じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
西の国の眠れない夜 号外






間に合ったー。


これにてLastwordのコンプリートを達成しました(結界組のみ)。
足掛け…えーと3年くらいになるのかなもう。おめでとう自分。
最後の最後にキリが良くなったので、これですっぱり2008年を迎えられそうです。

第6波を抜けられるようになるまで100回以上かかったよ(;´Д`)


これで残るのは5枚だけだったり。
オモイカネのHardとLuna、蓬莱の薬Luna、蓬莱の玉の枝HardとLunaのみ。
このへんも詰めたかったけど、さすがに間に合わず。

でもおおむね本年に思い残すことはありません。
いや本当は思い残しまくりなんだけど
最後に何かしらの決着が付くとそれだけでなんだか幸せ気分。
| kirby | 同人ゲーム | 18:13 | comments(0) | - |
2007年を振り返ってみる
…とはいえ。

本当に何振り返ればいいかわからないのが本音なんですよねー。

大きな買いものしたわけでもないし、
新しい趣味とか見つけたわけでもないし、
基本は仕事人間だったし、
仕事以外で大きく人間関係変わったわけでもないし。

となると結局ゲームの話になるわけですが
これもなんだかんだで大して時間が取れなかったり
大半が放置プレイだったりするので評価不能のものが多くて。

それでもやります。
たぶんやった順番に並べてると思います。



・テイルズオブデスティニー(PS2版)

2006年度から繰り越しでプレーしてたので一応ここに。でも2回目をプレーする
気力はさすがにありません。ついでに隠しダンジョンも5Fまでしか行ってません。
万が一失業したらやります。たぶん。
おそらく現時点では最後のクリア済RPG。
戦闘面白いです。本当に。あとロード超短いです。テンポいいです。
褒められるのはこの2点だけなのですが、RPGの一番大切なところと
ゲームの一番大切なところをしっかりカバーしているので全く問題ありません。
むしろゲームとはこうあるべき。

しかし、世間の人気とか売れ筋とかを考えると絶対リオンが死なない選択肢が
あると思ったのですが意外でしたね。まさかの確定死。
どうやらリオンが主役のデスティニーも来年に出るあたりナムコもさすがに
あっち方面の人気はわかってると思う…にも関わらず必ず死ぬリオン。
ストーリー方面に思い入れがあるかたならば、きっとリオンが死なないことは
イコールDQ4でピサロが仲間になるのと同じくらいファン的にダメな展開なのだろうと推測するので
これは開発側からすれば正解かもですが、個人的には操作してて面白い剣士キャラが
一人減ったら面白くないから生きてて欲しかったなって印象です。
まあ、なりきりアイテムがあるからいいのですが、完全コピーじゃないからなぁ。
その割にPS版であった「ラスボスがリオンを蘇らせて襲い掛からせる戦闘イベント」が
こっちでは削られてるあたりちと意図がわかりません。
PS版ではリオンが死んでも誰も悲しまない話だったのでこのイベント差し込まれても
何もカタルシスを感じなかったのですが、今回(なぜか)異様にスタンと親密になった
リオンならばこのイベントにも意味合いが出るはずなのに、などと思ったりもしました。
このあたりはストーリーが好きだっていうかたの評価を聞きたいですね。

あと、ほんっとにどうでもいいことなんですが、
チェルシーの技はちゃんと漢字で統一せんかい。チェスターを見習え。
なんだいきなりワイルドギースって。脈絡ないにも程がある。



・世界樹の迷宮

かなりの時間放置プレイだったものの、なんだかんだで今でも
ちまちまやっております。現在B20F。目指せ2発売までに本編クリア。
あ、2ももちろん予約しましたですよ。
正直、特にB16Fとかマップアイコンのやりくりに超苦労したので
このあたりの欠点が解消されているらしき続編には期待を隠せません。

実は再開後はとんとん拍子でB18Fくらいまで来たのですが
このへんでわき道に逸れたりカエル牧場で他の職業育てたりしてたので
あまり進んでいないのです、と言い訳がましく。
しかしブシドーが予想外に弱くてびっくりしました。カースメーカーは予想通り弱かったですが。

このあたりのレポートは正直公開を酷く躊躇するようなモノを2ヶ月前くらいに下書きしてるので
形になれば公開できるかもしれません。俺もまだまだ精神年齢低いな…_| ̄|○




・逆転裁判4


さすが続編殺しのカプコン様!

今回もお見事な手際でございました!



その、なんと言えばいいのでしょう。
サガフロ1の裏解体新書を見たときの気分を思い出しました。

あれにアセルス編というシナリオがあります。
この話はこのゲームのようなオムニバス方式でないと一般受け的な意味で
絶対使えないようなアクの強すぎる話でした。自分は結構好きですが。
ところが、ただでさえ個性の強すぎる本編のシナリオに関して、裏解体新書では
設定資料として膨大な量のテキストが赤裸々に公開されていたのです。
もしこれらの設定が全てゲームに反映されてしまっていたら
あらゆる意味でグダグダの内容になってしまっていたでしょう。
それくらい作った人の話の膨らみ具合が感じられる内容でした。
これを必要な部分だけ抽出し、ゲームとしてきちんと形にできたのは
ひとえに河津氏及び当時のスクウェアスタッフの優秀さによるものでしょう。

ちなみにこのシナリオ考えた人が話作りに携わり、(おそらく)誰も歯止めをかけなかったのが
あの悪夢以外の何物でもない新約聖剣伝説です。

このように、「モノを作る人」が100%の真価を発揮するためには
「シェイプアップする人」が必要不可欠だと思うのです。
必要な筋肉はしっかり残し、無駄な贅肉のみをそぎ落とす役割ですね。
今のものづくりの現場には、この役割を果たせる人が不足していると思います。


とまあ、そういうことだと自分は思います。
この逆転裁判4も。

……せめて、あのニットの男が成歩堂でさえなかったら…
単なる破綻してて面白くない推理ゲーム、だけで決着はついたんだけどなー…



・無双OROCHI


本当は三国無双と戦国無双のキャラ競演させてみたいお…

でもお互いファン多いからどっちか悪役にしちゃうと怒られるお…

だから共通の敵作って世界もまぜこぜにするお!

というゲーム。
全く期待せずに買ったけど結構面白かった。
というか、据え置き機のゲームはほとんどこれしかやってない気もします。

今年の3月かそこらに出てたらしいのですが、自分が買ったのは11月。
動機は我ながらアレ過ぎて嫌になるのですが
「妲己が出る」
ことを知ったからです。本当にそれだけ。
まあ、購入前は藤崎竜版妲己みたいなのを想像してwktkしてたものの
KOEIクオリティのキャラデザインゆえ過度の期待は禁物であることは
わかってましたが、実物見ると予想よりもだいぶがっかりしました。
見てくれもそうですが、何より小者っぽすぎるのが…(;´Д`)

話は期待するだけ無駄突っ込みいれても無駄ってレベルなので置いといて、
武器を育てたあとの爽快感と難易度の高さから来る緊張感が大変素晴らしいと思うのです。
風評ではこの難易度の高さが「攻撃力のインフレ」「バランス悪い」と言われることも
あるようですが、それももっともだと思いつつも個人的には
これくらいの死線をくぐるくらいのほうがゲームとして面白いと思ってます。
あと、技性能の修正やexカウンター、アーツなど新技の追加によって
違った戦い方を模索していけるのも素敵感高めです。
使いまわしの猛将伝商法が好きなKOEIにしては素晴らしい企業努力。

ただ、せっかく異なる世界のキャラが競演するわけだから
もう少しキャラ同士の会話が多かったらなーとも思います。
やっぱり時期が時期だけに(決算前)急いで出したんだろうなぁ、と邪推。
信長と曹操を魏2章でめぐり合わせたときの

曹操「世に英雄たりえる者は少ない…
   惜しむらく、貴様には詩の心が足りぬ」
信長「クク…うぬには多すぎるようだ」

って掛け合いは正直感動したゆえ、こういうのがもっとあればと思わずにはいられないわけで。
あと、自分は演義でも無双でもホウ統が好きなので、

ホウ統「お前さんと対決できるとは光栄だねえ」
諸葛亮「あなたが魏にいるとは…油断できませんね」

ってあたりもいいなと思わずにはいられないのです。
やっぱりキャラゲーとしての一面もあるからだとは思いますが
単純にボリュームアップした作品を望んでしまうゲームです。



<以下、放置プレイ中>

・ブルードラゴン
・スカッとゴルフパンヤ
・ドラゴンクエストソード
・スーパーマリオギャラクシー
・ドラクエ4
・FF4


一般ゲームでの印象どころはこんな感じでしょうか。
やっぱり確実にできるゲーム量は減ってきてますね。
来年は今のところスマブラと世界樹2とドラクエ5しか買うものないので
さらに減ることになるかもしれません。


それでは、良いお年を。
| kirby | 一般ゲーム | 23:55 | comments(0) | - |
あゝ年の末よ 華麗の山に
終わったー!! 2007年度終わったー!!
最後の最後に一日中大雨だったんで自転車30分漕いでると
凄い水もしたたるキモい男になったけどとにかく終わったあああああ!!


多くの…数え切れない残業がありました。
何時間なくしたのかわからないくらい、たくさん…なくしました。
そのかわり…もう、「2007年」はありません。

ひとつだけ、お願いがあります。
やりたくても、できなかったこと…時々でいいから…
思い出してください。


あー終わった本当に終わったんですよこれがもう。
しかもここから凄い連休が待ってるわけですよーうははHAHAテンション上がりまくり。
実は1月は大変なことになってるんですが今は考えないようにします。
鬼に笑われたくないので。
とりあえず去年もやったからどん兵衛のきつねそば買ってきて一人祝いしてくる!!


とはいえ今週頭の連休あたりからすでに年末モードに入っていましたので
いそいそとあとしまつなどしながらけだるい日常を過ごしていただけでもあるんですけどね。
特に今年は12月24日が祝日でした。これは素晴らしい。
何が素晴らしいかって怨念を撒き散らさずにすみますからね。('A`)
撮り溜めしていた人志松本のすべらない話と明石家サンタを延々と見てたさ。
あああと、せっかくなので久々にアレのExもやってみたりとか。
何がせっかくなのかはいやまあその。





よく考えると「究極仏教徒」を技名にしている人のところに
切支丹的な動機で訪れるのはとても間違っている気がしなくもないのですが
なぜかハイスコア更新できたからこれでいいや。ちなみに針。


という比較的平和な状況ではございましたが
実は割とレアなイベントも起きておりまして。


先週の今頃に起きた、会社での話です。
我が社は陸の孤島みたいなところに位置している、規模も決して大きくない会社なので
昼食は給食会社から日替わりで弁当を届けてもらっています。
その弁当のおかずである肉じゃが(もちろん自分のぶんの弁当)内に、
長さ5cmくらいのホッチキスの針が入ってたのです。

いやーもう(((;゚Д゚)))ガクガクブルブルでござるよ。
もし口の中に入れてがぎゅっとやっちゃってたらどうなるかと想像しただけで
親知らずがキューってなります。キューって。
結局、現場保存の法則にのっとって、ホッチキスをそのまま給食会社さんに
見せることになりました。つまり、俺だけが肉じゃがを食べられなかったわけです。くそ(;´Д⊂)

んで原因を調べること週をまたいで4日くらい。
その間会社では、会社宛に届いたお歳暮の抽選会があり
自分の上司と、自分から3ヶ月後に入ってきた同じ課の人が二人揃って
カタログギフトなる豪華な賞品を当てていたそばで、自分のみが
ほとんどハズレに近い内容だったという素敵疎外感満載イベントがあったりもしました。

かたや選んで嬉しいカタログギフト!
かたや噛んで痛すぎホッチキスニードル!
なんですか!なんなんですか!この格差社会は!!

…みたいなことを自虐的に言ってみるとちょっとウケました。
加えて色々交換してくれたりおすそ分けとか貰ったりしました。
みんないい人です。


そして原因がわかり、お詫びの文といただきものを頂戴しましたのが今週の頭。
今の食品会社を取り巻く世相も手伝ってか、内容は真摯を極めておりました。
一応今回の被害者になる自分ですが、基本的に実害がなかったので結果オーライなぶん
逆にこちらが恐縮してしまう感じでした。
これからも十分気をつけて頑張ってください。こちらはいつも大変助かっておりますゆえ。

で、お詫びのしるしとしていただいたモノが、


業務用レトルトカレー30袋。


30袋が敷き詰められている光景はなかなか壮観なので画像の一枚でもと思いましたが
万が一実物から特定されるといけないのでここは伏せおきます。

これはもう、会社で「カレーの王子様」と呼ばれたことがあるほど
CURRYが好きな自分にとって天の恵み。ありがとうサンタさん。
肉じゃがに降臨した剣呑なる投針一擲が素晴らしい雨と太陽と土の恵みに化けるとは
まさに現代版わらしべ長者。お歳暮の抽選で当たりくじを引いた方々に
華麗に引導を渡した気分ですよ!カレーといえばインドだけに!
(うまいこと言った)

まあ本来ならば、色々と社内におすそ分けとかすべきかもですが
全社員の方々に分けるには数が足りないことと、
上司や同じ課のかたの薦めもあってまことに厚かましい所存ですが
全部我が家に持って帰っております。
これはもう、年末年始はですね。宴。
おせちなど優雅に食ってる場合じゃありません。
時代は優雅なるメニューではなく華麗なるメニューだ!
そんなこともわからんのか士郎!(仁王立ちになりながら)
でもきつねそばは食べます。



とまあ、こんな年末でした。それももう遠い過去のようです。
どんなに寂しくて振り返っても、ここにはただ華麗が鳴いているだけ。
残された2007年の時は、足跡を振り返りながら
ゆっくりと過ごすことにしたいものです。
とりあえず、寝よう。いっぱい。





…そういや、ぱちゅコンってどんなゲームなんだろう。(謎)
| kirby | 自分 | 02:10 | comments(0) | - |
DS版でもいいですとも
カードヒーローだけ買うはずだった12月20日でしたが
結局公式PVに触発されてDS版FF4も買うことになりました。
以下、それなりに気がついたとことか書いてみることにします。


さて1ヶ月前に発売されたドラクエ4は、若干アリーナの弱体化が認められたものの
基本的には「ふくろ」の仕様変更も手伝ってまたしても難易度が低下する結果になりました。
あまりこの言葉使いたくないですが、なんというゆとり仕様でしょうか。
ただでさえ難易度が控えめなのをさらに下げてどうするよ(;´Д`)
一番難しいのが2章っていう流れはどうなんだろう。

そもそもファミコン版DQ4は、仲間に命令ができないのを前提にしてバランス調整してたので
「めいれいさせろ」が加わったにも関わらず敵の強さに変化がないと
おのずと難易度は易化するのは当然の流れなんですよね。

そんな風潮の中で発売されたFF4、
しかも単なる移植ではなく今の若者へのアプローチも忘れない完全作り直し。
やっぱり難易度のさらなる低下は避けられない。


…そう思っていた頃が俺にもありました。


今はまだファブールに辿り着いたあたりですが、戦闘バランスが根底から見直されているらしく
いい感じに敵が強くなっております。
オリジナル版はパロムポロムが外れるあたりまでは慣れるとほとんど全滅の危険性はなく
(強いて言えばマザーボムが壁か)
普通にプレーする限りほぼルーチンワークみたいなもんでしたが、今回はちょっと違うのです。
ゴブリン4匹にふいうちされた挙句集中攻撃されて戦闘不能になりかけるなど
従来のFF4では決してありえない素敵体験。
このあたりなんてオリジナル版だとてつのよろい装備してスライムと戦うようなもんだったのに。
加えてちょっと話進めるともうリディアが死ぬ死ぬ。
初期レベルが1から7に引き上げられていることに狼狽したのもほんの一瞬でした。
後列に置いても攻撃2発で瀕死、
ミニマジシャン4体と出会おうものなら防御してようが高確率で昇天、
むしろ奴らにバックアタックされようものなら全滅ほぼ確定、という
なんとも身震いする強さに仕上がっております。
もちろんこれはオリジナルのFF4のつもりで突撃した結果であり
大人しくカイポの村付近で経験値など稼げばこの限りではありません。

それでもミニマジシャンのフォーオブアカインドは強烈極まる!
しかしこんな一般ピープルの視線を釘付け☆な僕ら(全身甲冑の不審者+ようじょ)に救世主が!

それがテラの大幅強化。
オリジナル版ではレベルは上がらないわ能力値はじじいそのものだわ
魔法の威力は幼少期のリディア(7歳)のレベル10くらいとどっこいという体たらくで
「大賢者(笑)」の称号を欲しいままにしていたテラですが
今回はテラテラツヨスと称するに相応しい。
魔法の威力が(今の)リディアとは比較にならない!しかもレベルアップでさらに威力上がる!
(でも力や体力はたまに下がる)
これによりミニマジシャンの脅威から(ふいうち&バックアタックされない限り)解放され
おまけに今後おっさんのみパーティになる場面でも大活躍が予想される事態に。
モンク僧もパーティイン時からかなり強いし、今回はシニア層の面目躍如な気分。

このような素晴らしいバランスにてリメイクFF4は展開されております。
ちなみに上述したマザーボムですが、モンク僧がご丁寧に
「いかん!まもりをかためろ!」
とか言うのを無視して殴り続けてたらHP全員満タン時から普通に全滅したという
シビれる展開が待ち受けておったゆえ小生大変に盛り上がってまいりました。

しかし、去年発売されたリメイク版FF3も前半〜中盤まではいい感じの難易度だったのに
中盤以降はダメージのインフレが進んでしまって一気にヌルくなったのを思い出すと
まだまだ油断はなりません。
…が、今のところは予想よりも楽しくプレーしております。

でも、オープニングムービー見て思ったのですが
ここまで作るなら据え置き機で出したほうが良かった気がする。
ボイス付きイベントもかなり少ないとこを見ると実にもったいないと思ったり。
プレステ2はまだ現役で十分使えるし利益も出ると思うんだ。
やっぱりプレステ3は早すぎたと思う。
おまけにSCE側がPS2を切るような動きしてるしなぁ…(PS3の廉価版はPS2が動かないゆえ)


他、ちょっと気になったりしたとこを箇条書き。



・赤き翼?

あれ?SFC版は「あかいつばさ」じゃなかったっけ?
「あかきつばさ」と肉声で言われるとなんか凄い違和感があるのですが。
記憶違いかどうか不明なのでこの点は保留。というか調べるのめんd(略


・セシル(棒読み度L3)が腹黒い

「ありがとう ローザ…
 だが ぼくは あんこくきし。
 きみとは…」

というセリフが、

「ありがとう、ローザ…だが、今の僕では…君とは…」

という感じに変更。
ここは自分では気がつきませんでした。また人づてです。すまぬ。

一見なんてことのない瑣末な変更点に見えますが、
「今の」僕では…という一語にはすなわち
『今の僕では無理だけどそのうちストーリーの都合ですっきり生まれ変われるから
 竜騎士と浮気とかしないでちゃんと待っててね僕のローザ(はぁと)』

という、まるでツバをつけておくような嫌なニュアンスが込められているように
感じるわけですよ。これはかなり腹黒いと思いませんか。え、考えすぎ?('A`)


・アンナ…

あなたには棒読み度L5の称号を差し上げます。
もう少し魂込めて喋ろうよ。人が、人が死んでんねんで?
すっごい無機質というか、感情がこもってないのは何ゆえ。


・このフィールド曲をアレンジしたのは誰だあっ!(茶碗を投げつけながら)

ドゥンガドゥンガドゥンガドゥンガ
ドゥンガドゥンガドゥンガドゥンガ

と実にやかましいベース。もう情緒も何もあったもんじゃない。
あの徐々に引き込まれるようなイントロが露と落ち露と消えにし我が身かな。
いや、このベースは原曲にもあったんだけど今回は聴こえすぎ。前に出すぎ。
ボリューム調整間違ってると思う。


・幼リディアの勝利ポーズ

ユフィ(FF7より)を思い出したのは自分だけではないはず。


・暗黒セシルの勝利ポーズ

ボディビルダーがポージングしているようにしか見えない。


・なんだかんだと文句ばっか言ってても結局DQ・FFが好きなんだね

その通りだと思う。
なんだかんだと言われても応えてあげるが世の情け。
そんなラブリーチャーミーな敵役を目指しています。
| kirby | 一般ゲーム | 21:56 | comments(4) | - |
俺もたぶんゲームは買わない
何気にこのブログを2006年2月に再会させてから
そろそろ2年が経とうとしています。
その間、ずっと疑問に思ってたことがやっとたった今氷解しました。
それは、

他のブログでよく見る「続きを読む」で文章を二部構成にする方法って
どうやるのさ?


ってことです。いや本当にずっと頭ひねってたんだってば。
なんとまあ書き込み画面でいつも画像アップロードするところの
すぐ真下に隠されていたとは。なんでこんなの今まで気がつかなかったんだろう。
これで対象者を限定しちゃうアレでコレな話題も臆面もなくさらせるよ!さらせるよ!('(゚∀゚∩
さあ今度は早く文章どうしの間隔を記事の途中で変更する方法を見つける作業に戻るんだ俺。

では、はじめてのつづきをよむ を今こそ始動しましょう。
日輪の力を借りて!今、必殺の!



続きを読む >>
| kirby | 一般ゲーム | 01:40 | comments(2) | - |
あや〜かしの〜ふえ〜
(ボウン シュー)
ああっ!ロザリーが!



このくだりだけで思い出し笑いしてしまう自分は
我ながらきめぇと実感します(;´Д⊂)


というわけでDS版ドラクエ4がこのたびようやく
クリア直前で絶賛放置プレイに入りました。
なぜかドラクエ4はシステム的自由度の極めて低いゲームであるにも関わらず
時折猛烈にやりたくなるんですが、
やったらやったで必ずエスタークを倒すとやる気なくなる
のはなぜなんでしょうか。不思議なゲームです。

同様のことがFF4にも言えますね。
こちらはパーティ編成すら一本化してるのでドラクエ4以上に自由度の低いゲームで
今思えばこれが現在の映画っぽいRPGのはしりになっているんだろうなと思います。
いい意味でも悪い意味でも。
しかしこちらもなぜかたまにやりたくなります。なぜなんだろう。
カインが3度目のパーティ加入したあたりでやる気なくなるわけで。
しかし12月20日に発売されるDS版FF4は完全に作り直した品であるわけで
これならなんとかもう一度最後までプレーできそうな気がします。

という半端な動機でしたが、公式サイトで店頭用PVを見るとちょっと欲しくなってきました。
理由はカインの声。あと若本ルビカンテ。
どうやら主人公が棒読みなのはスクエニに限らず家庭用RPGの伝統みたいなものらしいので
それは目をつぶるしかなさそうです。というか、カインがうますぎて逆に浮いてるくらい。
ああそれと、エッジの声は何かの冗談ですよね?
製品版では別の声に変わってますよね?

声に関する弊害ってのは確かにありまして、
個々のユーザーの脳内の数だけボクのわたしの世界があるわけで
それと声入りの製品とがイメージ的に大きく剥離していると
それだけで拒否反応を起こしてしまうことは少なくないと思います。
このへんの価値観は人それぞれなので、全く気にならないかたもいらっしゃるでしょうが
声というのは五感にダイレクトに繋がっているだけに
真っ先に脳内との照合作業が行われることが多いであろうゆえ
このへんが問題視されがちなのです。きっと。



※とーほーのアニメ化には反対意見多いらしいですが、それも同じ理由だと思いますし自分も同意見です。
特に主役級がイメージと違うとかなりうっへりすることは間違いないです。
某二次創作のドラマCD(というか、キャラがコンビで漫才をするコンセプトのボイスCD)など
聞いたことがあるのですが、どう聞いてもレミリアの声が
安田大サーカスのキャンディボイスのおっさんにしか聞こえなくて…_| ̄|○
フランドールは結構いい感じだっただけにもったいない。いや、ここしか聞いてないですけど。




しかし、そんな脳内イメージにのみ拘泥するだけでは新しくて楽しいサムシングを
みすみす逃してしまう可能性があるのです。懐古も過ぎると石頭。
時には記憶を一時青空にでも預け置いて、原作者や他のファンのイメージに
触れてみることも必要不可欠であると考えます。

…でもそれを差し引いても、エッジだけは無理だわ。
あれは棒読みとかオイヨイヨとかそういうレベルじゃない。何かが根底からおかしい。
たぶんイントネーションのつけかたとか聞くとヘタレなわけじゃなくて
そういう声で演技してるんだろうけど、そうなだけに余計に…(;´Д`)

自分がFF4にそれほど思い入れがなかったのが救いかもしれません。
FF4で一番好きなのはバイオとスロウの効果音ですから。
もちろんSFC版のやつで。
このあいだ「なぜだ!なぜ多機種への移植&リメイクは絶対効果音が劣化するんだ!」
的なことを書きましたが、今回こそは頑張って欲しいです。本当に。ここだけは。
あのスロウの「キコキコキッ コッ キッ コッ」って効果音だけでなんか1UPした気分になれる俺の為にさ。
はいそこ変な性癖お持ちですねとか言うな。今にはじまったことじゃないわい。


…あれ、ドラクエ4のこと書くはずだったのに
FF4の話になってしまった。
でもドラクエ4は基本的にプレステ版の移植だから書くこともないしなぁ。
あ、ひとつだけあった。
アリーナ会心出なさすぎ。
プレステ版からガクッと確率引き下げられてますが、今回さらに下げられた印象です。
レベル40でも回数を数えられるくらいしか出ないってなんという劣化。
いやそれでも強いんだけど、会心クイーンの印象が強い自分としては
鬼のように強いけどとてもモロかったファミコン版アリーナのカムバックを希望したい所存です。
| kirby | 一般ゲーム | 00:31 | comments(8) | - |
西の国の眠れない夜 4 のつづき




できたー!全部できたー! ポネピヨさとしくーん!!(謎)



しかし、この画面をPower5.00の状態で拝める日は来るのだろうか。
耐久スペルが2つとも異様に難しくて俺涙目。
貴方は弾幕に関して少々手を抜かなさ過ぎる。

ところがどっこいそれと同じくらい顕著な難題が通常攻撃の激化。
高速自機狙いのやつ以外何一つボムらずに安定突破できる通常ありません。
最後の緑札弾やけっぱちばらまきとかなんだありゃ(;´Д`)
↑これも自機狙いだったらここは笑われるとこです(俺が)↑
一番面倒なのが早苗も使ってた赤青交差弾で、これどう動いても必ず5秒以内に積むんですが
何か自分は致命的な間違いをしているのだろうか。
あと地味に中ボス神奈子の通常攻撃もやたら事故死率高いんで
完全に決めボムポイントになってます。

とまあ、総合すると簡単簡単と言われつつも要所要所で個々の相性的なものに邪魔されつつ
意外と避け方がわかっても安定してくれないものもあり普通に難しいものもあったりで
やっぱりそこそこの難易度だったような気がします。

んで蛇足ですが
夏前の情報発表当初、「Exの中ボスに6ボスが出てくると燃える展開かも」
という内容を見て同意こそしたものの実のところでもそれはないだろうなーと思ってました。
ええ思ってましたとも。
ここはシャッポを脱がざるをえません。まさに慧眼。


他、Ex以外の話を少しだけ。
キャラと音楽の話は書きやすいので、ひとまずはそのあたりを。
とは言ったものの、このシリーズは音楽について語りだすと
普通に全ての曲に関して余裕で長レス感想を書き込めてしまうので
あえてピンポイントに何点か書かせていただきます。



まず最初に芥川のかっこよさが異常すぎる件について。
毎回3ボスの曲は非常な出来の良さを誇りますが、今作の河童は
おそらく脳内ランキング2位不動だと思われた人形裁判の地位を脅かすほどだと思います。
諸君らも一度かっぱまきーな先入観(謎)を捨てて曲から流れる
一方的共闘感に身を委ねたまえさあさあ。…って感じですよ。
キューカンバー終了直前あたりで1分30秒あたりのメロディーが流れるようにするのが
自分のジャスティスなのですが、大抵それより前に倒してしまうのが残念なところ。
普通にプレーしてたら1ループ流れることがまずないのも惜しいところです。


道中曲はフォールオブフォールが最強でした。神々が恋した幻想郷も好きです。
フォールは背景の滝具合とマッチして素晴らしい上昇気流感を与えてくれます。
神々〜はなんというか、題名に偽りなしですね。こんな曲流れてたらそりゃ恋するわ。
あとさりげに、今回は6面道中曲が破格の出来だと思います。
背景の視点が移動するのと同時に転調する時のテンション上昇度はまさに青天井。

ラスボス曲の神さびた古戦場は実のところ最初に聴いたときは
ポケモンの戦闘曲っぽいなぁと思ったんですよ。(23秒〜34秒部分あたりが)
しかしまあ、マウンテンオブフェイスを全身全霊で避けてるあいだに曲後半部分終了間際の
一番盛り上がる部分が来ると本気で脳味噌の中で変な汁が噴出すのがわかります(←嫌な例えだな)
やっぱりどの曲聴いてもラスボス曲からは尋常じゃないカリスマ性を感じますね。
こっちもEx曲同様毎回方向性は違うのですが。流石の一言。

あと自分はいろんなものの影響で夕日を背負って対峙する&戦うって状況が大好物でありまして
4ボスでそれがついに実現したときはそりゃテンション上がりましたよ。
妖怪の山をワイルドアームズっぽくアレンジした曲とか聴いてみたい気がする。



わーやっべキリがない。
最後に一言だけ。久々のケモノ分に乾杯。
実際には二次設定的なとこが大きいのですがそれでもいいじゃない、白狼天狗だもの。


( ゚∀゚)O彡 あやもみ! あやもみ!




…まさに三つ子の魂百まで。 ('A`)
| kirby | 同人ゲーム | 01:19 | comments(6) | - |
西の国の眠れない夜 4




勝ったッ!風神録完!





ノレ§゚ ヮ゚ノiゝ <ほーう、それでこの私のクリアは一体誰がするんだ?




という状況に(ようやく)なったので報告だけ。
やけに時間かかりましたがそれはつまり普段からなかなかプレーできないだけのことで
実際のクリアまでのプレー時間はかなり短かった気がします。

つか黒い人でクリアできません。
他の作品なら1つクリアできたら他の機体でもトントン拍子にクリアできるようになるのに
見事に普段では当たらないようなものにドンドン当たるとは何事か。
針巫女だと完璧に制御できる鉄の輪が、こっちだとなぜ変な方向にばかり飛ぶのだろう。
同じタイミングで同じように動いてるはずなのに。

でも、今回も当たり判定の大きさに差はあるんだろうか。
確かに魔理沙だと手長足長の被弾率が急上昇している気はするんだけど
自分の腕前を鑑みたらただの思い込みな気もしてうーむ。

他にあちこちで言われてることですが、確かに最後のスペカは簡単でしたね。さすが早苗の先祖。
発狂時は冗談抜きで「へぁぁぁ〜〜!目がぁ!目がぁぁぁ!!」となりましたが
そんなことを考える暇すらあるほどにしっかり初見取得できました。
どこかで見た「発狂したら自機狙いが追加されたら良かったのに」
という意見がそこそこ的を射てるかもしれません。
こういう交差弾は自分の中でホムーラン級に苦手意識がありましたが
さすがに蓬莱の薬Normalを100回やった経験は無駄じゃなかったみたいで安心しました。


しかし毎回Exの音楽は秀逸ですね。
それぞれ曲の方向性は全く違うのに凄い出来がいいあたり底が知れません。
例えるなら、

UNオーエンは彼女なのかがバカパクの10,10
ネクロファンタジアがインパク知の10,10
月まで届け不死の煙がシブ知の10,10
ネイティブフェイスがバカシブの10,10

って感じですね。
うん、今のご時世だとなかなか通じない例えしか出ないあたり自らの年輪を感じるよ。(;´Д`)



あー時間がないや。
他にも散々語りたいことあるのですが
ひとまずここで切ります。
| kirby | 同人ゲーム | 01:36 | comments(9) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2007 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE