じおらいとともに

ゲームや同人STG絡みの激しく偏った感想を極薄長文で産み落とすのがメインのブログ
最近のゲームいろいろ
 
こういう複数のゲームについての記事において
題名をどうするかってのは昔から悩みどころです。
今回は「ジョジョASB」「新世界樹の迷宮」「ワイルドアームズの音楽担当の方」
の3本でお送りいたします。



・ジョジョの奇妙な冒険 ASB 新PV公開






現在参戦確定しているキャラは29人(ドッピオ除く)です。

<第一部>
ジョナサン・ジョースター ウィル・A・ツェペリ
<第二部>
ジョセフ・ジョースター カーズ シーザー・A・ツェペリ ワムウ エシディシ
<第三部>
空条承太郎 DIO 花京院典明 J・P・ポルナレフ モハメド・アヴドゥル ホル・ホース
<第四部>
東方仗助 吉良吉影 虹村億泰 広瀬康一 岸辺露伴 音石明
<第五部>
ジョルノ・ジョバァーナ ディアボロ ブローノ・ブチャラティ グイード・ミスタ ナランチャ・ギルガ
<第六部>
空条徐倫 エルメェス・コステロ 
<第七部>
ジョニィ・ジョースター ジャイロ・ツェペリ
<第八部>
東方定助


29人。
シリーズものでない初リリースのゲームでこの人数は相当なものだと思います。
これだけでも十分にスタッフの皆様の気概を言葉ではなく心で理解出来ましたが
それでもなお更なる黄金の精神に満ち溢れた戦士達の参戦を心待ちにしてしまうのは
この作品が持つ魅力ゆえではないかと思います。
以下、他所様に投書した内容のコピペ+ちょっと変更&追加で申し訳ないですが
さらなる参戦希望キャラを勝手に羅列してみます。
(※まだ7部と8部は読んでないので、リストは6部までのキャラのみです)


<こいつらが参戦しない?ウソだろ承太郎!>
1部ディオ 3部ジョセフ プッチ
<オールスターって言ってながらなんで出ないんだ、このド低脳がァーーッ!>
リサリサ イギー 川尻浩作 トリッシュ アナスイ F・F ウェザー
<もし出たら最高にハイってやつだァァァーー!!>
シュトロハイム トニオ 虹村形兆 噴上裕也 アバッキオ フーゴ リゾット プロシュート ギアッチョ


まあ、自分はちょっと前から「ブチャラティと広瀬康一は絶対出してくれ」と言い続けてまして
今回晴れて念願が叶ったので何が何でも買う予定ですが
それでもまだこんなに希望キャラがいる始末です。嗚呼ユーザーとはかくも贅沢なものか。
最高にハイ枠のキャラは一人でも出たら「“運命”に勝った!」と早人ばりに叫ぶレベルで
ド低脳枠は何人か参戦したらサイバーコネクトツーにディ・モールト・ベネという感じです。
実際にはここから7部のボスや他の主要キャラも数名は出ると思いますし
そろそろ現実的に枠も厳しくなってきてると思いますが、それでもなんとか
ウソだろ承太郎枠は出て欲しいものです。
プッチは出ると思いますが、他の2キャラは既存のDIO・ジョセフのコスチューム違いとかになりそうで怖い。

あと気がついたのですが、このゲームには「女性キャラ」が不足していると思う。
29人中女性キャラが徐倫だけという極端な編成になっています。
…あれ?なんだこの唇マークのシールは?さっさと剥がさn(バチィィン
いくらジョジョに女っ気を求める者は少ないと言えど、バランスの問題もあるし
何より女ながらに男顔負けの美学を披露した戦士もジョジョ世界には存在するッ!
なのでド低脳枠の女性キャラ3人はなんとか出てほしいところではあります。

他、PV第5弾の感想を。とはいえイコールボイスの感想になってしまいますが。

何と言っても今回は、露伴の声がかなり物議を醸しているようです。
確かにこの声はあまりにスカッとサワヤカ過ぎて、露伴の性格の悪さが全然出てない気がします。
俺は好奇心のあまり蜘蛛を舐め回す露伴ちゃんにシンパシーを感じているのにッ!
このIKEMEN声からはそういった偏狭的なアレが微塵も感じられないじゃあないかッ!
良い感じに聴こえるボイスもあるので、演技指導次第ではできそうな気もするんですけどね。

他のキャラはどのキャラもおおむね良い感じじゃないでしょうか。
康一の声は自分の中ではこの人以上の適役が浮かびません。まあ、ちょっとドス効かせすぎな気もしますが。
吉良は前のPVでは微妙に聴こえましたが、今回はかっこよかったです。
ブチャラティの声はカプコンの5部ゲーがパーフェクトだったのでどうしても比較してしまいますが
それでも違和感を感じるほどではない良いチョイスだと思います。
でもその、「アリーヴェデルチ!」はこう、叫ぶのではなくてもっと冷静に言ってh(以下略)
ナランチャは5部ゲーとほぼ同じ声ですし、ディアボロはマフィアのボスっぽい風格があって
これも素晴らしいと思います。5部ゲーのちょっと小者っぽい声もあれはあれで好きでしたが。

最後に、このゲームに限ってはDLC大歓迎です。
おれは(貧乏人なりに)搾取されるぞ!ジョジョーーーーッ!
なにジョジョ?DLCに散財しても続編が出たりしたら無駄金だ?
ジョジョ、それは自分だけのお金と思うからだよ。
逆に考えるんだ、「俺も続編の開発資金を負担しているのさ」と考えるんだ。

そういえば、ジョジョとは関係ないですが
北斗の拳のラオウの声のかた(内海賢二さん)が最近亡くなられたようで。
またしても巨星が一つ落ちたという感じで、なんとも寂しいです。



・新世界樹の迷宮

いつの間にか体験版が出てたのでやってみましたが
ストーリーモードは話の上で新ダンジョンも追加されていまして
単なるテキストの追加のみではないことが明らかになりました。
あと、新ダンジョンでは戦闘曲も違っていましたので
他にも追加曲があるかもしれないと思うとちょっと期待せざるをえません。
せっかく体験版でストーリーを進めたことですし
やっぱり1回はストーリーモードのクリアを目指すべきかもですね。

気がつけば発売まで数日に迫ってしまってまして
今まで「3発売直前に2をクリアする」「4発売直前に(略
と繰り返すつもりだったダメサイクルが早くも終焉を迎えてしまうことになりそうです。
だがちょっと待って欲しい。今回発売されるのはあくまで1のリメイクなので
n作目発売直前にn-1作目をクリアするの法則には該当しないのではないでしょうか!
よし、5発売までの時間を考えるとまだまだ安心して4は積んでおけるな!(←駄目過ぎ)

でもまあ、5作目、無事に発売できるといいんですけどね…(遠い目)


・Feedback

ワイルドアームズシリーズの音楽を手がけた、なるけみちこさんが
少し前の同人音楽イベントで自主制作アルバムを頒布していたようです。
それがこのfeedback

1作目の頃からなるけさんの曲の超絶大ファンである自分はもちろん速攻で入手して聴きましたが
紛れもなくこれは「ワイルドアームズの新作の曲」だと思います。4曲目だけちょっと毛色が違いますが。
というか、こういう形で新曲が聴けたのはそりゃあ嬉しい限りではありますし
曲を聴くと些かも力量の衰えを感じさせないのは見事と言う他ないですが
だからこそやはりゲーム作曲家としてのなるけさんをもっと見たい気持ちがますます強くなりました。
才能は、しかるべき環境で存分にふるってこそその価値があります。それはぜったいに、ぜったいです。

もし色々難しいなら、いっそなるけさんが曲担当するゲームそのものも
自主制作的なアレで作るという方向性もアリなのではないでしょうか。
某STGの5作目を担当した作曲者さんが同人で「6作目のイメージアルバム」を出して
加えてその曲が同じく同人で“非公式の続編”が制作された際に使われたものの
肝心のゲーム部分の出来があまりに酷くて回収騒ぎ&速攻で黒歴史化したという
そんなファンの心をブロークンする痛ましい事件など一切ありませんでしたから大丈夫です。あと6作目も出てません。
…まあ、現実にはこの路線のほうが実現困難なんでしょうけどね。

ともあれ、夏には続編を頒布する予定のようなので今から期待しています。
耳を澄ませばまた、荒野と砂の匂いが曲に乗って…(口笛イン)


しかし、やっぱりこのご時世、「ゲーム音楽」というジャンルも
衰退していくか、もしくはジャンルでくくれない曖昧なモノになるか
どちらかの道をたどる運命なんでしょうかね…?
| kirby | 一般ゲーム | 23:29 | comments(8) | - |
パソコン買い換えました
 

 


「見ろ!わしのパソコン HD2T Corei5搭載!
 メモリー16Gのモンスターマシーンだ!
 ワゴンRに最新スーパーカーの8ロータリーエンジンを載せた感じだ!
 これなら動画サイトもサクサク見れるぞ!」
「3Dゲームも楽々出来ますよ」

元ネタは匿名掲示板で有名なこち亀のこのコマ。
この回をジャンプ誌上でリアルタイムに見たことがありますが
確かWin95世代の話だったはず。(1996〜1997年?)
何度見ても隔世の匂いがぷんぷんします。
わたくし95より前の時代を知らないニワカですが、それでもこんな時代があったんですよね…
しかし、今考えるとWin95の時代にメモリ512Mはこれこそ「モンスター」ですね。
今の基準で言うと128Gくらいに相当するのではないでしょうか。

というわけで、悩んだ末「ほとんどのパーツを買い換えなければならないなら
いっそケースやマザボから新しくしたほうがいいや」ということで決断しました。
5年前の買い換え時と同じく、組み上げはSycomさんにお願いしました。
今までありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。
ほかのパーツ状況はおおむねこんなもんです。

CPU:Intel Core i5-3570K [3.40GHz/4Core/HD4000/TDP77W] IvyBridge
メモリ:8GB*2
HDD:SSD120GB+HDD2TB
VGA:GeForce GTX660 (V-RAM2GB)

まあ、こんな前振りしててアレですが、このスペックでモンスターマシーンを名乗るのは
4年くらい遅いですけどね。もしかしたらもっと遅いかもしれない。
VGAもミドルクラスとハイクラスの中間くらいだし、CPUもi7じゃないですし
色々と微妙にケチっているのも事実ですので…反面メモリは無駄に積みまくりました。
つい最近新しいアーキテクチャのCPUが発売もされましたが(Haswellってやつ)
もちろん人柱になどなれる知識も環境も技術もないのでそっとスルーすることに。

実際問題、今自分の必要としているPCの性能と比較すると
洒落にならないくらいオーバースペックなのは間違いありません。
でも5年前も同じこと書いてて、結局スペック足らずで買い換えの原因の一つになったことを考えると
これくらいでも良かったのではないかと思っておくことにします。
とりあえずシムシティ5が最高品質でサクサクプレーできるギリギリのスペックらしいですので
機械があればそこらへんからチャレンジしてみたいです。

そしてもちろんOSもWin7(64bit)に変えたわけですが
慣れることができるか心配だったのは最初だけでした。
むしろなぜXPに留まってたのかバカバカしくなってくるレベルで使いやすいです。
戸惑ったのは「ライブラリ」の概念と、あととにかくフォントが汚かったこと。
ライブラリはすぐ理解できましたが、特にMSゴシックの汚さだけはもう…
最終的に慣れればよかろうなのだァァァァッ!!と思って辛抱しようとしましたが
当ブログのコメント書き込み欄のゴシックがあまりに崩れてて中文体に見えた瞬間
フォントのアンチエイリアスツール(Mactype)の利用を決意したのでした。
加えてありとあらゆるMSゴシックをメイリオの改造版に変えてようやく一息。
自分はMacとの付き合いは浅いですが、Windowsはいくらなんでも
フォントにこだわらなさすぎだと思います。ふぉんとにもう…(←ここ笑うところ)

というわけで、なんか久々に自分の日記を書いた気がします。
今回のPCとも長くお付き合いできますように。
| kirby | 自分 | 23:06 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2013 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE