じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
最後のファミコン戦士
時間もネタも体力も気力もありゃしませんが生きてます。

さて、ゴールデンウイーク中に戦々恐々として記事にしたPSN問題が
未だに(日本でだけ)解決してない上に傘下の企業でも次々と流出騒ぎが起きるという
地震と原発問題がなければ普通に連日一面トップ記事になってもおかしくない事態になっています。
正直10日くらいには治ると思ってましたが…
今年は間違いなく後に歴史の教科書に載るのでしょうね。
「漏洩し、2011ろがる(匂い広がる)福島とソニー」
みたいに語呂合わせで覚えられたりとか。うわあ笑えねぇ。
もうアタック25で言うと22ヶ所くらい黒色で塗りつぶされてるレベルですが
ここから逆転が見込める大事な大事なアタックチャンスは訪れるのでしょうか。
ご冥福をお祈りします。


そんなわけで、相変わらず窮地に立たされている我らが日本ですが
影でひっそりと、しかし確実にゲーム業界にも
斜陽の足音が近付いているように見える気がします。
それはゲームの出来から来るもの、というのは最近は考えないようにしています。
自分のように歳を食ったらもちろん娯楽から受ける刺激は薄れるわけで
きっと今の10代そこらでゲームをする子も、何かしらのゲームによって
かつて我々世代が受けた衝撃と面白さを味わってることでしょうから。
でも事実として、昨今になって特にゲームの売れ行きは伸び悩んでおり
名の知れた会社が次々倒産もしくは吸収されている現状はあります。
それを踏まえての「斜陽」なら不本意ですが認めざるをえません。

そんな状況を象徴するような、極めて印象的で寂しいニュースが飛び込んできました。


高橋名人、ハドソンを退社


わかる世代ならわかると思いますが、世の子供たちにとってまさに名人はスターでした。
「ゲームが上手い」「すっごい連射できる」ことがゲームっ子のステータスだった時代に
16連射を引っさげて登場し、以後子供たちにとっての伝道師たるべく広報活動に尽力した高橋名人。
ハドソンのみならず、当時のファミコンにおいて絶大な功績を残した人物です。

自分も名人に心酔したひとりでした。
当時スターソルジャーでラザロ(合体する顔の敵)が
合体し切る前に連射して倒すと5万点(8万点だったっけ?)のボーナス、
という仕様があり、自分が何百回プレーしても獲得できなかったものを
名人はそれをやすやすと、しかもショットが5WAYのフルパワー状態で
(知らない人用:このボーナスはフルパワーから1回被弾し3WAYになったほうが簡単に取れる)
取るわけで、そりゃあゲームがうまくなりたいお子様からの熱視線を独り占めできるわけですよ。
また、シュウォッチという「10秒間で何発ABボタンを連射できるか」を測定出来る機能付きの
コントローラーを模した黄色い時計器具を肌身離さず持っていまして
周りの軟弱者共が定規を用いて擬似的に超連打するという女々しい手段で
やっと250〜260発という記録の中、自分は右手の人差し指一本で
全盛期は336発を叩き出したこともあり、当時は割と本気で羨望のマトでした。
当時のウイスキーのCMのキャッチフレーズで
「ワンフィンガーで飲る(やる)もよし、ツーフィンガーで飲るもよし」
というのがあって(何がワンツーなのか意味は忘れたけど)
それの真似をして「ツーフィンガーとかシロートやな!やっぱ“通”はワンフィンガーや(ドヤッ」とかほざいてたのも
今ではいい思い出です。というかこの頃が俺の全盛期だったかもしれん。
今ではこんなゴミ溜めに吐かれたタンカスみたいなおっさんになっちゃっていやーはっはっは(;´Д⊂)
だいたい336発で超自慢してたけど、もちろんもっと凄い記録の子は世の中腐るほどいただろうし。

なぜか自分語りになってしまいました(上にもしかしたらだいぶ前にも記事にしたかもしれない)が、
ともあれ高橋名人といえば80年代後半をゲームとともに生きたちびっ子たちの憧れであり
また歳を重ねた今ではいかに名人がゲームの発展を願い尽力してきたかが
断片的ではあるもののわかるような気もするため
ひとりのゲーム業界人として尊敬する人物でもあります。

そんな名人がハドソンを退社する…
実際、ハドソンの現状を考えると、最初はびっくりしたものの
すぐに納得してしまった自分がいます。
…正直、こういうのは色眼鏡であろうことはわかってるのですが
ハドソンの吸収先がコナミであるという時点でいやそのなんか…ねえ?
高橋名人が21世紀も10年以上経った今なお「名人」として活躍しているのを見ると
古き良き…と言うのも朝令暮改気味なのでアレですが
ファミコン時代の灯火を確かに感じることができて懐かしく、暖かく感じたものです。
そんな時代の象徴たる名人がハドソンを去る、という知らせはまさに
最後のファミコン戦士が静かに剣を置き表舞台を去るような印象がありました。

…が、ハドソン死すともファミコンは死せず!(註:ハドソンも死んでません)
名人は退社後も業界のどこかでお仕事をなさるということで
今後のさらなる活躍に期待しております。
ファミコン世代が残した息吹が、今のゲームの再生の一助となりますように。


なんかいつにも増して文章がグダグダですが今回はこのへんで。


最後に、名人がかつて残した名言で当記事を締めくくろうと思います。
え?ゲームは一日一時間?そっちじゃなくてもっとダイレクトに(俺の)心にクるやつ。


「遊びはファミコンしか知らない
 寂しい大人にはならないでください」


…以上、寂しい大人がお送りしました。おそまつ。
| kirby | 一般ゲーム | 00:03 | comments(10) | - |
PSNといろいろ
雑多なゲーム関連の話題。
今年に入って作った一般ゲームに関しての記事が
5月に入った今でもなお逆転検事2のクリア報告だけってどうよ、と思った次第です。


ところがあいも変わらずあんまりゲームをやってない無趣味無気力状態独走中の身ゆえに
今回一番の話題はやはりプレイステーションネットワークのハッキング問題。
ゲームアーカイブスをいくつかDL購入したことがある自分にとっても
もちろんひとごとではありません。
というかクレジットカード情報登録してたからばっちり俺のもお漏らしされちゃったわけで
AmazonやAppleStoreをはじめとした全ての通販サイトにおいて
メールアドレスとパスワードを変更するはめになりました。
ああめんどくさい!15文字のパスワードってめんどくさい!
本当はサイトごとにパス変えるのが安全面では常識中の常識なのですが
面倒臭がりな性分だとこういう時にアレな目に合うものです。

そしてクレカの番号はどうしようか、と思ってた矢先に
SCEのお偉いさんが記者会見を開いたようで
内容について大手ゲームサイトがまとめ記事を作ってくれていました。
ちょっとでもPSNに関わってる人なら全員見てたほうがいい内容だと思われます。
おおよそ今まで出た情報のおさらいというか反芻的な内容ですが
クレカ問題でこっそり極めて重要な情報が出ています。それはこの部分。

>クレジットカード情報はほかの場所にあり,それは暗号化されていた。
>※長谷島氏により,「暗号化はされていないがハッシュ化は行われていた」と訂正

これが事実なら…って、こういう発表をまず最初に疑ってかかってしまう癖が
この1ヶ月半ですっかり染み付いてしまったのがなんともやるせない気分なのですが
それはともかく、これが事実ならクレカ番号については大丈夫なはずです。
だってハッシュ化(不可逆暗号化)なのですから。
ただやっぱり、個人情報を使って間接的にクレカ番号を知る手段はいくらでもあるでしょうから
(前述した通販サイトの登録情報から番号を見られる可能性もそのひとつ)
そこらへんを加味した上で「クレカ番号流出の可能性」を示唆していると思われます。
…たぶん。そ、そうだよね?
まあ、俺みたいなド底辺社会人のクレカの限度額なんてたかが知れてるから
万が一使われても大した痛手にはならないけどね!(強がり)

しかしなんというか、今年に入って日本は凄いことになってますよね…
国ぐるみで呪いでもかけられてるんじゃないかってレベル。

あと補償に関してですが、PSNポイントくれるかなーとか思ってたら
「特定コンテンツの無料ダウンロード」「「PlayStation Plus」の30日間無料加入」
とな。30日間無料加入って、節子それお詫びちゃう!体験版や!
それに『特定コンテンツ』というのがとってもアレげなモノばかりで
埋め尽くされる(むしろ選択肢すらあるかどうか)未来が容易に想像できる…!
まがりなりにも個人情報まるごと抜かれてるんですから、せめて選択肢は多めに欲しいところです。

というわけでPSNの話はひとまずこのへんで。
これで事態の全容が明らかになったのか、それともこれからがほんとうの地獄なのか…


そしてここから今年プレーしたほかのゲームの感想。
数えるほどしかない上にマイナスな内容が多いですが…
あと見事に無双ばっか。


・PSP版ペルソナ2罪

※自分は初代ペルソナのリメイクの件でディレクターの目黒将司さんが
ゲーム業界人で一番嫌いです。その為あてつけレベルの叩きが混じるかもしれませんが
生暖かくスルーしてください。

実際のところ、PS時代から個人的に思い入れは深いものの決してゲーム的に
褒められるものではなかったこのゲーム。
悪魔コンタクトの尋常でない作業感や戦闘のテンポの悪さが主な理由です。
そのため、ちゃんとオリジナルBGMも収録したリファインであるこのPSP版に
期待してたのは事実なのですが…

いやー甘かった。
なんだろうアトラスはリメイクするとろくなことにならない宿命を背負ってるんだろうかドミネーター。
いやまあドミネーターほど酷くないですがドミネーター。

ひとことで言えば改悪。原作のダメなところはありったけ踏襲して新たな欠点が追加されてます。
おおよそ追加された欠点を箇条書きにすると
・難易度の大幅低下
・戦闘時GUIの超改悪
・ロード時間が長くなった…と錯覚させる神演出
・コンタクト時のゲージ色変化演出の超改悪
・押し付けがましい上に赤と黒だらけで見づらいメニューまわりのデザイン
・通常戦闘曲の締めジングルの削除
・ポチポチピュンピュンやかましい決定・キャンセル時の効果音
・某キャラの名前とグラフィック変更
という感じ。
某キャラについては言葉狩り鬱陶しいなーと思いつつもPS版のままだと
海外じゃ発売できないとかしょうがないところもありますのでそれはいいとしても
特に上4つに関しては本当どうなのよいや真剣に。
難易度HardですらPS版より易しいってどういうことなんですか。
そして戦闘時のコマンド入力方法、あれPS版で数少ない評価点だったんですよ。
コマンド入力と行動順番をいっしょに指定できるアレですよ。なんでなくすかなぁ。
あと各種ロード時に全てNow Loading表示とプログレスバーとコミカルな動きのドット絵を導入したことによって
必然的にロード時間が長くなったように感じるばかりか緊張感あふれるボス戦前でも
エレガントに驚くミッシェル様の勇姿がばっちりリラックスさせてくれるぞホォォォォォウ!
加えて喜怒哀楽の4つの感情を上げながら好結果に導く悪魔とのコンタクトも
PS版では上がった感情が影の色で表示されるのでわかりやすかったのですが
これもなくなったためなんの感情が上がったのか凄い分かりにくいという。

…とまあ、戦闘周りのテンポのダメっぷりはしっかりそのまま受け継がれている上で
この体たらくなのですからはっきり改悪と言わざるをえません。
何気に致命的なのがロード時の神演出で、この演出を入れた人は
もし良かれと思ってやったなら悪いことは言わないから
ゲーム作りに携わるのやめたほうがいいと思う。
あと、ボイス周りは音量だけ調整したけど新規追加ボイスはないよ、って言ってませんでしたっけ?
音量調整されてないじゃないですか!特殊勝ちセリフ相変わらず全然聴こえないよ!
おまけにあまりに効果音が鬱陶しいからコンフィグでSEの音量を下げると
戦闘時ボイスまで音量が下がる仕様。こんなもんデバッグ中に気づいてくださいよ。

ですが、それでも遊べてしまうのもまた事実なんですよね…
難易度以外は慣れてしまえば(たぶん)瑣末な欠点なのでしょうから
もうちょっと、もうちょっと痒いところに手が届けば良かったのにと思います。
というかなんでベタ移植じゃダメだったの、と思ったりもしましたが
そこは自分世界の押し付けに定評のある目黒さんだもんなぁ。もうつくづくです。
何もありとあらゆるメニュー画面関連を赤と黒に統一しなくても…



・真三国無双6

飽きるのが早いだろうなと思ってたら予想以上に早かった、という。
魏・蜀を終わった時点で止まっています。

モーションがキャラではなく武器によって決まる、という仕様と
発売前に飛び込んできた「ストーリーで使えるキャラは面ごとに固定」
という仕様の2点を聞いた時点で覚悟はしてましたが…
とにかく育成している感じがせず、やらされてる感が尋常じゃなく強いです。
新しいキャラを操作できるようになっても、武器が変わらなければ必殺技(無双奥義)以外は大差ないわけで。
それでストーリー面をうまく描写できていればまだしも、
操作できないキャラ自体が多い+なぜここでこのキャラを?みたいなのがあったりで…
赤壁で蜀は趙雲、魏は許チョってのは正直どうかと思う。
実は三国無双は4が一番出来が良かったんじゃないかと思います。いや3以前はやったことないけど。
4のような武将個別のストーリーがあって、キャラや武器成長システムは
OROCHIを踏襲したモノが無双シリーズ的に最強だと思うのですが
メーカー側としてはそうもいかないんだろうなぁ。
ただ確かに一騎当千感はOROCHIZを超えて凄まじいものがあります。

またいつも通りDLCや猛将伝で色々追加されたりするんでしょうけど
システムの根幹を再考しない限りちょっとマズいような気がする。



・戦国無双3Z

Wii版を「ミッションのやらされてる感が強すぎてアレだから」という理由でやめましたが
ガラシャが復活していると聞いて グラフィックやFPS周りの強化や
シナリオの追加などがあると知って改めてPS3版を手に取った次第です。
ガラシャをはじめ蘭丸や濃姫や阿国やら色々シナリオが追加されていましたが
それらを全部吹き飛ばせるくらい風魔小太郎のシナリオが良かった件について。
2の時点ではただの混沌マニアでしたが、北条氏康・甲斐姫との絡みができたことによって
だいぶキャラクター性に深みが出たと思います。半蔵との差別化もできてるし。
なんだー、やればできるじゃないですか。シナリオの質に関しては諦めてたのに。
他、利家の話や(ifの話だけど)勝家の話あたりも良かったかも。

まあでも、仕方が無いとは言えビジュアル的には一歩見劣りしてしまいます。
特に雑魚兵士数が前発のOROCHIよりも少ないのはちょっと残念かもしれません。
兵士数が少ないだけで特に高難易度において横槍入れてくる率は大幅UPしましたが。
他はキャラを育ててる感や武器・防具成長要素は意外と豊富にあり
防御無視かつ攻撃をキャンセルして割り込める影技システムは使いこなすとなかなか面白いため
世間ではあんまり評判良くないらしいですが個人的には結構楽しんでプレーできました。
上述のミッションによるやらされてる感は健在ですし
もう少しストーリー以外の深く遊べるモードを搭載して作りこんで欲しかったのは事実ですが。

三国6と総合すると、無双シリーズの課題は
「やらされてる感の低減」
にあるのかもしれません。簡単に言えばもっと自由度が欲しい的な。
全くタクティカルな要素がないのに今なおメーカー側では
「戦国タクティカルアクション」と銘打ってるところを考えると
そっち方面への進化は望み薄かもしれませんけどね。



・ニンテンドー3DS

実は発売日1週間後に買ってたよ!全く手をつけてないけど!
どうせ品薄が続くだろうし、ゼルダが発売した時に手に入らず歯噛みするのは嫌だから
今のうちに入手してたほうが賢明だ…と思ってたら物凄い市場に有り余ってますね。
むしろPSPのほうがあんまり見ないです。つくづく自分は時代の流れが読めないなぁと。ついでに空気も。

実際のところ、やっぱり見切り発車感が否めないのは事実だと思います。
加えてDS発売当時にあった「無理にタッチ操作を入れてゲーム的にアレになる」流れの類型が
今回も発生している感もしますし、本領発揮にはもう少し時間がかかるかもしれないですね。
よく考えてください。その3D機能、本当に必要ですか?(標語っぽく)



・ゼノブレイド

「お前がRPGできない病なのはよくわかった。
 でもこれだけはプレーしておけ。命令だ。
 これさえやったら今後一生RPGをしなくても構わん。だからやれ」

とリアル知り合いに言われてしぶしぶ半年以上積んであったパッケージを
今更開封した次第です。というか積みすぎだろいくらなんでも。

強く言われながらも30分しかプレーできてない現状ですが
現状ではFF12の戦闘を進化させたみたいな感じでおおむね好印象です。
ただ説明書を見るかぎりだと今後どんどん戦闘でできることが追加されていくようで
そういった難解なバトルシステムにいかにしてついてこれるかが鍵になりそうです。
あと、最初からなかなか音楽がいいなと思ったので調べたら光田さんと下村さんとな。
これはプレーしない手はないぜ! …と思ってたらどうもお二人は1割くらいしか作曲してないらしいですね。
しかし知らない人物で良い曲を作るかたが出るのは大変喜ばしいことなので
期待しつつ進めたいです。なんとか。


と、こんな感じで。
6月末に3DSで時のオカリナ移植が発売されるようなので
それまでにゼノブレイドがなんとかできればいいな、くらいの勢いでいこうと思います。
| kirby | 一般ゲーム | 22:58 | comments(2) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2011 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE