じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
シアトリズムFF
 

<1月のあらすじ>

初音ミクの音ゲーやってました


中には高評価狙いで80回くらいはプレーしている曲もあって(現在進行中)
ふとした隙にその曲が勝手に脳内再生されることもあるわけですが
決して俺は中毒になってるわけじゃなくっちゃってー 横隔膜突っ張っちゃってー


というわけで、ここしばらくProject DIVA Extendを絶賛プレー中です。
ミクさんの声に賛否両論あるのはごもっともですが、打ち込み系音楽が好きな自分としては
まだ機械っぽさや不自然なところが残るところも逆に味があっていいなと思ったりします。
それでも凄いと思いますよ?テキストトゥスピーチとかおもちゃにしてた頃に比べると本当に。

そんな自分の現状に呼応するかのように、2月16日に3DSにおいて新たに音ゲーが発売されます。
それが「シアトリズム ファイナルファンタジー」。
そうです、昨今凋落の一途を辿っているとよく言われるスクエニが
音楽という財産に特化して蛸足食いをしている、と言われても過言ではないであろう作品です。
どこかで「スクエニがFFの二次創作ゲームを作ってるように見える」
という意見を目にしましたが、本当にそう見えるのが悲しい限り。

本来ならスルーするところですが、調べたところ収録曲はちゃんと
『原曲BGMを使用している』
ことがわかったのと、体験版をプレーした時点では悪い印象はなかったので
やってみようかなという結論に至りました。

体験版ではFF6のボス曲(決戦)のみしかプレーできませんが、おおよその操作感はつかめます。
難易度は3段階で、2番目までは曲を知ってたら簡単ですが
最高難易度(究極の譜面)はさすがに手こずりました。





この状態になるまで1時間弱はプレーしたような気がします。
評価Sなのに実はこれが初クリア。

GOODまでならコンボが繋がる上に、素人目にもわかるくらい判定が甘く
あきらかにズレたと思っても拾ってくれるので簡単なように思われますが
ライフ的なものが曲中で一切回復しない上に、コンボが切れると
割とごっそり削られますので譜面以上に難しく感じます。
この画面でもクリア時に体力は4割弱しか残ってなかった気がする。
3DSならではの下画面を特定方向にスライドさせる操作も必要になりますが
ここも慣れるまでは手こずるかもしれません。慣れれば割と爽快ですが。
ただ、スライド方向を示す矢印が微妙に見辛いのが難点かもしれない。まあ、これも慣れですが。

という感じで、音ゲー部分は思ったほど悪くはありませんでした。
他、公式サイトを見るとなぜかキャラ成長要素とかアイテムとか
音ゲーには似つかわしくない要素がずいぶん大々的に紹介されてますが
まあ、ないよりはあったほうがいいんでしょうし、これはこれで。
もうちょいデフォルメキャラは可愛らしく作って欲しかったですけどね。
FF5の二頭身キャラみたいなアレじゃダメなのかなぁ。


しかし発売まですでに3週間を切っているというのに、公式サイトで
肝心要の収録曲が載っていないというとこに強烈な不安感もあります。
というわけで調べてみたところ、ググればすぐに
非公式情報ですが収録曲を載せてるとこを発見できました。



…うーん…(;´Д`)


原曲をそのまま使っている+曲ごとに固有の映像を作ってるわけでもないにも関わらず
77曲って少ないんじゃないだろうか。おまけに4,800円とかならまだしも6,090円するゲームで…
いや、確かに他の音ゲーと比較すると77曲って(たぶん)多い方だと思うんですよ。
でもその、FFの曲って軽く4桁の曲数あるわけで、そこから77曲と考えると
思い入れがあればあるほど少ないと思ってしまうように感じます。
やっぱりキャラ成長など音ゲーに合わないように思う枝葉部分に力入れるなら
そのぶんもうちょっと収録曲を増やして欲しかったような…
あ、やっぱ有料DLCですかね。やっぱそうですよね昨今の風潮的に。ふーやれやれ。

さて収録曲ですが、こういうゲームでは基本的にできるだけ万人受けを目標としたチョイスになるはずなので
自分のような年季と気合が無駄に腐敗しきった奴からすればどうしても愚痴が出てきてしまいます。
まず最初に、FF10でミヘン街道は正直疑問符しか残りません。
いつか終わる夢は素敵だねとかぶるからまだしも、ここでなぜ萌動をチョイスしない…!
あとディシディアの時も言った気がしますが、ゴルベーザ四天王とのバトルって言うほど名曲ですかね?
FF4はバトル1・2の出来がシリーズ髄一なだけに、余計にこの曲だけがプッシュされるのには異議があります。

あとあれです、FF11から3曲も入れる必要あるんですか。
ネトゲでそんな気合入った曲なんて流れるわけがないんだから
そのぶん枠を他の作品に回すべきではないかと…




  たたかう
  G.F.
rァ ググる
  アイテム

rァ Ronfaure







やばいやばいこういう曲超大好き。
ごめんなさい、さっきの3行は全面的に撤回します。Ronfaure収録待ったなし!!
やっぱ植松さんは哀愁と郷愁感漂う民族音楽的な曲を作らせると右に出る人はいないです。割と真剣に。
こういう曲が似合うゲームがもっとたくさん開発されていれば…!

とまあ、文句言ってみたりもしましたが
まだ上記のサイトでも77曲のうち50数曲しか判明してないわけですし
残りの枠に一抹の期待を寄せておくことにします。
……6の仲間を求めてと9の独りじゃないは…あるだろうか…(;´Д`)
それにゲーム史に残る名曲「はるかなる故郷」をチョイスしてくれたおかげで
なんだかんだ言っても今のところ大筋では許せます。


というわけで、シアトリズムの話でした。



ところで、このゲームにおいて使用されている「財産」の大部分を作った植松伸夫さんですが
最近は何しているんだろうと思った矢先にこんなモノが。


高知県が恋愛ゲーム開発 女性が“小悪魔体験”


………。

いや、植松さんはあくまで「同じ県出身者のよしみ」で呼ばれただけなんだ…
ダメダメなのはあくまで自治体がソーシャルゲームを開発する、という世も末極まりないアレであって
決して身をやつしたとかそういう方向性のアレをアレするのは…ごにょごにょ

確かにここ最近、あまり活躍したという話を聞かないですが
さっきのRonfaureを聴く限りまだまだイケるというのは間違いないと思うのです。
(この曲も10年近く前の曲なのは間違い無いですが)
すぎやまこういちさんがドラクエ1の曲を作られたのは54歳の時なのですから
年齢が大きな足かせになるとは一概には言い切れないとおいら信じてる。
| kirby | 一般ゲーム | 00:28 | comments(10) | - |
さよなら ハドソン
 

さよなら「ハドソン」、3月1日付けで解散 コナミへ吸収合併


ああ、ついにこの日が…
上記ブログ内にある
>通ってた田舎の学校が消滅した気分だ・・・
って書き込みが一番しっくりきます。
高橋名人が去ってからなんとなく、近い将来こうなる予感はしてましたが…
自分にとっては昭和を象徴する会社のひとつであり
また幼い頃にたくさんの思い出をともに作ってくれたメーカーでもあります。

自分が生まれて始めて手に入れたゲームソフトは他ならぬスーパーマリオブラザーズなのですが
2番目に手に入れたのがハドソンの忍者ハットリくんでした。
(ちなみに3番目が今回ハドソンを吸収するコナミのグーニーズ)
マリオに比べると明らかに操作性の面で劣っており難易度も高かったものの
当時はそりゃあ何度もプレーしたものです。
そこからロードランナーやスターソルジャーや迷宮組曲や冒険島やボンバーマンや
スターフォースやミッキーマウスの横スクアクション(白いカートリッジ)や
ドラえもんの開拓編・魔境編・海底編のアクション(これも白いカートリッジ)や
自分で所持していなかったゲームでもチャレンジャー・サラダの国のトマト姫・天外魔境2・
バンゲリングベイ・ナッツアンドミルク・バイナリィランドといった作品が顔を出し
そしてとどめに今なお自分の中では歴代RPG10傑のひとつに入る新桃太郎伝説、と
思い出のラインナップとしてはまったくもって隙のないメンツが揃います。
大貝獣物語も好きだったけどRPGとしての出来は新桃には及ばないですね。

ハドソンといえばPCエンジンの印象が強い人が多いと思いますが
PCエンジン本体を持ってなかった自分ですらこれほどの作品名を列挙できるわけですから
いかにゲーム業界黎明期に活躍していたかがわかるというものです。
ちゃんと調べたら上記のラインナップ以外にもまだ忘れているものがたくさん出てくる気がする。

ただ確かに、SFC末期以降は次第に影をひそめてくるのは事実です。
桃鉄ひとつで食いつなぐ傾向のきっかけもこのあたりの時期だったような。
あれはSFCの5作目(HAPPYあたり?)が完成形で、以降はマイナーチェンジや
地域特化などに終始せざるをえなかったからなぁ、と。
そんな緩やかな下り坂の行く末がこの結末だったのかもしれません。

コナミって一時期は相当印象悪かったですし、現状で改善している感じもないですが
それでも昨今は合併経験のある大手会社の中では一番マシに思えるから困る。
(その他の例:スクエニ・バンナム・コーエーテクモ)
少なくとも、どこぞの馬の骨のような会社の傘下になったアトラスよりは…
かつては同じフィールドでしのぎを削りあった間柄。
なんとかうまく遺産を活かしてあげてくれたら嬉しいんですけどね。
新桃太郎伝説のテンポだけ大幅改善したベタ移植とか出ないかなー(コナミチラッ

という今回の惜別記事でした。
昔高橋名人が全盛期なアレだったころに、ご本人がOPEDともに主題歌を歌っていた
Bugってハニーのアニメがあったりもしたものですが
今ハドソンへの「鎮魂歌」として、また幼き日を最も明確に想起させてくれる曲として
頭の中で優しくも力強かったこのOP歌がリフレインしております。
…どうか安らかに。願わくばまたもう一度、わくわくランドで冒険開花する日が訪れんことを。
スリートゥーワンゼロ♪ スリートゥーワンゼロ♪ バグってハニー♪ バグってハニー♪


ところで、最後に。
ニュースにこそならないものの間違いなく本気でヤバいことに
気がついている人も多いであろう会社がもう一つあります。

そう、エイプリルフールネタでおなじみ僕らのアイレム。

アイレム横丁の消滅、サイトの簡略縮小化、
そしてコンシューマから撤退するかのような動き。
もう死兆星がはっきり見えるレベルになっていると言っても過言では…

本当に3年後のゲーム業界はどうなっているのだろうか。
| kirby | 一般ゲーム | 23:24 | comments(6) | - |
ああ、元旦が終わってしまう ver,'12
 
ゆめゆめ★ナイトフィーバー♪
現実はここにあるから♪
少しでも視線を そ・ら・し・ちゃ ダメダメよ☆

ふぅー('A`)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
せっかくの正月休みなのに初夢の中でさえ普通に仕事行ってて
おまけに携帯アラームでいつもの出社時間に起こされて死にたくなりました。

とまあ、新年のしょっぱなからひどい出だしですみません。
そして以下今年の抱負とか語らないといけないはずなのですが
毎年同じような事言ってる気がする(つまり全然進歩してない)ので
今年は省略ということで。
…でもやっぱり、「とにかく行動しろ」くらいはスローガンとして掲げてたほうがいいかもしれない。
例えそれが趣味とか単なる時間つぶしであろうと。
ポカンと口開けたまま、眠ったような意識で鬱々と何かを待つ…ってことだけはないようにしたい。

というわけで、今年はいい年になることを切に願います。
どうせ世界が滅亡なんてするわけないんですし
自暴自棄になることのないようにしなければ。
| kirby | 自分 | 12:18 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2012 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE