じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
西の国の眠れない夜 28
Febriの最新刊に載ってるインタビューとかの話。
神主が原作についてこれだけの量を語っているのは
今では大変貴重な気がします。昔の掲示板があった時代ならともかく。



 
続きを読む >>
| kirby | 同人ゲーム | 23:54 | comments(14) | - |
【PSP版俺屍】○○家百代記 その2
 

このゲームほどプレー日記を書くに適しているゲームって
実はそうそうないと思ったりしています。
というわけで、あんまり進んでいませんが2回目。


<このプレーにおける方向性の概略>

・特に縛りプレーはしない
・難易度はあっさりとどっぷりを一番自分に都合のいいタイミングで使い分ける
・安易なリセットおよび攻略のたぐいはなるべくしない&見ない
・初代当主に本名入れてるので、当主の姓名は「○○ ××」で表記
・他の一族は全て名前委任
・PS版の範囲は基本的に全部ネタバレ
・失笑モノの内容はスルーすべし。まッ、所詮個人の日記サ



○1018年6月

初代当主、2度目の交神の巻。
このリメイク版でおそらく重要になる新要素「交神した神様の成長」について
ここから検証をはじめることにします。
最初の相手はくらげ女神の「水母ノくらら」で。
体の水が最重要なのは前に述べましたが、体の火もそれなりになければいけません。
その点でこのかたは(母方遺伝子のみですが)体の数値が軒並みバランスが取れているので
奉納点から考えても2度目に最適であると思われます。
というか、やっぱり何度プレーしても2回目はこのくらげ様になる。

んで、2ヶ月後に子供が家に来てから神様の成長と奉納点UPの件がイツ花より報告されます。
その結果はこちら。

奉納点 327→1222

うわやばい意外とぐぐっと伸びる。
ゲームバランス的には2度と同じランクに見ることはできないくらい増えました。
うーむ、本当に常に前進していかないと神様がネタギレになりそう。


○1018年7月〜8月

7月は特に何もなし。白骨城に行ったけどさしたる収穫はなく。
ここで余談ですが、各ダンジョンには序盤のうちに取得しておけば
大変便利な物品がいくつかあります。

・鳥居千万宮…なし
・相翼院…槍の指南、陽炎、お雫
・九重楼…くらら、お地母
・白骨城…早瀬

というわけで7月も早瀬を取りたかったのですが
これらの品々を序盤に手に入れようと欲するなら熱狂の赤い火に頼るしかないので
出たらラッキー程度に留めておかないと歯噛みしまくるハメになります。
7月は出ませんでしたのでやむなし。

8月はくらら様と初代当主との娘が到着します。綾乃と命名、当然弓使いに。
おそらく何かしら弱体化的なアレが奥義中心になされてると思いますが
使いやすさには大きな変化はない、と思う。
そして同月、九重楼に行き七天斉八起を撃破。2人しかいないのに選考試合出てもしゃーなし。
言うまでもなくこれはゲーム中最弱のボスです。あっさりなのでさらに楽勝。


○1018年9月〜10月

9月はどっかに行って何かしました。もう覚えてません。
一族史の項目もこのへんもう少し詳しく記載するようにして欲しかったかもしれない。
10月は初代当主の長女の交神。ちなみに長女の名前は莉女です。我ながらなんて読むんだこれ。
初代当主の最初の交神相手が魂寄せお蛍だったがゆえ彼女はどうしても攻撃力が足りません。
薙刀士だから余計に。というか、こんなに攻撃力低かったっけ…?
なので体の火に優れる愛染院明丸にしようと思いましたが
やっぱりステータスのバランスと奉納点の件で再考した結果
相手は十六夜伏丸(狼男)に決定。
相変わらず男神勢に色物が多いこのゲームですが、十六夜氏はその中でもイケメンなほうだと思います。

奉納点 778→3156

うわぁもう全然別人じゃないですかこれ。
「血がたぎりそうだ…」とか言ってたら少々たぎりすぎたでござるの巻。

そしてこの時の子供も娘っこでした。
1回交神した神がここまでランクアップすると
こっちの性別が偏ったら今後さらに相手に困るような気がしてきます。


○1018年11月

相翼院に行ったら4番目に赤い火が!!うををををををおおおおおどけどけどけぇぇぇぇぇ
と口に出してしまうほどに速くなる御守も使い全力で奥に突き進んだ結果
見事槍の指南と陽炎の術を入手しました!!!
やったッ!俺屍第3部完ッ!
…と言っても何割かは過言ではなかったくらいPS版で猛威を振るった陽炎ですが
今回間違いなく修正が入ってるはずなので、そこも研究対象です。
今後必須と言える槍使いも入手。12月到着の娘までに間に合いました。

あ、ついでに河童神を開放。朱ノ首輪を売って商業レベルを3に。
飛躍の月でした。


○1018年12月

十六夜伏丸と莉女の娘が到着。伊織という桂正和臭がする名前に決定、槍使いに。
他は特に何もありません。大江山への出陣もなし。
このへんから弓使いである当主の次女綾乃が伸び始めます。弓使いは本当便利。
ただ今回なぜか初代当主の剣士が妙に強いので(この時点で攻撃力300以上あったはず)
お株を奪うまでには至りませんでしたが。まあ、当主は3月には死ぬけど。
その点で薙刀士の長女莉女が攻撃力170しかない有様で
紅こべ大将が相手だと10前後しかダメージが通りません。
おかしいなぁ、いくら母が水神とはいえこんなに弱かったっけかな?
商業レベル3なのに店にもいい武器出ないし…


○1019年1月

初代の健康度が88に低下したものの、意に介さず出撃、鳥居千万宮の千くらいで経験値を稼ぎます。
2番目に赤い火が出ましたが、さしたる収穫はなし。もったいない。
復活したはずの七天斉八起は槍使い伊織の初陣のために取っときます。


○1019年2月

来月、初代当主が死にます。
前述したとおり残された一族は娘ばっかりで男神の需要が今後高まるはずなので
適当な奉納点の相手がいない!という状況を避けるため今際の際にもう一度初代当主に交神をさせます。
この時点で奉納点は2500ほどありますが、上昇値がいかほどか探るために
もう一度水母ノくらら様に相手をお願いすることにしました。

…って、また娘かよ!!(;´Д`)
なんという女系家族。

ちなみに2回目の交神の際はセリフが変わるようです。
1回目は
「はい、承りました」
だったのが
「名前で お呼びくださいませ」
に変更。ボイスも新録されてます。
なんだこのギャルゲーは!くららー!俺だー!交神してくれー!!
というか人間同士の子作りの生々しさを消すための交神システムなのに
このような一部紳士の血圧を上げるセリフとかいいんですか本当に。
だが私は一向にかまわんッッ

まあ、桝田さんのゲームに今更何をといえばそれまでですが。1回目でもアレなセリフ多いし。
そして奉納点。

奉納点 1222→3506

順調に神様ランクの出世街道を登るくらら(呼び捨て)。
もしかしてこのまま倍々に上がっていくんでしょうかね?
好きな神様を強くするのは意外と手間がかからなさそうな反面
本格的に同レベルの神様の不足が今後懸念されます。
翌々月以降○○家は娘4人体制になるというのに…
あっさりだったらそう心配することもないかもしれませんが。


○1019年3月

そして初代当主の永眠。
初代なのに攻撃力300越えとか結構なアタッカーだったと思います。
その反面体力は200ちょいまでしか行かなかったけど。

初代当主 信条:報本反始
(意味:天地や祖先などの恩に報いること。人が天地や祖先など、
 存在の根本に感謝し報い、発生のはじめに思いを致すこと)
1年6ヶ月で永眠。

「俺の死を 悲しむ暇があるなら、
 一歩でも 前へ行け
 決して 振り向くな
 子供たちよ…
 俺の屍を 越えてゆけッ」

何度聞いてもこのセリフはかっこいいですね。
この当主と同姓同名の俺など何百年生きてもこんなん言えません。
信条も素敵だったし。え?俺の信条?「八方美人」ですが何か?

というわけで初代当主の長女莉女が初代の芳名××を受け継ぎ、
今月は初陣の槍使い・伊織と3人で九重楼へ。七天斉という名の奉納点自動回収装置を叩き壊し
内部でちまちま戦って帰還。やっぱ九重楼内部の曲は何度聴いても良い。
初代当主の攻撃力を軽く上回りそうな成長を遂げる伊織に今後の期待が大いにかかります。
これがこのゲームの醍醐味…!


今回はここで終わりです。
3月が明けて4月に4人目の娘が来たけどそこからは次回に。
あー久々にゲーム目的で仕事休みてぇ。


<1019年3月現在の○○家>

(当主)莉女 女 薙刀士 1歳3ヶ月 好物:きくらげ
    綾乃 女 弓使い 0歳7ヶ月 前世:芸人
    伊織 女 槍使い 0歳3ヶ月 悩み:影が薄い
| kirby | 一般ゲーム | 01:16 | comments(0) | - |
【PSP版俺屍】○○家百代記 その1
 

PSP版俺の屍を越えてゆけを
RPGできない病との板挟みに悩みながらも結局買いました。
まだ2ヶ月しかプレーしていないですが、とりあえず
ここまでで気がついた変更点などを忘れないうちに記述しようと思います。
あとはプレー日記的な感じで徒然と。


※特に縛りプレーなどはしません。だって久々なんだもん
※でもせめての矜持として攻略の類はあんまり見ないようにしようかなと
※PS版にあった内容は基本的に総ネタバレです
※このゲームは普通に何回かクリアしただけの自分よりやりこんでいる人が山ほどいるので
 そういうかたから見たら失笑モノの内容が散見されるかもしれませんが
 笑って流してください


主人公(初代当主)の名前は自分の本名で。
以下「○○」は苗字、「××」は名前だと思ってください。
誕生日も自分と同じものを入力します。
説明書見ると不特定多数の人とやりとりする場合は偽名にしたほうが…
みたいなことを書いてましたが、ぼっちに定評のある俺は大丈夫です。
入力の際のインターフェースも今風(PS3風)になって格段に使いやすくなりました。
他に違ったのはセーブデータのサブタイトルで、PS版では
「異聞 ○○家年代記」
みたいな超絶かっこいいやつだったのですが
(と言いながらうろ覚えなので後半部分は間違ってるかも)
このPSP版では記事名通りの「○○家百代記」となりました。
確かPS版では初代当主の名前が同じなら必ず毎回同じサブタイになるはずですが
今回それがランダムになったのか、それとも法則が変わったのかは不明です。

以下子供の名前は全て委任でいきます。
なお、難易度は初心者から上級者まで幅広く愛用されている
「普段はあっさりだけど熱狂の赤い火の時だけどっぷり」
でお送りします。え?軟弱者?なんとでもおっしゃい。


まず最初に、前情報+説明書の時点でわかってることから。
術併せの強化・奥義の併せ追加・陽炎や結界印に代表されるゲームバランスを崩すほど強い要素の弱体化
…といったバランス調整が明言されているのがまずひとつ。
このへんはプレーを進めないとなんとも言えませんが、嬉しい傾向ではあります。
次に説明書ラストにも掲載された裏世界の追加。
ようやっと諸悪の根源たるあの女をブチのめせるんだね!一族郎党感激だよ!
という期待を是が非でもしてしまいますが、まあ、確定するまで保留しておきます。
そして「特注の刀」の存在。キャラクター同様に何かしらの証が刻まれていき
オリジナル武器として成長を遂げていくモノのようです。
これはもちろん剣士しか装備できないので、はっきり言ってPS版では
中盤以降(というか槍の指南入手後)全く無用の長物だった
剣士の存在価値を大幅に引き上げるであろう意味でも期待すべき要素です。
弓使いの完全下位互換という不名誉なアレだった剣士についに陽の目が…?


というわけでプレー開始。最初の交神は魂寄せお蛍です。
最初期はHPに直結する体の水が最優先なのでこの選択が良いと思う…のですが
子供は体の水の次に重要な体の火(攻撃力に直結)がさっぱり伸びないので
次回からはそこらへんも重視して相手を選ばなければなりません。

また、ここで更に新要素ですが、今回は神様の遺伝子的なアレが
交神するたびに上がっていく代わりに奉納点が増えていくというシステムがあります。
例として最初に交神したお蛍は奉納点が10→163になってました。
ついに俺の真名姫ちゃんを昼子を越える最強の女神に育てることができるようになったわけか!胸が熱くなるな!
…と、このように当システムは好きな神様を強くできるというメリットもありますが
逆に言えば同じくらいの奉納点で交神できる神様の数がどんどん減っていくゆえ
プレーが停滞するとどんどん交神できる相手が減っていく悪循環になるおそれがある気もしています。
俺が毎回最低10回は交神する苗場ノ白雪姫が能力のバランス良くてお買い得な神様じゃなくなってしまうのか…
と考えると痛し痒しなような気も。まだ1回更新してどれくらいUPするのか詳細は不明ですけどね。
まあ、これを機に色々な神様と交神してみるのも一興かもですが。いってみよう!ボヨヨーン!

まず最初に、PS版で明確な欠点のひとつだった
ダンジョン内マップ移動のやりにくさが解消されてます。
アナログパッドにより快適な操作性がついに実現。
そしてもう一つ特筆すべきなのは、とにかく
戦闘開始時の読み込み時間が短い
ことにつきます。データインストールの仕様がないのに早い早い。
京と各ダンジョンとを移動する際や、ダンジョンでのフロア移動時など
他の読み込みはPS版と変わらない感じですが
戦闘開始時が大幅に短くなっただけでもものすごくテンポが良くなります。
あっさりだと本当に一ヶ月があっという間に終わるという。

しかしそんな中で、超絶細かい点ですが気になる仕様変更がひとつ。
「健康度注意」のアラートが出ている間はダッシュできなくなったことがそうです。
確かにまあ、注意が出たら即体力回復するからいいっちゃあいいんですけど
なぜだろうこのものすごく微妙に、しかし確実に感じるコレジャナイ感。

とはいえ見た目の変化も含めて全体的にすごく良い感じに
リファインされているのは間違い有りません。

そんなわけで2ヶ月が経過しましたが
何事もなかった4月の鳥居千万宮に対し、5月の九重楼でふたつの印象深い出来事が起こりました。
これらの仕様がPS版にあったかどうか記憶があいまいなので
おそるおそる書き留めることにします。たぶんPS版ではなかった…と…思うんだけど…(弱気)

ひとつは熱狂の赤い火が一度に2つ出現したこと。しまったスクショ取っとけばよかった。
もしかしたら超絶幸運だったのかもしれませんが、それならここで2つ出るよりは
1つでいいから鳥居千万宮に分けて欲しかったという贅沢すぎる要望が。
もうひとつは雨だかなんだかと表示されてマップの視界が極度に悪くなったこと。
こういうランダムな天候の変化的なものも前回はなかったように思います。…たぶん。
正直言ってかなり面倒くさかったので、何かしらプラスの効果の天候もあると信じてます。


というわけで、もう少し頑張って進めてみましょう。
今回はひとまずこのへんで。
| kirby | 一般ゲーム | 23:46 | comments(2) | - |
神無月の停滞と霜月の憂鬱
いかん、昨今は10月から11月になると更新が止まる傾向があるッッ
ネタがないけど無理矢理にでも記事を作るんだ…!

という雑多なアレです。
10月中頃から今日までまた色々あって時間取れてませんでしたが
落ち着きそうなのでここから何かしらの巻き返しを図ります。
まあ、仕事しだいではまた右側の「ARCHIVES」のところが
November 2011 (1)
とかになってしまうかもしれませんが。
…いやいや、今週は俺屍のリメイク版と初音ミクのアレが出るじゃないか!
超仕事したくないのはわかるけど、しっかり人生へのモチベーションを高めていかないと…!



・FF名曲ランキング


VIPPERな俺:【動画】『FF名曲ランキング』 主題歌では「素敵だね(X)」、BGMでは「ザナルカンドにて(X)」が1位獲得


(リンク先>>1の記事よりコピペ)

>◎ファイナルファンタジー名曲ランキング
>
>主題歌編
>1位:RIKKI『素敵だね』
>2位:倖田來未『1000の言葉』
>3位:フェイ・ウォン『Eyes On Me』
>BGM編
>1位:植松伸夫『ザナルカンドにて』
>2位:植松伸夫『片翼の天使』
>3位:植松伸夫『ビッグブリッヂの死闘』


最近はこういうランキングをニワカだと言う人こそ実はニワカなような気がしてきてます。
まあ、もっと言えばゲームの知識でニワカだのなんだのと議論すること自体無意味の極致であって…
人気があるモノにはそれなりに理由がちゃんとあるんですよ。気持ちはわかるけど。

…と、ちょっと歳食って落ち着いてきたフリをしてみても
心の中では片翼の天使とビッグブリッヂは過大評価されすぎてる!とか
主題歌ってそんなに選択肢ないけど、Eyes On Meの一強でしょどう考えても!とか
ニワカなことを思ってしまう自分なのでした。いい加減大人になれ。
あ、ザナルカンドにては1位というのはとにかく、高評価には納得してます。
FFに限らずシリーズものの後半ナンバーを叩けば通ぶれるという風潮も自分はどうかと思う。


ちなみに自分のFFBGM歴代脳内1位は学生時代から不動です。
FF5より「はるかなる故郷」。





この曲を作ったという功績だけでも植松さんは歴史に名を残す権利があると思う。それくらい好きです。
まあ、TVゲームの歴史にはすでに名を刻んでおられると思いますが。
DQのBGM歴代脳内1位であり加えて自分のゲーム音楽全体ひっくるめて今なお永遠のベスト1である
「勇者の故郷」(DQ4より)
とペアにしてゲーム業界2大故郷と名づけようではないか!
読み方は違うけどね。(DQ側は「ゆうしゃのふるさと」)
あとゲーム中で聴ける機会が特定の時期に限定されてるのも
個人的には更なる高評価につながったと思います。

最近、好きな曲に3拍子が多いことに気がついたのですが
そういえば(今頃気が付きましたが)この曲も3拍子なんですね…
3拍子には自分のツボを突く何かしらの要素が共通して内包されているのでしょうか。



・iPhone4歴1年4ヶ月目

ジョブズ氏が亡くなってそろそろ1ヶ月くらいでしょうか。
叔父が昔から熱心な林檎好きで、自分もMacintosh Performaの6xxx台(正確な番号失念)を
昔はいじくりまわしてた時代がありました。
Word?Excel?フッ、通は黙ってクラリスワークスだぜ(キリッ
お絵かきソフト?Macなら標準搭載だぜ?見せてやろう、キッドピクスだ(ドヤッ
いじくりまわしてたと言ってもシムシティ2000とかに大ハマりしてただけだけどね!
この頃はもうAppleが潰れるのも時間の問題だろうなと思ってましたが
そこから今の隆盛を築き上げたジョブズ氏の手腕には今更ながら驚くべきものがあります。
それからは大学でiMacを使ってたり、第2世代からiPodも手に入れてたりと
少しずつAppleとの付き合いがありましたが、氏がいなくなったことで
これからどういうことになるのか少なからず注目しています。
というか今更Mac Book Airが欲しくなってきたよ!
こんなことならWin7の新しいノーパソをサブ機とかほざいて買うんじゃなかったよ!
悪いのはボーナスなんや…ひとえに金の魔力が悪いんや…

そんなわけで結構前から自分の携帯もiPhone4に変えていますが
凄い素晴らしいツールである反面、自分はそのポテンシャルを
ほぼゼロと言っていいくらいのレベルで引き出してないんだろうなと思います。
だって電話とMMS以外ではBB2CとウェザーニュースタッチとSafariしか使わないんだもん割とガチで。
ああそうだ、無料の懐中電灯アプリは地味に便利なので結構使ってたり。
しょっちゅうEvernoteとかGoodReaderあたりは必須!と目にはしますが
どうやって使うのかさっっっっっっっぱりわからんという昨今のオヤジ化っぷりがですね。
iPhone向けのゲームには食指が動かないし、他のアプリも本格的なモノにはやはり敵わないようで。
あ、でもタイトーから出てる「Infinity Gene」という現代版インベーダー的なゲームは面白いです。

3まではアホみたくプレーしてたダンスダンスレボリューションのiPhone版には
ちょっと興味を惹かれたのですが(傾きセンサーを使って踊ることも可能)
やっぱり案の定というかなんというか、版権の関係だと思いますが
好きな曲に限って入手出来ないという展開になったのが無念でして。
2ndの「If you were here」と3rdの「DAM DARIRAM」がないのは自分には痛すぎる。
まあ、曲データだけ別途購入方式なので、ハマらないほうが散財しなくて良かったかもですが。
というかPS版のソフトどこに行ったんだろう。なぜゲームが山積みなのに
たまにやりたくなるソフトに限って紛失するのか…!



・これは停滞なのか、それとも伝統なのか

私の従兄が眼前でプレーしてくれた初めてのファミコンソフト。
それは「スーパーマリオブラザーズ」で、私は確か小学生でした。
その凄さは甘くてクリーミーで、こんなに素晴らしいゲームをプレーさせてもらえる私は
きっと特別な存在なのだと感じました。
今では私は叔父さん。
甥にあげるのはもちろん「スーパーマリオブラザーズ」。
なぜなら、彼もまた、特別な存在だからです。

最近はじめてヴェルタースオリジナルを食べたのですが
クソ甘いだけだろと思ってたら意外とイケる味でした。
マジでCM通り甘くてクリーミーでした。

それはそれとして。
妹の出産のため我が家で3日ほど甥っ子(5)を預かってたのですが
たくさんの任天堂系中心のゲームコンテンツを揃えたにもかかわらず
一番興味を示したのはファミコンミニの元祖スーパーマリオブラザーズだったのです。
そこでわしが昔取った杵柄と言わんばかりに3−1で無限1UPしたりしながら
8−4までクリアして見せるともう目が輝く輝く。そしてぶつけられる飾りのない羨望の言葉。
あらやだわたし人生でこんなに他人から尊敬されたの初めてですわ!(←情けない)
名作は年月が過ぎても決して色褪せないんだなとちょっと嬉しかったその反面
あの時とは格段に進化しているように見える現状はもしかしたらユーザー側にとっては
大した前進にはなってないんじゃないか、という危惧を抱いてしまったりしました。
今ますます寒風が吹きつけているゲーム業界の今後を祈らずにはいられません。

あと、自分が小さい頃も「かーめーはーめーはーーーー!!!」とか
あのポーズ付きでよくやってたんですが、今5歳の甥っ子も自分と全く同じように
かーめーはーめーはーーーー!!! とやってくるのにはちょっと驚きました。
どんだけ世代を超えて愛されてるんだドラゴンボール。
それくらい化け物級のコンテンツだったってことですかね。
いずれにせよ、子供目線で語れる共通の作品があるのはありがたいことです。
ちょっと前まではファイナルなんとかライドウと言われながら蹴られるもんだから
何がなんだかわからんかったからなぁ。おじちゃんライドウ言われても葛葉しか出ないよ!


・美少女化の極致

そんなほのぼの系(一般人系とも言う)話題から一転して社会のボトムズまっしぐらな話ですが
最近増えた色々なモノを美少女化する萌えマーケットの流れ。
その決定版とも言うべきテーマの、それもエロゲーが開発中であることを知ってしまいました。

元サイトは当然18禁なので紹介しているアフィブログでご勘弁を。
むしろこっちのほうが見やすかったかもしれない。

歴史上の英雄を美少女化した世界大戦エロゲが凄すぎるwwwww : 【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)

まあ、三国志の人物を美少女化したエロゲー(恋姫無双)はだいぶ前に出てましたし
日本の歴史上の人物を以下同文した作品も自分が知らないだけで調べればきっとあると思います。
一般ゲー+イケメン化もOKなら本家無双とかBASARAとかもありますし。
こういうテーマの極致であるこのゲームがリリースされるのは
もはや時間の問題だったのかもしれません。

キャラの人選とか問題にならないんだろうか、と思うのがちらほらいますが
最近はブッダとイエスが立川市でルームシェアしてバカンスする漫画なんてのが
普通に大好評連載中だったりしますし、いくら18禁と一般漫画では雲泥の差があるといえど
これくらいなら大丈夫なんでしょう。たぶん。きっと。
ただベートーヴェンと伊能忠敬だけはちょっと抵抗があるのはなぜだろう。
当然エロゲだからこれらのキャラも作中で性的にアレコレされるわけですので
なんというか、うん。こういう時どんな顔をすればいいかわからないの。

でもこれ本当に、18禁じゃないほうが良かった気がする。
絵やキャラ設定はこういう方向性で、ゲーム的に真剣に煮詰めていきながら
元ネタの人物に詳しかったらわかる小ネタを多数混ぜるなどすれば
自分みたいな萌え豚兼ゲーマーが喜んで食いつきそうなのですが
メーカーがエロゲ専門なら仕方のないところなんでしょうかね。
エロゲになるとどうしてもゲーム性はあってないようなものになりそうですし。いや偏見かもですが。
だったらこのエロゲ版が大人気ならコンシューマ移植されるかも!PSVITA版待ったなし!
…という期待をするのは非常に危険です。なぜなら世間には戦極姫という前例がですね…



というわけで、バラエティに富んだ?話題4つでした。
| kirby | 雑記 | 23:58 | comments(16) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2011 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE