音は
今でもメール着信音としてずっと使っていました。
何より、「当時」を思い出せる数少ない材料だったわけで
これが使えなくなってデータの海に埋没してしまうと考えると
ただでさえ遠い泡沫となってしまった「当時」の記憶が
さらに離れて行ってしまうような気がして、一抹ならぬ五抹くらいの寂しさを覚えます。



そんな、ちょっぴりせつない世代交代の報告でした。






<この2週間でやったゲームの成果>





…まさか無何有浄化より回数かかるとは思わなかったよ(´Д`;)
| kirby | 自分 | 00:17 | comments(7) | - |
ちょっとした想い出のゲーム 1
略してちょもゲー。



ついおとといくらいの話ですが、

いただきストリートDS
(↑公式ページへのリンク・音出るので注意)

買ってしまいました。

まずはなぜ、買ったばかりのこのいただきストリート(以下『いたスト』)が
ちょもゲーになるのかを説明しなければなりません。

これのPS2版を知り合い同士で楽しくプレーしてた時期がありまして。
ほんの1〜2年くらい前までの話なので、「想い出」とくくるにはまだまだ
セピア色になりきれない程度に短い時間しか流れていません。
それでも、今はそれぞれが違う環境にいてろくろく連絡も取れない状況なので
ふと思い返すとやっぱり懐かしく思えてしまうもので。
そんな想い出のかけらが欲しくなったのでしょう。気がつけば買っていました。
ちょうど発売時期がタイムリーなこともあったと思います。

一番詳しい人にルールを教えてもらって、相乗り・5倍買い・9株売り・10株売りなどといった
試合を有利に進めるための基本テクニックをおおよそ理解できてからは
4人が一同に会した際の催しはこれしかない、という流れになってました。
いたスト前までは、他のゲームやったり麻雀したりしてましたが
このゲームの登場で一気に場が翻った感じです。(麻雀だけは例外だったけど)
でもティンクルスタースプライツでの総当り対戦も白熱したっけ。
某花映塚で鍛えた腕をm(ry と息巻いてたら
フルボッコにされて唖然としたのも今ではいい思い出。
まあ、ゲーム性全然違うから当たり前だけど。

そういうわけでちょもゲーとあいなったわけです。

しかし、想い出のかけらをつむぐため購入した自分に
大きな現実の壁が立ちふさがります。
それはもちろん、CPUしか相手に出来ない物足りなさ。

いたストに限らず、こういう対戦型ゲームにおいて
対人戦に勝る面白さはおそらくありえません。
どんなにAIが発達しようが、CPUが人間と同じかけひきはできないからです。
PS2版を自分が個人で買わなかったのもそのへんが理由です。
また、どこかで「いたストのPSP版欲しいけどどうするよ?」と相談受けたとき
「ああ、あれは対人戦できないと微妙だからやめとけ」と返事したのを覚えてます。

もちろんDSにはWiFiというのがありますので、離れている人とでも対戦できるはずなのですが
案の定登録した相手のIDとのみ対戦可能で、不特定多数招集はできない仕様。
ポケモンのころからそうですが、本当にこの縛りなんとかならないかなぁ。
対戦機会不足病の特効薬として期待されながら、あと一歩で薬効が届かない。ああもどかしい。

そんなわけで、やっぱり一人ではかつての空気の再現とまではいかないのが
実際のところだったりします。

でもやっぱり、元がちゃんと出来ているだけあって
CPU相手でも面白いことは面白いんですよね、そこそこ。
他人に「CPU戦マジオススメ!」と言い切るまではなかなかできないですが。
というかあれだけ対人戦で慣らされたにも関わらず
ヨッシーに負けたのが微妙にがっくりですよ。
おのれこの恐竜もどきめ、いつもは鳴き声オンリーなのに
何突然流暢な日本語喋りやがってますか。
…と思ったけど、初登場のスーパーマリオワールドでは思いっきり
「フーッ、たすかった!ぼくヨッシー(以下略
と喋ってましたので別段設定破綻してはいないんですね。


しかし、一人だけさらっととんでもない所業を働いている漢がおります。

それはマリオ。
なんと彼は今作において
普 通 に 台 詞 を 発 し て い ま す 。

初代ドンキーコングから24年、マリオの登場するゲームは幾多と出ましたし
自分もかなりの数をプレーしてきたと思っています。
しかし、自分の知る限りの知識では、
ジャンプ時などのボイス以外で「マリオが台詞を喋る」ゲームは
このいたストDSが始めてです。他にもしあったら浅薄のほどを反省。
(註:黒歴史のアニメ映画とか実写映画はなしで)
ルイージ・ピーチ・クッパは割と台詞入ってる作品ありますし、
ヨッシーは上文参照、ドンキーもドンキーコング64では台詞がありました(心の声でだけど)。

これが任天さんチェックを通ったことを考えると、
なんというか新風が吹き込んでいるんだなーと思わずにはいられません。
あ、でも、元々マリオは台詞なし(=プレイヤー)の立場には
別段こだわっていないのかもしれないですが。
確かリンクは喋らせちゃダメって話があったはずですが、それと混同してるのかも。


と、まあ、こんな感じで、
今は戻らないちょもゲー、その1でした。
パッと思い出すだけでもその4くらいまで思い浮かぶので
また話が尽きた時にでも書いてみようと思います。


でも、ここまでマリオファミリーのこと書いててアレだけど
個人的にはドラクエオンリーで作って欲しかった気がする(←わがまま)。
というか、フローラ消してハッサン入れる 意 味 が わ か ら な い 。
あんな毒舌おもしろキャラをなぜ消しますか。
| kirby | 一般ゲーム | 00:29 | comments(2) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2007 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE